Hatena::ブログ(Diary)

スローラーナー

2009-08-17 渋谷シネマ・アンジェリカで「メモリアル市川準」が開催されます。

slowlearner_m2009-08-17

渋谷シネマ・アンジェリカで「メモリアル市川準」が開催されます。

| 23:17


9/19〜9/25の間、渋谷シネマ・アンジェリカで「メモリアル市川準」が開催されることになりました。

詳細は、こちらから。

http://www.gojyu.com/#recruit

9/19は、市川準監督の命日です。もう1年も経つのですね。



f:id:slowlearner_m:20090406211305j:image



上映スケジュールは、下記の通りです。


9/19(土) 

10:30「病院でしぬということ」/12:30「あおげば尊し」/14:20「ざわざわ下北沢」/16:30「東京マリーゴールド」/18:40「大阪物語」/21:10「トニー滝谷

9/20(日)、23(水)

13:00「あおげば尊し」/14:50「病院で死ぬということ」/17:00「トニー滝谷」/18:40「大阪物語

9/21(月)、24(木)

13:00「ざわざわ下北沢」/15:10「トニー滝谷」/17:00「東京マリーゴールド」/19:10「大阪物語

9/22(火)、25(金)

13:00「病院で死ぬということ」/15:10「あおげば尊し」/17:00「ざわざわ下北沢」/19:10「東京マリーゴールド


これからポール・オースター脚本、ウェイン・ワン監督の『スモーク』を見るつもりです。


D


日向組の参考です。

市川監督もこの映画がお好きだったと聞いています…。こんな映画が撮りたいとおっしゃったとか。

そんことを書いていたら、トム・ウェイツの“You're Innocent When You Dream”が聞きたくなりました。


D


『スモーク』の姉妹編の『ブルー・イン・ザ・フェイス』も好きです。こちらはDVDには、なっていないのですね。VHSはあるのですが。


f:id:slowlearner_m:20090817231326j:image


実はウェイン・ワン監督の作品は『スラムダンス』が一番好きです!


f:id:slowlearner_m:20090817232159j:image

2009-03-31 テリー伊藤さんの「市川準監督のこと」

slowlearner_m2009-03-31

テリー伊藤さんの「市川準監督のこと」

| 00:55


ちょっと遅くなりましたが、『市川準監督のこと 追悼・市川準監督レトロスペクティヴ』の最終日、テリー伊藤さんのトークショーの様子をお伝えしようと思います。

この日、『市川準監督のこと』の最後の上映作品は『あおげば尊し』でした。スタッフにお聞きすると、この作品が市川監督の作品のフィルモグラフィーの中で、フィルムで撮影された最後の作品になるそうです。テリーさんは、この『あおげば尊し』の主演をつとめられました。


f:id:slowlearner_m:20090327184353j:image


テリー伊藤さんと聞き手の貝本敏弥さんです。

テリーさんは、現場で完璧に台詞が入っていたそうです。周囲の人たちから、主演なのに台詞が入ってなくていいの、とプレッシャーを随分かけられたからだそうです。市川監督は、台詞の完璧に入ったテリーさんを崩そうとします。そうして、いわゆる演技ではない部分をテリーさんから引き出そうとするのです。

キャスティングの米澤さんも映像の中で話していましたが、市川監督は“普通”の人を描こうとしました。いやゆる演技によって登場人物の“生”が誇張されるのを嫌ったのかもしれません。

橋本さんもお話しされているように、時には“ぶっつけ”で撮影をされたようです。『病院で死ぬということ』で、別々の病院に入院している老いた両親を人目でも合わせたいと言う家族に、岸部一徳さんが演じる岡山医師が話をするシーンがそうです。「岸部さんだったら、どのように家族に話しますか?」と問うて、カメラは回ったそうです。

台詞は決められていませんでした。

あおげば尊し』で、テリーさんが演じる小学校の教師が、生徒たちに“死とは何か”話をするシーンにも、台詞はありませんでした。「テリーさんだったら、子供たちに何を話しますか?」と問うてカメラは回ったのです。


f:id:slowlearner_m:20090215222828j:image


トークショーで、その事を問われたテリーさんは、「だから、ほんとうのことを話しました」とおっしゃいました。


「私は、ほんとうのことを話したのです」


f:id:slowlearner_m:20090330015816j:image


さて、明日の『バサラ人間』上映後の活弁上映は、下記の2本です。

クレイアニメ ピートト』(キャラクターデザインリリーフランキー)

モノポリー

2009-03-27 『市川準監督のこと』にご来場ありがとうございました!

slowlearner_m2009-03-27

『市川準監督のこと』にご来場ありがとうございました!

| 06:13


渋谷ユーロスペースで開催されていた『市川準監督のこと 追悼・市川準監督レトロスペクティヴ』は、全日程を終了しました。毎日、たくさんの皆様にいらしていただき、本当にありがとうございました。そして、ご協力いただいた皆さんに心から感謝します。この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。


f:id:slowlearner_m:20090328003034j:image


打ち上げの席でも、市川監督は座の中心で微笑んでいらっしゃいました…。

今回の上映でCMから映画作品まで多くの市川作品を見直して、いろいろなことを感じ、考えました。そのことは、またこのブログで書いてみたいと思います。


今日の「市川準監督のこと」は、助監督として『つぐみ』などの市川作品を支えられた現プロデューサーの井上文雄さんです。


D


そして、いよいよ4/11(土)から渋谷ユーロスペースと梅田ガーデンシネマで遺作『buy a suit スーツを買う』の公開が始まります!


f:id:slowlearner_m:20090303194805j:image


皆さんのご来場を心からお待ちしています。

2009-03-24 市川準監督「大日本除虫菊・金鳥」シリーズCM傑作選!

slowlearner_m2009-03-24

市川準監督「大日本除虫菊・金鳥」シリーズCM傑作選!

| 00:22


市川準監督のこと 追悼・市川準監督レトロスペクティヴ』四日目の今日は、『あしたの私のつくり方』、『東京マリーゴールド』、『東京兄妹』、『大阪物語』の上映と、「大日本除虫菊・金鳥」シリーズCM傑作選でした。


クリエイティブディレクターの石井達矢さんとコンビを組んだ「大日本除虫菊・金鳥」シリーズのCMは、名作揃いです。ちあきなおみさんや、木野花さん、もたいまさこさん、松田聖子さんによる「タンスにゴン」は、もちろんですが、ちあきなおみさんと内田裕也さんがデュエットするヴァージョンも凄い!

岸部一徳さんと大滝秀治さんの「お前の話はつまらんっ!」という台詞が印象的な「水性キンチョール」のCMや、豊川悦司さんが海の家で官能小説とおぼしき雑誌を読みながら、おばちゃんたちに「いやらしいやろ」という「キンチョール』のCMは、記憶に新しいところです。

しかし、特筆すべきは、沢口靖子さんが出演された「タンスにゴン」のCMでしょう! あの沢口さんが、ここまでやるのかとご覧になった時驚いた方も多かったのではないでしょうか? わたしも、凄い、と思った一人です。沢口さんが、「あのCMを見て、お母さんが泣きました」とインタビューに答えるヴァージョンもあったのですね。この一連のシリーズで、沢口さんのイメージは覆りました。そのコメディエンヌとしてセンスにも脱帽しました。でも、このCM以外で、このように「壊れた」沢口さんを観たことはありません…。

トークショーは、その一連のCMでコンビを組まれたクリエイティブディレクターの石井達矢さん、山崎隆明さん、直川隆久さんでした。


f:id:slowlearner_m:20090324184506j:image


この写真をご覧になって「あれあれ?」と思った方がいらっしゃるかたがいるかもしれません。

山崎隆明さんと直川隆久さんは、市川監督の遺作『buy a suit スーツを買う』に出演していらっしゃいます! 直川さんは鯖吉という芸名(?)で、ユキの失踪した兄ヒサシ役で、山崎さんは、そのヒサシの友人山口役でご出演されています。


D


「大日本除虫菊・金鳥」シリーズのCMの裏話もたくさん話して頂きましたが、印象に残ってたのは、市川監督の映画を見ると、大阪のCMスタッフは、すぐ眠ってしまって、もしくは自分が出演したシーンだけ観て、すぐ眠ってしまうので、市川監督に何度も怒られて、それでも市川監督は大阪のスタッフにご自分の映画を見せ続けたというお話です。ひどい話と思うなかれ。懲りずに見せ続ける方も見せ続ける方ですが、つき合う方もつき合う方です。お互いがお互いを愛していたのだな、と思わせるような、いいお話です。

それでは、本日のトークショーの模様を速報で、どうぞ!


D


明日は、各回映画上映前に「サントリー・オールド」シリーズ CMが上映されます。

11:45〜『トキワ荘の青春』、14:00〜『病院で死ぬということ』、16:15〜『あしたの私のつくり方』、18:30〜『東京夜曲』の上映です。


f:id:slowlearner_m:20090204161116j:image


そして、18:30の『東京夜曲』上映前に、クリエイティブディレクターの大島征夫さんほかをお迎えしてのトークがございます!

お楽しみに!!

2009-03-23 小林達比さん、橋本泰夫さん、井上文雄さんの「市川準監督のこと」

slowlearner_m2009-03-23

小林達比さん、橋本泰夫さん、井上文雄さんの「市川準監督のこと」

| 13:25


渋谷ユーロスペースで三日目を迎えた『市川準監督のこと 追悼・市川準監督レトロスペクティヴ』。先日行われた小林達比さん(撮影)、橋本泰夫さん(録音)、井上文雄さん(市川組助監督/現プロデューサー)をゲストに行われたトークショーの模様を動画で、さわりだけご覧頂こうと思います! 小林さん、橋本さん、井上さんの「市川準監督のこと」を、どうぞ!


D


本日の18:30のトークショーのゲストは、田中麗奈主演の『東京マリーゴールド』やCM「味の素・ほんだし」シリーズの音楽を担当されている周防義和さんでした。


f:id:slowlearner_m:20090323185212j:image


周防さんと市川監督の出会いは、やはりCMです。加藤剛さんが出演された15秒の入浴剤のCMだったそうです。その難しい仕事から音を導き出してくれたのは、やはり市川監督だったと周防さんはお話ししてくれました。そうして、コンビを組んだ「味の素・ほんだし」シリーズのCMは、田中麗奈さんの娘と樹木希林さんの母親という設定で8年間続いたそうです。

朝の情景を描いたCMだから溌剌とした音楽でもよかったのだけれども、市川監督が打ち合わせの席で「日本の朝の情景」を描くと話していたのが印象的で、このCMの音楽は、どこかのんびりとした、ひょっとしたら夕方の食卓の設定でもぴったりくるのではないかという音楽になった、と周防さんはおっしゃいます。

若い田中麗奈さんが、名優の樹木希林さんの胸を借りてお芝居をする姿が印象的だったとお話ししてくれました。

さて、今日は「味の素・ほんだし」シリーズでしたが、明日3/24(火)は、CM名作選vol.3として、各回映画上映前に「大日本除虫菊・金鳥」シリーズの CM名作選が上映されます。

11:45〜『あしたの私のつくり方』、14:00〜『東京マリーゴールド』、16:15〜『東京兄妹』、18:30〜『大阪物語』の上映です。18:30の上映の前に、市川監督と多くのCMでコンビを組まれたクリエイティブディレクターの石井達矢さんほかの皆さんによるトークがあります。お楽しみに!!


f:id:slowlearner_m:20090323191645j:image


記帳台のノートにも皆さんの感想が書き付けられています…。


そうそう。今日、上映の終った後に、鈴木卓爾監督と浅生ハルミンさんと一緒に音楽の蓮実重臣さんのスタジオで、『私は猫ストーカー』の主題歌のデモを聞かせていただきました! 

ハルミンさんからは、昨日の電話ボックスで雨宿りする野良が、すごい! その電話ボックスの前で、張り込みをしたい! と誉められました。別に、わたしが誉められたのではありません。この猫は、もしやボックスに閉じ込められたのでは、と思ったのですが、さにあらず。驚くなかれ、ボックスの下にある狭い隙間から自分から入って、雨宿りしていたのです!!


久しぶりに、猫ストーカー映像を、どうぞ。


D


少しでも時間がある時には、猫ストーカーです…。

この猫の姿、ハルミンさんの原作の猫みたいですね。


f:id:slowlearner_m:20090209223431j:image


ね?