気まぐれダダのA・B・C

2012-10-21

「気まぐれダダのA・B・C」は都合により、「ダダのブログ」に引っ越します。

00:11

「気まぐれダダのA・B・C」は都合により、「ダダのブログ」に引っ越します。
 1年程度でしたが、皆様には熱心に読んでいただき、本当に有り難うございました。
 今後は、「ダダのブログ」の方でも、Amazing・Beautiful・Coolなものを紹介していきたいと思っています。
 今後とも、よろしくお願いします。

 なお、今までのダイアリーの記事は「ダダのブログ」に転載していますので、また見たくなったら見てね〜。

 ダダのブログ; http://dada.hatenablog.com/

2012-07-21 勇気づけられる名言の数々〜「もうダメだ!」と思ったら読む本〜

ふらっとファミマに入ったら、書棚に置いていた
「もうダメだ!」と思ったら読む本
このシリーズは累計26万部も売れたらしい。

開いてみると、偉人たち(なかには小説の登場人物)の名言の数々が「人生編」「恋愛編」などカテゴリー分けされて載っている。偉人たちの注釈も下に書いてある。
なかなか奥深い言葉が並んでいて、感心の連続だった。

私の好きな名言をあげてみると、
・たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える(ルター)
・現在を享受せよ。明日のことはあまり信ずるなかれ(ホラティウス
・生きることの最大の障害は期待を持つということである(セネカ)
・心は、それ自身が密かに抱いてるものを引き寄せる(アレン)
・運のいい人間とは、強い信念を持ち続け、数々の多大な犠牲を払い、粘り強く続けてきた人たちである(アレン)

悩み続ける人間を何とか支えているのは「心に響くことば」なのです。

2012-04-29

「心を上手に透視する方法」けっして悪用しないでください。だと。

14:28

 今、「心を上手に透視する方法」を読んでいる。
 サンマーク出版から発売されて、既に10万部以上売れているらしい。
 私は常に、大体3冊くらい並行して読んでいるので、もう2ヶ月くらい前からちょびちょび拾い読みしているのだが、時々なるほどと思うことも書いてある。
【二つの指示を組み合わせると、相手はいうことを聞く】 
 例「電話を手にとって、私たちに電話をかけてください。」
  「議事録を書いて、それを私にメールしてください。」
  「こっちへ来て、私にキスして!」
 どれも、初めの文を付け加えることにより、行動に移りやすくなる。
 ただし、この理由を著者は「二つの指示を与えられると、相手はどちらの指示を先に断ればいいかわからなくなる。」と書いているけど、そうではなくて、段階的に行動の指示をされると、心理的な抵抗感が少なくなるのではないか、というのが私の意見。
 ともあれ、人間関係を円滑にするノウハウが詰まっている一冊です。

心を上手に透視する方法

心を上手に透視する方法

Connection: close