徒然のんき このページをアンテナに追加 RSSフィード

::::::::::::::[since 2005.03.08]::::::::::::::
     
◇◇色々ひっくるめて雑感してます、宜しくですん。◇◇ 

("のんき"と言います、お見知りおきの程を)

2011-02-01

[][]コモドアーズ関連で。。 09:06 コモドアーズ関連で。。 - 徒然のんき を含むブックマーク

なんだっけ? あの人、・・・そうそう、ライオネル・リッチー

彼の在籍してたグループでしたな、コモドアーズ

当初、ドアーズのプチ版かと思ってたが、思いっきり違ってましたな。なんでそんな風に思ったんだろう?

名前から勝手先入観を走らせるというのは、私の悪い癖だ。「モー娘」関連の「プチモニ」「ミニモニ」と同じ風に、ドアーズとコモドアみたいに連想を働かせてしまったんだろうな〜、、いかんいかん。


さて、彼らコモドアのナンバーは、時にネイティブっぽくないと言われるほどに、黒っぽくないカラーを出している…何というか、妙に洒落てる部分があった。そういう側面があったです。特にバラードなどはさらさら〜っとしていた記憶がある。濃ゆくないのだ。


一方、ディスコサウンド全盛の頃には「バンプ」と言う曲が流行り、これまたこのネタがもとで「バンプ」というタイプのダンスまで流行らせてしまうほど、キャッチーで熱い曲を提供してたのも事実

「お尻合いになりたいのっ♪」みたいな踊りね。お尻とお尻をぶつけ合うの、軽くだよ、本気でやったら「ダンス」と言うよりも「競技」になってしまものね…(^^;

Commodores - The Bump


「ギョッギョッギョ〜♪」なキーボード音色って、どうしてもスティーヴィー・ワンダーの「迷信」を連想してしまうんだけれど、いやいや、バンプも、これはこれでヒットしたし。ってかこの曲の入ってたアルバムキーボード音色って、物凄くスティーヴィー意識してたような記憶ありだなー。


ともかくコモドアーズ、色んな事実がたくさんあるグループでした。曲を聴いたら、ドアーズとは全く異なるジャンルであることは一目瞭然なんですけどねー。


えっと・・・コモドアにはブラスは入ってなかったと思う。ただ、銀色系のキラキラした衣装をみんなが身につけていたと思う。ライブ映像ミラーボールの反射光がキラキラ衣装でまたぞろ反射して、まぶしいステージだったと記憶している。

これでブラスが入って、ライオネルさんがファルセットボイシング飛ばしていたら、初期のEW&Fと区別できなかったかもしれないな>我(^^;




そういや、話違うけど、最近ネットの「検索」って凄いね


打ち間違いをすると、「もしかして、『○○○』?」みたいなフォローがきます

しかも極太フォント赤字で。


今回、「コモドアーズ」を検索しようとして、

間違えて「コドモアーズ」と入力してしまい、


もしかして、コモドアーズ」と嫌疑をかけられた。




妙に恥ずかしかった。




ええ、ええ、そうですよ、私が打ち間違えたんですよっ!

揚げ足取りは嫌われるぞ、グルグル君。

2010-10-01

[][]名曲sunny」の別アレンジ 12:54 名曲「sunny」の別アレンジ - 徒然のんき を含むブックマーク

 ジャズスタンダードってさ、例えば、同じ曲でもいろんな人が歌ってますよね。いろんなアレンジで。


 歌う人、アレンジする人、それぞれに味があるんですけど、時に、

これはすごい!こんなの聴いたら他のは聴けない!譲れない!』

と、思ってしまうよなバージョンに出くわすことがある。そうなると、こりゃもうサイコーハッピーですん♪


sunny」という曲がありますオリジナルは「Bobby Hebb」。1960年代後半の曲だからジャズスタンダードと言うにはちょっと最近すぎるか。

原曲モータウン的な雰囲気しちゃってるですが、ここ最近ではJAZZアレンジの「それ」がかなり幅を利かせている(と思う)。


 で、私ゃそのオリジナルも好きなんだけど、JAZZもの進化した「sunny」も好きなんですよ。(^^;。。




 ことさら、印象に残っている女性ボーカルのがあるんですけどね(ホリー・コールだったような気がするんだけれど、確信はない)、そいつをどうしても見つけたくて、ここんところYOUTUBEサーフィンしてたんですが、自分の求めていた女性ボーカルバージョンは見つからず、代わりにJB(じぇーむす・ぶらうん)の「sunny」にエンカウントしちゃいました。


・・・(視聴中)・・・

James Brown - Sunny

うっひょ〜!


ぜぇんぜん、違うんですけどっ!


でも、これはこれでかこいいんですけどけどっ!!


JB巨匠が歌うとファンクになっちゃう。なじぇ?


JBマジック、冴えわたるな〜。



でこの度、「サニー探し」で意外な発見があった。


Norman Levene - Sunny


ノーマン何がし」さん!?

初めて彼のクリップを拝見しました。

じょうずっすねー♪


私の探していたのに近いイメージがありますよーだ♪


こういう発見に出会えるのがネット恩恵だす。。。

2010-07-09

[]Want to Take U Higher !・・・スライです(^^; 17:53 Want to Take U Higher !・・・スライです(^^; - 徒然のんき を含むブックマーク

サイケな音楽にはサイケなデザインってのがつきものでしてね…。


 自分が印象に残っているサイケ・デザインと言うと、スライ・ストーンってのがイッちゃん古い。ソウル系・・・そう考えれば、もっと古くにもデーハーなのがいたと思うんですけどね、自分記憶ワールドではスライが最初で最古なのだ。


 彼が所属する(結成した・作った?)スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)ってなファンク・ロック・バンド。これがともかくぶっ飛んでいたです。

メンバー全体ばらんばらんな衣装構成。ヒラヒラが腕になびいているのもいれば、「印度から?」的なパーカッション、黒系レザーの女性ボーカルがいれば白系レザーな女性ボーカルもいる。各パートの自己主張も強いこと強いこと。各自、自由に動いてるし。正に個性派集団的なバンドだ。熱い。暑苦しいほど熱い。首でリズムを取るメンバーの表情見てると、のぼせてしまいそうです。


もっとも、その中でも、主人公スライは更にその上を行く存在感である


こういうファンキーでグルーヴの効いたのもたまにはオツですな(^^)/


ごーな、ていきゅ、は〜いやぁー!(^。^)♪


Sly & The Family Stone - I Want to Take You Higher


Yeah!(^o^)

ごぅな、ていきゅ、は〜〜〜いやっ♪(^O^)/

(わーつ、ていきゅ・・・)だな。(汗)


すげぇなぁ、テンション上がってくるなぁ、夏だー!



・・・



うーむ、ウッドストックをもう一度見たくなったぞ♪


ってなわけで、・・・(^^;


Woodstock(1969) - Sly and the Family Stone (Want to Take You Higher)


うひょ〜!

わーつ、ていきょー、はーーーいやぁーーーー!!!!(^O^)


ブー、ラカラカラカ、ブー、ラカラカラカ (^o^)

(だって、そういう風に聞こえるんだもん)


じゃ〜らっじゃ〜ん、じゃらっちゃ〜ん、じゃらっちゃー♪


ハイッ・ハイッ・ハイッ!! o(^^)/

(ヘイッ・ヘイッ・ヘイッ! …かもしれない)


 もうね、なんたって、このウッドストックの映画に関して言うと、スライの演奏シーンは、他の(フーとかサンタナとかジミヘンとかテンイヤーズアフターとか)と比較して異色バリバリだった(ちなみに、シャナナはもっと異色だった)。

 全編通してロック、フォーク色が強いこのイベントにあって、前面ブラスファンクだもん。それがまたドコドコ・ズコズコ・ブラッパー!と、ビートが効き過ぎているとこ、イカしてる。

 イカシテルと言えば、このバンドのベース。外してはバチが当たるってなもんです。

なんたって、ラリー・グラハム先生だもん。元祖チョッパー! グルーヴ感が凄いのです(でも、ブラスが前面に出過ぎていて、がっつりと聞こてこないところがオツ・・・笑)



のんき@握り拳中.ne.jp