Hatena::ブログ(Diary)

日々のものごと日記(政治問題中心) このページをアンテナに追加

2008-07-11

[][][]WaiWai問題と幸福の科学

WaiWai問題に関する続報。参考までに以後のページをご参照ください。

そのページは若干、相手をコケにしているところがあるようので、ご注意を

毎日変態記事訴訟懲戒請求騒動と同じような流れになっている件について

http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20080710/1215617059


Prodical_Sonさんは、橋下徹弁護士山口親子殺害事件の弁護団に対し、

懲戒請求を呼び掛けた事例を引き合いに出しましたが、

私はむしろ幸福の科学フライデー事件のほうが近いのではないかと考えております。


幸福の科学フライデーの記事に対して抗議し、

大量の電話ファックス講談社に送りつけて

一時的に講談社の機能をマヒさせたという事件がありました。

大川隆法総裁は、「フライデー廃刊に追い込む」とかなんとか

豪語していたそうですし、講談社がつぶれてもかまわないと思っていたのでしょうかね…*1


しかし、大量の訴訟を同時多発的に起こすことにより、

威力業務妨害などに問われたという話は寡聞にして聞いたことがありません。

それに、一人ひとりの意思でやったと言われれば、業務妨害に問うことは不可能ではないでしょうか…

幸福の科学だってそのロジックを使って言い逃れを図りましたしね…


弁護士懲戒請求が何万件も来たところで弁護士会が黙殺すればそれまでですが、

裁判の場合はそうはいきませんからね…


架空請求詐欺の手口の一つに少額訴訟を起こし、相手が無視を決め込んだら

法的に払わなければいけなくなるという手口があります。

よって、相手が出てこなければ少額訴訟には100%勝てます。

おそらく、毎日新聞を提訴する有志一同は同時多発的に裁判を起こすつもりでしょう。

そうなればいくら毎日でも全部に取り合ってはいられなくなるのではないでしょうか…


金目当ての訴訟なら、もっと高額の慰謝料を請求するでしょうが、

少額訴訟の上限の60万円でもなく10万円ですからね…

やはり、同時多発的に訴訟を起こすのが狙いだと推測します…

簡易裁判所ではなく、地方裁判所に本人訴訟制度を用いて

訴えるという話もあるそうですし・・・


大量の裁判を同時多発的に起こす行為が威力業務妨害に当たるかということに関し、

少なくとも私は存じません。何せ、前例が無いんですから…

その理屈なら、水俣病訴訟薬害エイズ訴訟も何もかもみんな威力業務妨害に

なってしまうではないでしょうか!


あと、裁判を起こした人は反訴されたらどうするつもりなのでしょうか?

勝算はあるように思いますが、(なければそんな裁判をおこすまい)

敗訴したら訴訟費用を(勝訴した側の弁護士費用も)負担しなければならないので、

負けたら懲りるのでしょうかね…

いや負けたら、また裁判を起こすつもりなのでしょう…

まさにプロ市民中のプロ市民ですね…


天下の毎日がタブロイドエログロ記事をよりによって普通の記事と同様に

載せてしまったことに発端するこの騒動。

ますます泥沼にはまっていく勢いですね。


私は訴えた人の属性には特に興味はありませんが、

どのように裁判を進めていくのかは気になりますね…


それにしても、竹橋毎日新聞社街宣車はどれぐらい押し寄せているんでしょうかね…

*1:それにしても、幸福の科学信者である漫画家講談社探偵漫画を描いているのだからよくわからない…

2008-06-04

[][][]単純所持問題に関する新たな考察

id:bulletさんによると、明日の総務部会で児童ポルノ法改定の与党案が決まるとのことです。

ネット掲示板からの引用があることから、100%確実に押し切られると少なくとも私が断言できない状況ですが、*1

ネット界隈では警戒する動きがある模様です。


ちなみに、bulletさんのリンク先の自民党のページには、4日21時時点で、

児童ポルノ法改正問題についての情報が載っていないのですが、どういうことなのでしょうかね…*2

いろいろな意味で不可解です。


盗撮罪を改めて検討すべきではないか。

さて、単純所持禁止にはいろいろな問題があることから反対の動きがあるのであって、

こういった問題が存在しなければ、反対する理由は一切無いでしょう。

内閣府世論調査で9割が単純所持規制に賛成したのも、別件逮捕冤罪

でっち上げや陥れなどに使われるおそれがあることを知らない人が多いことの証左でしょう。

問題点を知らなければ私も大賛成していたでしょう。


もし、仮に別件逮捕冤罪、強引な捜査でっち上げなどの問題が全く無かったとしても、

単純所持禁止で現状で不十分な児童ポルノ問題を解決できるという主張は荒唐無稽ではないでしょうか。


現に、奥村徹弁護士も批判しています。*3

 この種の事案については、脱衣場などカメラ設置したところで服を脱ぐようにしむける行為を「姿態をとらせ」として3項製造罪(姿態とらせて製造)として立件した例もあるので、それが現行法で処罰できないと言っているのが大阪府警勉強不足ですね、

 また、盗撮の場合処罰できないのは、H16改正で意味不明の「姿態」要件をいれたために盗撮に製造罪を適用できなくしたせいなので、そこを取ればいいだけで、単純所持罪には直結しない。撮影行為は製造罪で処罰すべきです。(児童の裸体も含めて盗撮罪に反対しているのはマスコミだと聞いています。)

(中略)

 なお、児童ポルノ被害者がいるというので世論を喚起しても、議員立法被害者がないような体裁の法律を作ってしまったのは議員さんで、それで児童ポルノ罪が被害者なき犯罪になってしまったんだから、それは立法者に返ります。

やはり、児童ポルノ禁止法は当初の段階から被害者のことがないがしろにされていたということか?

何で今まで気づかず、なおかつ今も軽んじられているのだろうか。

被害者救済策の制定も、今まで全くの蚊帳の外でしたから、今回の改正では、

被害者救済に重点を置いた策が必要だというのに…


私は児童かどうかに係わらず、性的目的での盗撮罪を検討すべきだと思いますね。

脱衣所や浴室などの、人が裸になるような場所に隠しカメラを設置し、盗撮する行為を

懲役刑も含めた刑罰を課すことは可能かどうか、今後の課題になってくるのではないかと思います。


調査研究は必要だと言うが…

「机上の論争はもうやめて、まず調査をしてから対策を考えるべきだ」というのもその通りだとは思いますが、

やる前から結果が見えてしまう。決して中庸な立場からの調査研究ではなく、

規制すべきという前提の上で恣意的な情報操作が行われるのではないかという懸念があるのです。

だから、創作物に関する調査研究を附則に盛り込むのには断固として反対なのです。

(逆に、規制すべきではないという前提で情報操作が行われるのも、それはそれで問題である。)


人権擁護法案レトリックは万能か?

人権擁護法案の反対論を見て思ったのですが、

もともと2002年にはメディア規制法案と位置付けられ、マスメディアや、ジャーナリスト

作家などが中心となった反対運動が繰り広げられ、2003年秋の衆議院解散で廃案になりました。

北朝鮮に関しては、2002年9月に日朝首脳会談もありましたし、1998年テポドン発射や、

いくつかの不審船事件もあったにもかかわらず、保守論壇北朝鮮と絡めた反対論は

一切ありませんでした。少なくとも、私は存じません。


2005年の3月になって、北朝鮮などと絡めた反対論が急浮上し、インターネット

保守論壇を中心にした反対論が急沸騰しました。

ここでは詳細な経緯を省略しますが、*4もしこのような発想が無かったら

人権擁護法案は修正された上で成立していたでしょう。メディア規制条項の削除などのちょこざいな修正のみでしょうけど…)


そして、この反対論が席巻した結果、人権擁護法案が通る見通しはほぼ皆無と言っていいでしょう。

このレトリックを使えば、単純所持規制を葬り去ることができるのではないでしょうか?

成功率は未知数ですが、成功すれば確実に葬り去ることができます。

何で、誰もこの手法を実践しなかった(できなかった)のでしょうか?

(私も人のことは言えませんが…)

人権擁護法案単純所持禁止

若干こじつけめいてますが、双方の類似点を


人権擁護法案 人権侵害の定義があいまいである。

単純所持禁止 児童ポルノの定義があいまいである。

人権擁護法案 人権擁護委員は令状なしで立ち入り検査が可能である。

単純所持禁止 令状なしで(現行犯逮捕が可能である。

人権擁護法案 人権擁護委員の選定に国籍条項はない(ので、北朝鮮関係者でもなれる)

単純所持禁止 現行犯逮捕国籍条項はない(ので、北朝鮮関係者でも現行犯逮捕ができる)

人権擁護法案 「人権侵害」をしたとされる側に一切抗弁権が無い

単純所持禁止 単純所持をでっちあげられた側が名誉回復をすることは極めて困難である。


ざっとパッと思いついたものだけでこんなもんでしょう。他にもまだまだありますが、

いかがでしょうか、保守系の皆さん。

現行の法制上、児童ポルノ単純所持をでっちあげることにより、

たとえ北朝鮮工作員でも捜査令状なしで現行犯逮捕が可能で、国会議員不逮捕特権

関係ありません。一度逮捕されると、性犯罪者のレッテルを貼られ、名誉回復は極めて

困難になりますよ。

もちろん、その他の反日勢力や国際テロリストもこの手口を使うことが可能ですよ。

それでも、あなたは単純所持禁止に賛成しますか?


まあ、四分ほどは風刺ですけどね…

本来は非論理的で好ましくない手法ですけど、それで成功できるのなら…

*1:ある程度の有力な情報の持ち主が本当にいるかは確かめようがありません。

*2http://www.jimin.jp/jimin/kaigi/index.html

*3http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20080603/1212457978

*4:2月ごろに共産党系の反対運動ネット上で起きたらしいが…

2008-05-23

[][][]児童ポルノ法改正問題の話題

まずこれまでの情報を整理



意外とおとなしかった21日の「クローズアップ現代」

21日の「クローズアップ現代」についての簡単なまとめ


規制を強化すべき」との論調でまとまっていながら、

単純所持推進派の主張を一方的に垂れ流したわけではなく、

アメリカにおける単純所持冤罪の事例も挙げられていて、

個人的にはそれほど問題ある内容ではないような気がしましたが…


もっとも、放送したこと自体が世論を喚起してしまうのではないかという問題点もありますが…


なお、漫画やアニメなどの創作規制については一切言及されませんでした。


与党案、まとまった模様

児童ポルノ単純所持も禁止 与党PT案、厳罰化へ

http://www.asahi.com/national/update/0522/TKY200805220318.html

与党案がまとまったようです。創作規制を将来の検討課題に盛り込むことは

排除されませんでした。


22日の時点で与党案がまとまったなら、昼間氏も19日の時点で何か

草案に関する情報を入手していてもおかしくないと思いましたが…


まあ、民主党とのすり合わせが決裂して、先送りになってくれればありがたいんですが…


というわけで次は、

与党案よりも罰則の対象を絞り、(1)対価を払って取得(2)性的目的などで所持−−の場合に限定した。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080523ddm005010034000c.html より

対案を提示した民主党に関する話題です。


ところで、民主党の対案は本当に創作規制に含みを残す内容ではないのでしょうか?

まったく言及されていないのが若干気になります。


民主党の規制推進派、動く

民主党の規制推進派議員が仕掛けてきたようですね…

要求しているのは、児童ポルノ禁止法改正とは別個の問題のように思われます。

いずれ、与党規制推進派も追っかけを仕掛けてくるのではないでしょうか?


この請願を提出したのは、円より子氏と下田敦子氏ですね… 規制反対派の皆さんは覚えておきましょう…

なお、お二人とも最近の当選は2004年です。


請願の内容は以下の通り

 街中に氾濫(はんらん)している美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われた青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている。これらにより、幼い少女たちを危険に晒(さら)す社会をつくり出していることは明らかで、表現の自由以前の問題である。社会倫理を持ち合わせていない企業利潤追求のみのために、幼い少女を危険に晒している商品を規制するため、罰則を伴った法律の制定を急ぐ必要がある。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/seigan/current/2525.htm

論理がおかしいと思います… また、文体も非常にくどい…


もし私が推進派だったら、

「近年、幼い少女に対する性犯罪が目立つが、その背景には幼い少女をイメージした成人向けアニメやゲームがある。」

などと、もっとそれなりに理論整然とした文章を要旨として書きいれると思いますが…

論旨がまとまっていたら、今の私でも規制すべきという結論を除いてはある程度理解的になるでしょう…


確かに、過激な性的表現は問題視されて至極当然だとは思いますが、

規制すべきかどうかとなると、全くもって別問題だと思います。

どうせなら、某古本チェーンが成人向けを隔離していないことに文句を言っていただきたい!

私は恥ずかしいので言えません!


やはり、批判の声は激しいようで、円氏のサイトの掲示板は大炎上して、

産経新聞にまで取り上げられましたからね…*1


法的規制には反対しますが、その手の業界の製作者にも一言言いたい!


自重しろ! 自主規制してください! 過激な表現は慎んでください!



自主規制は表現規制を抑止する方法の手段として有効な方法の一つではないかと思います。


個人的には、表現規制推進は、民主党の悲願である政権交代にマイナスだと思っていますが、

規制推進派のお考えは全く逆なのでしょうね…



まあ、私はアダルトものは買うのも恥ずかしいし、家族と一緒に生活しているので

一切持ってないので、無かったら無いで一切困りませんが…

しかし、表現の自由のことを考えると看過できない問題ですから…


http://d.hatena.ne.jp/hagakurekakugo/20080522/p1 でのid:hagakurekakugoさんの指摘や、

それに対するid:noir_kさんのコメントの双方とほぼ同じ見解を私は持っています。*2


日本における児童ポルノのおとり捜査

奥村徹弁護士が、日本でも普通児童ポルノのおとり捜査をやっているとおっしゃっています。

 「買い受け捜査(買受け捜査)」という名称で普通にやってます。

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20080521/1211368220

買い受け捜査って、麻薬取締官のやるおとり捜査のようなものですよね?

例えば、表向きは通常のDVDショップで裏で児童ポルノを扱った店があるとする。

その店で警察官が身分を隠して潜入し、児童ポルノを注文する。

そして店側が児童ポルノを売ろうとしたところに他の警察官が踏み込んで、

その店を摘発する。などといったものでしょうか?



これなら情報を入手し次第、販売店をほぼ確実に摘発できるのではないかと思います。

少なくとも、私は違法なやり方ではないと思います。

販売者が摘発されれば、製造者も芋づる式に摘発できて、有効ではないかと思います。

よって、おとり捜査は積極的に行うべきだと思います。



単純所持が禁止されたら顧客リストから購入者が割り出されるのでしょうが、

インターネットだと偶然に見てしまった人のIPアドレスも残ってしまうので、

冤罪になってしまうことがある。それが単純所持禁止の問題において最も気がかりな問題の一つです。



最後に、もう一言

本当に児童を性的搾取するようなものは表現の自由の範疇で守られるべきものから逸脱した物ですが、

それがどんどん暴走し、行きすぎて、広範囲に広がらないことを祈っております。


現行法上で違法な物はバンバン取り締まってもらって結構!

ただし、表現の自由を侵害するような法改定には断固として反対します!

*1http://sankei.jp.msn.com/economy/it/080523/its0805231820000-n1.htm

*2:しかしこのエントリ、半ば炎上しかけているような…

2008-05-02

[][]表現規制問題に関する動き その2 (「マンガ論争勃発」編)

昼間たかしプロデュース「マンガ論争勃発番外編-表現の自由と覚悟を問う-」in阿佐ヶ谷ロフトA

http://d.hatena.ne.jp/azumi_s/20080502/1209657047

について、崩壊日記のid:azumi_sさんがレポートして下さったので、それを元にまず、

今の私の感想を書いてみたいと思います。


まず、日米の児童ポルノ観について触れられています。

シーファー駐日大使の立ち位置。政治屋ではない。秘書官の関連文章の紹介。日本の「ANIME&MANGA」を狙いうちしている。正義と善意の暴走の側面があるのがタチが悪い。大統領戦の結果によってはまるまるひっくり反る可能性は高い。

アメリカの現状。実在児童も架空児童も規制対象だが範囲が非常に狭い。架空の人物への性表現規制も違憲かどうかがまだ確定していない。

アメリカの児童ポルノ法は労働法の延長である。子供を性産業の生産に関わらせてはいけないという視点。そこがまず日本と違う。性的な行為・思わせるものなら違法というレベル。

「ポルノ」と「猥褻」という言葉の日米差。まず「ポルノ」は名詞。「猥褻」は法律用語。「猥褻」に表現の自由はない。ただ猥褻かいなかは官ではなく民が決めるべきだとはっきり謳われている。陪審員制の国であることに注意。倫理を国家が規定すべきではないという考えの人は多い。


へえ、アメリカでは児童ポルノ禁止は労働問題の延長線上にあるなんですね。知りませんでした。

おそらく、他の欧米諸国でもそうなのでしょう。


アメリカでは規制対象の範囲が狭いというのが意外でした。実在児童に関しては、てっきり日本以上に

厳しいものだと思っていましたが、違うようですね。

合衆国憲法修正第1条が厳しいからなのでしょうか?


あとは、表現規制の原動力となっているのが正義と善意だという点には留意しておく必要があるでしょう。

表現規制推進派は悪意を向けているという話は誤謬だということを多くの人に理解していただきたいものです。*1


あと、政治に関して気になった点を。

マンガやアニメ好きは有権者とは見られていない。地方では目立たない。よって「省みられない」。

とありますが、そのことについて私の見解を。

しばしば指摘されることですが、アニメの放送は大都市圏に集中し、

地方によっては、深夜アニメが全く放送されないところもありますよね。*2

オタクの占める人口比も地方は低く、大都市圏は高いでしょう。

よって「地方では目立たない」というのは間違いないと思いますが、

「有権者とはみられていない」「省みられない」とはあんまりです!


地方では目立たない代わりに、大都市圏ではオタクは目立ちます。

日本の人口の過半数が関東・関西・東海の三大都市圏に集中しています。

おそらくオタク人口約275万人の9割近くは三大都市圏などの大都市圏に集中してると思いますので、

マンガやアニメ好きを有権者として見て、票田にできると思いますが…

表現規制に明確に反対すれば、接戦で極めて有利に運べると思うのですが…


単純所持」という言葉がまずミスリードなので「収集目的所持」という言葉に…という話もあるが、やはり収集という部分を誰が判断するかがまだ主観混じり。主観を取り除かねば話にならない。日本の児童ポルノ法での「児童」という言葉が示す範囲を理解してないひとはやはり多いのではないか。そのような人については「宮沢りえのサンタフェが違法化する(当時17歳10ヶ月)のよ」は理解が得られやすいとか。

といいますが、宮沢りえの写真集が児童ポルノ法違反で摘発されたという話は

聞いたことが無いのだが…

国内で正規のルートを通じて商業出版されているもので摘発されたのは、

投稿ものとか裏モノの転載とかしか、私は聞いた事がありません。

販売禁止や販売目的所持は明確に現行法で禁止されているはずなのですが…*3


国会議員は正しい情報しらないから誤るので正しい情報を与えればOKという説には否定的。結局はその議員の基本の考え方によってしまいそれは変わらない。たとえ論理で勝っても最後で感情論にひっくりかえって考えが動かない。

ネット規制については現状やっと発生した関連団体からの反論によってストップしている段階。民主党でも毎週のように勉強会が開かれていてそれがいつ終わるのやら…という感じ。ただ、ネット規制派は「ほらこんな酷いことがおきてるんですよ」と極一部の例を提示すればいいだけだが、規制反対派がその印象を突き崩すのは容易ではないとか。

議員への直接献金で意見を吸い上げてもらうってのはどーよという話について。お金渡すのは問題ないが「そのお金で動いてしまう」とそれは犯罪になってしまうし、結局数多ある献金の一つに過ぎないので効果は期待できないのではないか。

というのも興味深く思いました。

コミックマーケットの集客力を利用して、20億円以上とも言われる経団連に匹敵する額の政治献金を集めて

政治家に口利きさせようと思っていた私には衝撃的でした。

政治家の心はカネで買えるとは限らないんですね…

土建屋はあっさり政治屋の心を買えるのにね…


id:azumi_sさんによれば、他に、某社*4の協賛の意味がとれたそうです。


あとは、このイベントにも参加されていた荻上チキさんが

ご自身のブログで何か報告してくれないだろうか…

荻上さん、心より期待しております。



また新たに書くことができたら、連休明けまでに書こうと思います。

*1:アメリカは正義を体現するあまり、大量破壊兵器の存在を捏造してまでイラクを攻撃しましたからね…

*2:動画サイトで見る人はそれなりに多いとは思いますが、地の利を考えると大都市圏のほうがマンガやアニメ好きが多いはず

*3:ということは、「サンタフェ」は児童ポルノだと見られていないという事なのだろうか?

*4:azumi_sさんの意向に沿ってあえて伏せました

2008-04-24

[][]JASRAC問題に関する雑感

JASRACに公取委が立ち入り

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/23/news051.html

まさか、JASRACが本当に独占禁止法違反に問われるとは思いませんでした。

私もJASRACのやり方には疑問を感じていたのですが、

「独占禁止法違反」という主張は強引なこじつけで、

公正取引委員会は動かないのだと思っていたからです。*1

考えてみれば2001年までは音楽著作権の管理はJASRACが独占していたんですから、

事実上の独占状態になってしまうのは無理はないかと…

(いいか悪いかと言われれば、良くないと答える他はないのだが…)


それにしてもJASRACと似ていて、

たばこ事業法により、国産葉タバコの全量買取契約が義務づけられる一方、タバコ製造の独占を認められている。したがって国内で唯一、業としてタバコの製造を行っており販売シェアは約60%である。

wikipedia:日本たばこ産業 より

にもかかわらず、JTに対してたばこ産業を独占/寡占しているという

批判が起こったという話は寡聞にして聞かないのは、

いったいどういうことなのだろうか?

JASRACと同じように、JTにも天下りは結構いるだろうに…


今回は、放送局との包括的利用許諾契約が問題になっていますが、

放送局だったら、何の曲を流すかは分かると思います。

事前収録されたものであれば、あるいは事後にJASRACに申請するのであれば、

何の曲を流すかはほとんどわかるはずです。

手間がかかりますが、それをはっきり申請することによって

少しは公正な配分になるといいのですが…


しかし、公正取引委員会はいくらなんでも天下りや、

中間搾取にまではメスを入れられません。*2

自民党議員はどうか分りませんが、民主党の議員にJASRAC問題について

取り組んでいる議員が何人かいるらしいですけどね…

*1:他の管理団体も告発できるだけの力はなさそうだというのも理由です

*2:喫茶店などに対する問題には入れる余地がありますが…