Hatena::ブログ(Diary)

にゃんしーの。

2018-12-15

路上ライブ(2018.12.15)

と!いうわけで!
路上ライブに行ってまいりましたたたた。

「寒いので路上ライブはおやすみする」と言っておったんですが、
ライブのリクエストをいただいたのと、
「にゃんしーは寒い日も暑い日もライブしてるんやろなあ〜
そんな思いを込めて作りました聴いてください『春夏秋冬』」
と一曲盛られたりしたので、
まあ、踊ってきたわけです。

新曲の「心臓をあげる」「ただしい恋のしかた」が完成したので
それを披露したいのもあった!

予想どおりというか、寒かったですねー。
でも晴れてて、空が真っ青で、木漏れ日があたたかくて、
気持ちよかったです。

通りがかる人もそんなにはいなかったですが、
にゃんPとゆっちゃんが来てくれたよー。
三人で「やさいをたべよう」を踊ったりして楽しかったです。
あの公園は広々として、みんなで踊れるからいいですね。
にゃんP、ゆっちゃん、来てくれてありがとう。

新曲の「心臓をあげる」はにゃんPリクエストだったんですが、
それはぶじ、合格をいただきました。
あん!しん!
またちょくちょく演りたいです。

来週ぐらいまでに、新曲の「クリスマス体操」を作りたいです。
季節ですしね、せっかくだから一曲ぐらいクリスマスの曲ほしいし。
無事完成したら、動画をアップしますので。
あと年末年始にかけて動画をいくつかアップできたらいいなあ〜と思っています。

おたのしみに!

2018-11-05

にゃんしー路上ライブは冬休みにはいります。

しばらく週末に予定が続くのと、冬になって寒くなるのとで、
にゃんしー路上ライブは冬休みに入ります。
ふゆごもり!
春までは新曲を作ったり、動画をアップをしたりしていようかと。

今年もたくさんの人に観ていただき、ありがとうございました!
いろんな人に会えて、笑ってもらって、踊ってくれて、
町を歩いていると声をかけられることが増えたり、
ツイッターとかでも繋がってくれたり、
動画観てるよーって言ってくれたり、
たくさん、たくさん、感謝です。

また尼崎の公園で、春に会いましょう。

あと、お休みにはなりますが、「ここでやってー」みたいなリクエストあれば
じゃんじゃん送ってくださいね。空いてたらいきます。

いつもありがとう。

2018-10-31

もうすぐ別府ポエサラですね!

「ポエサラ」で検索すると「もしかしてポテサラでは?」とGoogleに訂正される今日このごろ。
いかがおすごしでしょうか。

今週末土曜日には、いよいよ別府にて「ポエサラ」が開催されます。

前にもブログで書きましたけど、「ポエサラ」というのは「ポエトリーサラダボウル」の略で
詩の朗読会と思ってもらえればおおむね間違いはありません。

概要はこんなかんじ。

イベント概要
開催日 2018年11月3日(土)
時間 12:00〜17:00
会場 別府市社会福祉会館(大分県別府市田の湯町15番40号)
後援 土曜美術社出版販売(詩と思想)
講師・パフォーマー 平川綾真智・瀧村鴉樹・元ヤマサキ深ふゆ・にゃんしー・泉由良
ホームページはこちら。
https://poetry-saladbowl.jimdofree.com/

このイベントは3部構成です。
1部はゲストによるポエトリーリーディングライブ。
2部はゲストによるトーク
3部は希望者による朗読+講評。

ただの朗読会ではなく、いろんなイベントがもりだくさん。

私はありがたいことに全ての部に関わらせてもらえることになっており、
今はライブの練習をしたり、トーク内容を考えたりしています。

それと、気合を入れて臨まないといけないのが3部。
みなさまの朗読に私ふくめゲストがコメントするわけです。
ひえー
そんな口出しできるほどのものでは私は全くないんですが、
おそれおおいながら勉強させてもらうつもりで、しっかり真摯にコメントしようと思います。

3部の参加者は16名で、朗読する詩は事前に配られています。
いま全ての詩に目を通し終わり、だいたいどんなことをコメントしようか決めました。
クオリティもそうなんですが、なにより詩の幅広さにびっくりしました。
「あー、これも詩にしてしまえるのか」と。詩の懐の深さにびっくりした。
そのへんをうまく説明できるコメントができればいいなー、などと考えています。

あとは参加者がどんな方なのか、ツイッターみたりしてたんですが、
なんというか、結構な実力者が多いですね。。
幅広さだけでなく、クオリティについても十分楽しめるものかと思います。

おいしさも、バラエティも、まさにポエトリーのサラダボウル。
イベントまであと少し。
たくさんの方が来てくれるとうれしいです。
にゃんしーのライブ時間もおもしろいことやりますので。
別府でお会いできるのを楽しみにしています。

2018-10-20

路上ライブ(2018.10.20)

路上ライブ行ってまいりました!
いつもの尼崎市記念公園の体育館前にて15〜16時。

いい天気でしたねーー
10月末でもう秋もたけなわ(?)なわけですが、
まさに小春日和、ぽかぽか暖かいいい雰囲気。
空もいいかんじに晴れておりました。

今日は体育館でイベントがあったんでしょうか。
スーツ姿の大人たちがたくさん見えて、
あんまり邪魔にならないよう、
すこし離れた場所にスピーカーなどセットして
ぺけぺけ踊りはじめました。

はじめはスーツ姿の大人たちが何人か声をかけてくださいました。
通りすがりに口笛を吹いてくれた方がふたり(粋ですな)、
あと、「なにしてるんですか」と声をかけてくださった方もいらっしゃいました。
……ほんとなにをしてるんでしょうねwww
路上ライブです」って答えたら、半笑いで去っていきましたがwww

ジャージ姿の女子たちが観てくれて、たくさん笑ってくれました。
「ポエムマン」がウケましたな!
あと、「ピラミッド」を一緒に踊ってくれました。
エージープートーピラミッド!!!
また面白い曲作っていくね。

最近は、「あ、にゃんしーや」「おーい、にゃんしー」とか
声をかけられることも増えました。
今日も男子たちが二組ほど声をかけてくれました。
尼崎でうたっておどるにゃんしーの姿が定着してきて、うれしい〜〜。
これからもがんばります。

今日は新曲の「心臓をあげる」をやりました。
なかなか面白い曲に仕上がったと思います。
リクエストしてくれたにゃんPは来られなかったのでまだ見せられてないのですが、
また来てくれたら力いっぱい踊るので、見ていってね〜。

あと恋愛の曲のリクエストも女子からもらっているので
「ただしい恋のしかた」という曲も作っています。
来週ぐらいには披露できるといいなー。

そんなかんじで。にゃんしーびよりでした。
今日もたくさん一緒に観て笑って踊ってくれて、ありがとうございました。
また来週会いましょー。

2018-10-18

別府でライブします→「ポエトリー・サラダボウル」

2018年11月3日(土)に大分県別府市
「ポエトリー・サラダボウル」というイベントが開催されます。
https://poetry-saladbowl.jimdofree.com/

正式名称は「ポエトリー・サラダボウル 〜詩にふれよう、詩を読もう〜」。
タイトルのとおり、詩のイベントですね。

詳細はホームページに書いてあるのですが、
概要としてはこんなかんじ↓

イベント概要
開催日 2018年11月3日(土)
時間 12:00〜17:00
会場 別府市社会福祉会館(大分県別府市田の湯町15番40号)
後援 土曜美術社出版販売(詩と思想)
講師・パフォーマー 平川綾真智・瀧村鴉樹・元ヤマサキ深ふゆ・にゃんしー・泉由良
見てのとーり、にゃんしーも呼んでいただいているわけです。
ありがたいことに。
「講師・パフォーマー」という名義になっていますが、
イベント内容は下記のようになっております。
◆ライブ
ゲストパフォーマーによるポエトリーリーディング
12:00 〜13:00
瀧村鴉樹・にゃんしー・元ヤマサキ深ふゆ・泉由良
全国で詩を使ったパフォーマンスをして活躍している表現者が、朗読パフォーマンスを行います。

トーク
詩を朗読で美味しく食べよう
〜現代詩とリーディング・シーン
13:00 〜14:00
平川綾真智 他ゲスト
詩人平川綾真智氏を講師として迎え、ゲストパフォーマーと共に詩と朗読について、トークショーを行います。

ワークショップ【出演参加は要予約・視聴は自由
ポエトリーリーディング・オープンマイク
〜出張「文学極道公式ツイキャス
14:00 〜17:00 頃
瀧村鴉樹メイン MC・平川綾真智・元ヤマサキ深ふゆ 他ゲスト
来場者にステージで自作の詩を朗読してもらい、ゲスト主導で作品を鑑賞・批評します。
会場の様子はツイートキャスティングにてネット配信します。 ※
自作詩枠と即興詩枠の二部構成。即興詩枠については飛び入り参加も可能です。
(2018.11.01追記:ネット配信は中止になったようです)

にゃんしーの役割としては、
ライブでぺけぺけ朗読パフォーマンスをして、
トークでぐだぐだ詩と朗読について話して、
ワークショップで朗読いただいた作品にもだもだコメントをするわけです。
たくさんお仕事をいただき、とてもうれしい。

なお「ポエトリー・サラダボウル」ですが、
「第33回国民文化祭・おおいた2018」の一環になっています。
http://www.oita-kokubunsai.jp/
なのである意味では、国のイベントでもあるわけです。すごE

なにをやろうかなあ、などと考えています。
トークとコメントについてはもちろん真摯にやらせてもらうわけですが、
私が一番がんばらないといけないのは朗読パフォーマンスのほうだと思うので、
そこでなにをやるか、ですよ。

私の朗読は、大きく分けて3種類あります。
1.ふつうの詩の朗読
2.ライブハウス向けのポエトリーリーディング
3.路上でやってるなんだかよくわからないもの
イベントの主旨を考えたら、1か2をやったほうがいいのかなあ、
やるべきなのかなあ、とも思ったのですが、
それは他のひとにもできることだと思うので、
私は私にしかできない、3をやろうと思います。
いつもの、「うたって、おどって、へんなかお」です。
いつもの、すごくたのしいやつ、です。

あんまりこのイベントに気負いはなくて、
詩を広げようとか、そういうことは考えていません。
主宰の人はそう考えているかもしれないし、考えるべきなのかもしれませんが、
私はとても小さな個人であり一人のパフォーマーなので、
その立場でそういうことを考えるのは、おこがましいのかな、と。
なので、ただ楽しんでもらおう、そういうことを考えてやります。
いつもは「半径3mのライブハウス」をうたっているのですけど、
今回はもう少し、範囲を広げて。
たのしいよ。きてみてわらって、楽しんでいってね。

関西以東の住人にとって、別府は決して近くではないので、
「見てみてね」なんて軽いノリではお誘いはできないのですが、
詩を好きな人にとっては、はるばる来る価値のあるイベントだと思います。
オープンマイクではほかにもいいイベントはたくさんある(UPJとかPSJとか)と
思うんですけど、朗読+トーク+オープンマイク+即興+批評、と
これだけ盛りだくさんで、しっかり作られているイベントはなかなかない。
その点、主宰の「大分4F」さんの力だと思います。

たのしいので。たのしくするので。
詩を好きなひと、詩を好きになりたいひと、詩を好きだったひと、
すべてのひとにとって、いいイベントになるようがんばりたいと思います。