Hatena::ブログ(Diary)

今日の一語り(はてな Ver.) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-08-16

館山 中村屋 館山駅前店でモーニングを食べられた( ^-^)

| 23:07 |

2016年8月16日の日記です。

 千葉県房総半島、館山は実はパンの町である。大正8年創業の伝統的なパン屋さんとして館山 中村屋 があり、通称 なかパン として親しまれているが、それを初めとして今やずいぶん、美味しい系のパン屋さんがある。

 館山に行き、それらのパン屋さんを巡り、やはり美味しいなぁと実感したからこそ、館山がパンの町とは自分の実感としても肯ける次第。

 中でも、首都圏のおしゃれなパン屋で美味しいと言われるところは山とあれど、異彩を放つくりあ館山のパン文化を負って立つのが館山中村屋であろう。

 クリームパンは非常に特徴的。西洋的なクリームとは一線を画す、思うに、日本人が西洋のクリームとはかようなものだろうという思いから創造したクリームだと思われる。和菓子的なクリームは衝撃的だ。また、ぶどうパンも、これでもかとレーズンが中に入って、あんパンの餡のごとき量のレーズンは、これは他に類を見ないだろうとか。

 パン自体も、洗練されたという表現は当たらぬものの、その質実剛健な身の詰まった感覚のあるパンはパンチがあると言ってよいだろう。

 ご興味を持った方は一度食べていただきたいと思う。支店が同じ房総だけれどももう少し北の君津市にもあるのでよろしければ。

おいしくて新鮮なパン 館山中村屋

http://www.nakapan.com/index.html

 さて、そんな感じで私が房総、特に南房総にはまり始めた当初から知っている館山中村屋でも本店である館山駅前店で、朝のモーニングが食べられたのが先日。館山の釣りで朝マズメ狙いをした時に、そんな早くに館山にいることは通常できないのだが、その時はできたしだいなのだ。

 館山中村屋、通称なかパンは、喫茶室を併設するパン屋というのがあるのが特徴的。君津のなかパンにもある。

 

f:id:small_editor:20160821230434j:image

 正確にはモーニングを頼んだのは妻。私は小倉トースとを頼んでしまった。小倉トーストと言えば中京圏の特産と思っていたがなぜ?という興味からだが・・・

 こっちのモーニングも少し味見させてもらったし。

 やはり、このモーニングで400円以下は立派。そして、厚切りのトーストは格別に美味しい。そう、なかパンの重厚感あるぱんだからこそ。

 そう、かくなる次第で、館山中村屋館山駅前店でモーニングを食べられたのがとっても幸せだったわけです。

2016-08-15

終戦の日、敗戦後贖罪意識からキリスト者になった元軍人達のストーリーを知って

| 23:15 |

2016年8月15日の日記です。

 今日は終戦の日である。週初めの月曜日、とても忙しい日であったが、忙殺して終戦の日を忘れることなく思い返すことができた。

 昔に比べ、全然生きにくくなって困難増している世相であるが、一応平和である現在を思い返し、その平和を感謝したく思っている次第。

 さて、家に帰ってきてNHKスペシャルを見た。

NHKスペシャル | ふたりの贖罪(しょくざい)〜日本とアメリカ・憎しみを越えて〜

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160815

 太平洋戦争の開戦の火ぶたとなった真珠湾攻撃隊の総指揮官、淵田美津雄さんが、その贖罪の意識からキリスト教の伝道者になり、アメリカを回ったという話であった。そのきっかけとなったのはアメリカ軍人から日本へのキリスト教の宣教者になったジェイコブ・ディシェイザーの影響だったという二人の贖罪とキリスト教のつながりのストーリーであったが、とてもいい話であった。

 戦争というのは、いくら美名の元でも、なにか権力側の利益の対立が主因であることが多かろう。庶民の平和な生活を侵すものでありながら、権力側の利益にはなれど庶民に利する部分はないものであったりするものだ。だからこそ、平和は重要なのだ。

 戦争は大企業なり軍需産業なりに利益をもたらす。だからこそ、大企業含めた権力側には戦争をしたがったりしがちだ。

 戦後、日米の元軍人がキリスト教を通じて、知り合い、伝道者となっていった。戦争が人にとっていいものではない・・・それを実感したからだと思われる。それは大きなメッセージなんではないだろうか。

2016-08-14

館山で早朝、地震を体感

| 20:03 |

 朝マズメ狙いで館山で釣り糸を垂らしていたら、ぐらっときた。

 散歩先でぐらっとというのはあまりないことだが・・・。

 調べてみると、千葉県南東沖での地震だったらしい。

 震度2。

 地元、神奈川県にいたらほぼあまり感じない程度だったが、一番大きな震度が館山で感じられたらしいから奇なる体験

2016-08-13

大切な旧友との会合

| 23:15 |

2016年8月13日の日記です。

 大切な旧友が遠方より関東に来たるとのことで、会うことになっている日。だいたい、このお盆の頃が定例の会合なのだが、先日述べたように私がどうも仕事が忙しくなってしまって、最近とみに忙しいゆえ、昨日の金曜日の夜等で会うべきところを、都合を付けてもらって土曜日の本日の昼間に会合をすることになった次第。

 都合を付けてもらって本当にありがたかったしだいなのだが、というのも、旧知の友とは特に仕事なんかで会合できないという最悪の事態は避けたかったゆえ。

 旧知の友とは特に利害関係なく、忌憚ない会話ができる・・・こういう友は数が多くはないゆえ、本当にありがたいところ。 

 会場は私が手配して、昼間の会合ゆえホテルブッフェにて。

 美味しいものをたんと食べながら、いろいろ話す。こういうのは女子会なんて女性に限られるものではなく、男性だって必要なもの。また、アルコールがなかったが、もちろんそれもOK。男だから飲まなければ本音が出せないなんてナンセンスではなかろうか。

 本当にありがたい会合であった。ありがとう。

2016-08-12

効率的な床屋さん

| 23:15 |

2016年8月12日の日記です。

 私はできるだけ平日に床屋に行きたいと思っている。まぁ、その贅沢ができるのが幸せと思いたいわけで。

 しかして、近年、とみに仕事で忙しく、平日に早く帰って床屋というわけにはいかなかったりする。そういうことで延び延びになってきたが、どうも髪が伸びてしまって格好もつかなくなってきて、また、夏になり髪が伸びると暑くなったりして具合が悪い。

 そして、明日は大事な旧友と会合をする予定があるゆえ、忙しさに取り紛れた格好のつかない格好をしていくのも都合が悪いなぁと、今日は床屋に行きたかった。

 しかし、残業。

 残業をなるべく早めに切り上げて、帰るも・・・

 私が行くような庶民的な伝統的な床屋というのは不思議なところで、19時までと標榜していても18時半には締め切りだったりする。要するに、仕事が終業時間に完了していることが求められ、そもそも定時に帰っても、断られたりするところも多いので、なかなか・・・。

 職場の近くで、20時までと標榜されているところに駆け込もうとするも、残り30分くらいあったのだが、看板を下ろそうと下りてきた主人にすみませんと断られてしまった。

 どうしようと・・・歩いていると、開いている床屋が。 

 それくらい遅くまで開いている床屋は貴重なのかもしれない、20時まで受け付けということなので私は大丈夫だったのだが、その後何人か入って来たので主人もあせったのだろうか・・・

 どこでだってスポーツ刈りを頼む私だが、スポーツ刈りとは丸刈りと違って上の方を少し長めに残す刈り方のようなので、側面はバリカンでやるが、上ははさみでと言うことが多い。

 しかし、このお店はすべてバリカンでやった。あぁ、これはあせっているんだろうなぁと思ったが、それでも、かなりうまい。

 そして、無駄な動きなく、私の髪を短くし格好をそれなりにつけるという目的には最短経路と思しき手際の良さでものの15分ほどで終わった次第。

 定価は定価だから時間をかけてやってもらう方がいいという考え方もあろうが、目的が達成されるのであれば短い時間の方がいいという考え方もある。

 効率的な床屋さん、結構新鮮であった。

2016-08-11

立ち飲み屋で一杯

| 23:34 |

f:id:small_editor:20160811232747j:image

 どうもとてもお酒が安くなっていたので、ついつい入ってしまった昨日。

 伝統的な立ち飲み屋である。最近はおしゃれな立ち飲み屋がおしゃれな街にも増えてきているようだが、ここは伝統的と言ってよいのではないかな、おしゃれではないが安く酔えるというところ。

 週の半ばではほとんど飲まない私だが、休前日の心の緩みか、日々のストレスの鬱積か、二杯ほどいただいて、つまんで、1000円かからないのは素晴らしいが、それでいいのかという後悔、自戒の念も抱きつつ帰途についた休前日の昨日。

2016-08-10

アジの唐揚げ

| 23:12 |

2016年8月10日の日記です。

 先日釣れた金アジと思しき小アジを開いて、内臓・エラを取り、さてどうして食べようかと言うところで最も手軽なのがから揚げである。

 釣ったその日に捌いて次の日に揚げた。

 から揚げと言っても市販のから揚げ粉は使わずに、片栗粉と小麦粉を混ぜたものにシオコショウを振ったアジを入れて比較的低温で長く・・・15分くらい揚げるという方策にて。

f:id:small_editor:20160811122645j:image

 揚げたてが一番美味しい。いやいや、かなり美味しかったが、揚げてから時間が経つと油が出てきておいしさが減じるので食べる文だけ揚げることが肝要と思っている。

 から揚げは、まぁ、揚げ物なので油分は多くなってしまうが、内臓・エラを取ったら全部丸ごと食べられるようになるので、無駄がなくていいのだ。じっくり揚げることにより骨ごと行けるようになるのが素晴らしい。揚げものはメタボな私にとって避けるべきものであろうが、その他のカルシウム等の栄養素を丸ごと行けるので良い部分もある。

2016-08-09

金アジではないだろうか?

| 19:34 |

 昨日語った、ついに釣れたアジ。

 今日テレビを見ていて、東京湾で捕れる金アジに酷似しているのではないかと思った次第。

 口が開いているものがそう思える。

 まぁ、南蛮漬けとかから揚げにして大層美味しくいただいているけれども。もし、そういうブランドアジであればなおうれしい。

2016-08-08

ついにアジが釣れた

| 23:54 |

 先週末も館山に釣りに行ったわけだが、先週とかはすばらしくサバが釣れまくっていたので、またサバが来るんだろうと思っていたら、全然であった。

 あれー、もう釣れないのかなぁと釣り場を離れかけたところで、小アジを釣っている方がいた。

 あれ、釣れるのかなとその場所に寄っていって釣り糸を垂らすと小アジが釣れた。

 え????

 釣れるの???

 要するにアジを釣りたくていろいろ仕掛けも揃えていたのに、全然釣れていなかったのだが、今回は釣れた。

 うれしくなって、一生懸命釣った。

 

f:id:small_editor:20160807233429j:image

 ようやっと釣れたアジ。うれしい。

2016-08-07

ついに25センチ級のサバが釣れた。館山は水産物研究には好立地だと思う次第。

| 15:48 |

f:id:small_editor:20160807130058j:image

先日、25センチ級のサバが釣れた。

先の7月24日の語り:サバの釣果 - 今日の一語り(はてな Ver.)千葉県は館山にて17センチくらいの小サバの中でも大きめのものが釣れたと語っているが、同じく館山にて25センチのサバが釣れてこれはもう小サバというのは大きく、中サバと言ってよいのではないだろうか。

太めのハリスだったため切られなかったが、そうでなければ切られていたであろう。

同じところでサバの成長を観察している感じで夏休みの自由研究をする小学生時代からは30年以上時代が経ったが、今ならとてもよい自由研究ができるのかもしれない。サバの成長の縦断的研究みたいなね(^-^)

かのタレント、さかなクンが館山に住んでいるというのもよく分かる。水産物研究にはとても良いところなんだと思う。内房の魚と外房の魚・・・要は内湾の魚と外洋の魚、どちらもアクセスしやすい位置にあるし、魚研究のためにはとてもよい立地であることが釣りという散歩を通しても分かる次第。

だんだんサバが大きくなっているなぁとか感じながら思った次第。25センチ級のサバだとかなりの引きでびっくりするくらいではあったが。

2016-08-06

広島原爆の日

| 08:35 |

 8月6日、午前8時15分。広島原爆投下の日時である。

 最近、日々の仕事が忙しく、ぐったりしていて忘れかけていた。

 しかし、今日は土曜日である。休みであるため、家でごろごろしていて昨日までの仕事を思い返しつつ引きずりつつというところで、8時15分。鐘と黙祷の音が聞こえた。

 

 妻が、テレビを付けてNHKを映し出してくれたのだ。

 黙祷はしたいという思いが妻にもあったらしい。

 週日であれば、通常通勤途中で、思い出すことも難しいのだが、かように休日においては、夫婦で黙祷を捧ぐ時が多い。

 きちんと思い出させてくれた妻に感謝。

 世の中の情勢もどんどん悪くなり、平和からどんどん遠のいていっているように思われる昨今。平和をきちんと思い返すこの日は大事にしなければならないだろう。

2016-08-05

金曜日の夜のハンバーグ

| 23:12 |

2016年8月5日の日記です。

 金曜日の夜、少し残業して帰途へ。家に帰ると、デミグラスソースに手をかけたという、妻手作りの手間をかけたハンバーグがお出迎えであった。

 本当に疲れ果てた今週、とてもうれしい。美味しい。

f:id:small_editor:20160807162021j:image

 ふぅ。

 

2016-08-04

ジンギスカンが美味しすぎて食べすぎたか

| 23:12 |

2016年8月4日の日記です。

 今日はあまり食材が家になかったようなので、何か食べたしとふるさと納税のお礼の品として北海道浦幌町からもらったジンギスカンとあり合わせの野菜を絡めて炒めた。

材料の下揃えは妻にしてもらった。 

f:id:small_editor:20160806104129j:image

 美味しい。美味しすぎて、ばんばん食べてしまった。食べ過ぎたか。

2016-08-03

マイワシの大きさ

| 23:12 |

2016年8月3日の日記です。

 食べて美味しい、釣れてうれしい魚として筆頭にイワシがある。まぁ、青魚の小魚を釣ることが多いので、その中ではイワシがうれしい。本当はアジが味が良い魚でいいのだろうが、釣れないので仕方がない。サバが多く釣れるが、イワシの方が味が良いと思う。骨もサバに比べると柔らかめなので扱いやすいということがある。

 イワシにも種類があり、数が釣れるシコイワシ、形が大きいマイワシ等あるが、最近、マイワシが釣れたと喜んでいた。

マイワシが釣れた - 今日の一語り(はてな Ver.)

 これは7月第3週の南房総市の白間津で釣った語りだが、その次の第4週に行ったら、同じ時間帯でマイワシではなくてシコイワシがたくさん釣れた。

 一週間でイワシの種類が変わるのも面白いもんだねと思いながら、次の第5週に同地に赴いて同じ時間帯で糸を垂らすとマイワシが釣れた。あ、戻ったの?と思う。

 やはり、生物の動きは読めないから面白い。

 さて、大きいからうれしいというマイワシの大きさはこんな感じ。

f:id:small_editor:20160807204109j:image

 17センチくらいのが釣れたわけで。

 これくらい大きいと、サバが釣れたのかな?と思うくらいの引きだが、サバはこれくらいの大きさになるともっと引きが強いのであるが、体感でそれが瞬時に分かるほどではなく、釣り上げて、あ、イワシだうれしいというようになる次第。

2016-08-02

第3のメーカーのウイスキーで自家製ハイボール

| 23:12 |

2016年8月2日の日記です。

 キリンのウイスキーというのが近年出てきている。ジャパニーズウイスキーといったらニッカとサントリーの二大巨頭。あとは地ウイスキーという時代が長く続いたと思うが、今や第三番目のメーカーとしてキリンがあるように思われる。

 ウイスキーというのは、まぁ、マッサンの例によるとおり時間のかかる製造物であるため、なかなか企業が気軽に参入できるものではないゆえ。

 まぁ、安かったんで買っておいた、樽薫る。

 ハイボールにいいというのでたまに作って飲むのだ。

f:id:small_editor:20160807162022j:image

2016-08-01

離島で釣れたスズメダイを食した

| 23:27 |

先日行った静岡県熱海の沖の初島で釣りをしたら、次のような魚が結構釣れた。

f:id:small_editor:20160801231518j:image

なんだろう・・かような時は聞いてしまうのがいいと、見物に来た方に聞きまくっていたら、どうやら、スズメダイという魚ということが分かった。

スズメダイ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

なるほど、食べることもできそうだということで、調べてみた。

Cpicon 小さなスズメダイの塩焼き by ちこちこイチゴ

なるほどとこのレシピに沿って焼いてみた。

硬い骨が多く、食べるのには最新の注意が必要だ。一気に食べようとすると、鋭いとげが刺さること必定と思われる。子どもとかには食べさせられないよねという感じであるが、骨に気をつけると、食べる部分はかなり少ない。歩留まりがとても悪いといってもいい魚だ。

f:id:small_editor:20160801231519j:image

だから数はあってもそこまで多いというわけでもない。食べられる部分が少ないからね。

でも、味は結構いい。「炙ってかも」とかいう言葉もあるようで、炙ると鴨のような味になるという意味らしいが、まぁ、鴨とはほど遠いと思うが、上品な白身の味は、自分達が釣ったものとは信じがたい。というのも、イワシとかサバとか赤身の魚がほとんどであったからして。

まぁ、ちょびちょび食べながらであるが、数を捌くと結構疲れたので、うれしくなって釣りすぎないことも肝要かと思いつつ。

2016-07-31

手のひらを刺されてかゆい

| 23:48 |

f:id:small_editor:20160731234810j:image

 釣りをしていると、蚊に刺されるのが大問題になってくる。虫除けを塗っていても、塗っていない場所を刺すというパワフルさがあるのだ。

 しかも、手のひらを刺されてえらいかゆい。さすがに手のひらに虫除けは塗っていなかったものの、そこを刺してくるとは敵も然る者。刺しにくい場所ではないのか・・・。

 神経が多く集まっているからかゆみも多いとかのようだけど、なんとかして欲しいくらい。

 麻酔作用のあるリドカインが最大量入っているというウナコーワクールパンチを買いたくなっている。先頃まであったのだが、今は使い切ってしまったため。でも高いなぁ。

2016-07-30

初めて初島に行った

| 23:12 |

2016年7月30日の日記です。

 熱海に投宿したので、さて、どこで遊ぼうかというところで、熱海から30分ほど船に乗り行ける東京から最も近いと言われる離島、初島に行ってきた。

 本当に、30分くらいで着いたので気軽と言えば気軽だが、10時頃の混み合う時間帯の船ではかなりの行列ができて乗れるのかなぁと思ったが、結構キャパのある船であったため、乗れた次第。

 渡ると、なるほど、離島という感じでいい感じ。

 まぁ、目的は釣りであったので、フェリーで着いてその堤防で釣りをしたのだが、歩いて0分で釣り場というのも素晴らしい(^-^)

 リゾートホテルに泊まった熱海宿泊であったが、離島もリゾート感ばりばりでリゾート満載の夏休みということでよかった次第。

f:id:small_editor:20160731232326j:image

2016-07-29

初めての熱海投宿

| 23:12 |

2016年7月29日の日記です。

 熱海とは・・・関東の方々にはおなじみかもしれない。関東で温泉といえば熱海とか箱根とか、その二つが代表的温泉地として君臨してきたからだ。

 まぁ、熱海は静岡県熱海市なので、行政区分的には中部地方になろうが、県境であるから、大都市東京圏の奥座敷としての温泉場として、関東圏の奥座敷に実質なっていた模様である。昭和30年代は新婚旅行の代表的な行き先であったとのことであるから、集団就職東京に集まった労働者の一緒に一度の思い出の地として栄えたということは想像に難くない。

 関東生まれ関東育ちの私は熱海という伝統的温泉場の存在はよく知っていたが、行ったことがなかった。

 というのも、高度経済成長期に、その隆盛を誇った温泉場熱海は私が旅行とかし始めた頃には、どうもすたれた感が否めなかったからだ。

 新幹線の開通等でもっと遠くに行けるようになり、都心から100?程度の近場の熱海はすたれたようなのだが。

 しかして、最近、リゾート地としてふたたび脚光を浴びるようになっているようで・・・そう、今回、初めて投宿したのもリゾートなホテルであったが、なるほど、こういうのも悪くないな・・・でも落ち着かないが・・・という感じを受けてきた。

 海が近く、山のへりに景観重視で立てられたホテルが乱立し、あぁ、これぞリゾートなんだなぁと感じた次第。

 いつも、庶民的でコストパフォーマンスに優れる旅をしてきたが、こうやってお金がかかるが、ザ・リゾートというリゾートらしいリゾート地に行くのも、たまにはいいなと思った次第。

由里りん由里りん 2016/07/30 23:05 熱海はベタな観光地の一つではありますが、ベタにはベタであるがゆえの良さがありますよね♪
私も熱海には2度泊まった事がありまして、この手の観光地としては安いホテルではあったものの、大きいホテルだったので楽しかったです♪
私も旅行代金はケチる傾向がありますが、時々少し贅沢したくなりますよね☆

small_editorsmall_editor 2016/07/31 18:10 由里りん さん、コメントありがとうございます。おぉ、熱海に泊まられたのですね。私は今回は熱海の中心地からは離れた景観重視のリゾートホテルに泊まったので、ベタな雰囲気というよりセレブな雰囲気のところに分不相応に泊まってしまいましたが、由里りん さんは、ベタな雰囲気の中心地に泊まられたのでしょうね。それはそれで、すたれた温泉地の、でも中年には安らぐ雰囲気がありそうでよさげですね(^-^)

2016-07-28

湯河原 飯田商店で美味いらーめん

| 23:12 |

2016年7月28日の日記です。

舛添前都知事の別荘があったということで最近有名になってしまった神奈川県湯河原であるが、伝統的な神奈川県の奥座敷の温泉場であることは変わりはない。

えらく美味しいラーメン屋があると聞いて、以前もそのラーメン屋に来たが、えらく並んでいて断念した思い出がある。

飯田商店というところ。

f:id:small_editor:20160728135504j:image:w640

夏休みを取り、平日の今日、そして、昼の混雑時を外して再チャレンジして入れた次第。5人待ちくらいでラッキー。10分くらいかなぁ、入店まで待ったのも。入店後注文し10分くらいで料理が来た。

f:id:small_editor:20160728141023j:image:w640

ラーメンは化学調味料が入っていないようで、あっさりしているように見えるが鶏の脂ががっちり感じられる美味しいスープ。なるほど、口コミサイトでの評価が高いのも、また、行例も納得できる。

f:id:small_editor:20160728141130j:image:w640

お肉ごはん。素晴らしく美味しいチャーシューのごはん。なんか普通のラーメン屋のチャーシュー丼とは一線を画すきれいなお肉である。チャーシュー丼と言わず、お肉ごはんと称しているのがわかる気がする。フレンチで出てきてもいい感じの上品な味である。

再訪し、宿題店でいただけるのは幸せだなぁと感じつつ。美味しかった次第。

2016-07-27

どん兵衛 東西食べ比べ

| 23:12 |

2016年7月27日の日記です。

 インスタントカップうどんのどん兵衛の東西のカップ麺が売られていたので本日食べ比べてみた。

f:id:small_editor:20160728095035j:image

f:id:small_editor:20160728095036j:image

 西の方が薄めの色だねぇとか感じながら。

 まぁ、やはりというか・・・東日本育ちのせいか、東が美味しいかなぁとか思いつつ。

2016-07-26

最近の瞬間接着剤はなかなかいいね

| 23:58 |

 瞬間接着剤というのはあまり信用を置いてこなかった。

 まぁ、確かにくっつくのだが、粘りがなくパキッと破断してしまう幼き頃使用した瞬間接着剤のイメージが先行していたからだ。

 また、瞬間接着剤は結構固まりやすく、しばらく使わないでいると固まってしまって使い物にならないということもあって。

 だから、普通の接着剤で圧着する時間を長くして対応してきたが、最近補修したいもので、それでは剥がれてしまってどうにもならない事態が生じてきた。

 まぁ、デジカメの滑り止めのゴム部分だったり、メガネのつるのゴムカバーの破損とかの修理(通常の接着剤ではうまくくっつかなかった・・・剥がれたり取れたり・・・)なのである。まぁ、デジカメも古いものだしメガネも古いものだから、新しいのを買えば済むのだが、まだまだ使えるものゆえ直してみようかと。

 ということで、使いきりの瞬間接着剤を買ってみたが、昔とは違っていろいろ工夫されていて、また、液体ではなくゼリー状になっていたりして、なかなかに使い勝手が良い。

 結構見直した次第。

 もちろん破断性は強いだろうから強い力はかけられないにしてもちょっといいかもと思いつつ、技術の進化を感じつつ。

2016-07-25

アジでなくてもいいじゃない

| 23:34 |

 館山で釣りをしていて、まぁ、通りがかりの中年女性とかが「サバしかいない」とか我々を見ながら話していくのを聞いて複雑な気持ちだ。

 確かに、夏の魚といえばアジだろう。昨年はずいぶんアジが釣れたようだが、今シーズンはあまり来ない。

 地元の神奈川県の方だと、やはり、みな、アジ狙いで夜釣りとかしているようだが、あまり釣れている様子はないようだ。横浜大黒海釣り公園とか本牧海釣り公園の釣果報告を見ても全然である。

 しかし、みな、アジを釣りたがっているのが分かる。千葉県の房総の釣り場でも、神奈川の釣り場でも聞く人、聞く人がアジが欲しいと言うからだ。

 アジ信奉は根強いと見た。

 まぁ、初心者の僕らはアジでなくても釣れれば楽しいし、サバなどはなかなかの引き味であり面白いので喜んで釣っているところで前述のような「サバばっか」的な発言を言われると複雑になるのだ。そう、神奈川の横浜・川崎近辺で糸を垂らしてもサバが釣れたら万々歳、サッパくらいがせいぜいだし、それさえ釣れないところから遠征してきているのだから、サバがひっきりなしにかかることだって十分なのであるから。

 一回だけ、豆サイズだけれどもアジを釣ったことがある。神奈川県の川崎でね。調理してみるとさすがに美味しい。サバの比ではない。味が良いからアジと言われたということも理解できる。

 しかして・・・サバしか釣れなくても釣れればうれしいのだ。それくらい神奈川の横浜川崎近辺は難しいところなのだから。房総の館山などはものすごく釣れるところだよね。

f:id:small_editor:20160725233224j:image

 妻が圧力鍋で作ってくれたサバの煮込み。味を変えていくと美味しい。今日の弁当にも入っていたが。

 脂が乗っていなくったって、それでこそ低脂肪高タンパクの良質なタンパク源であると思うし、メタボ世代の私にとってはいいものだと思うよ。

 

2016-07-24

サバの釣果

| 23:20 |

f:id:small_editor:20160724231644j:image

 昨日、館山で妻と二人たくさんサバを釣ったのだが・・・数えてみたら36匹くらいいた。すごい。

 しかも、20僂らいの大きさのものも結構いて、小サバの中でも大きい方なのではないだろうか。

 サバというのはかなりの引き味を見せるのでフィッシングのスポーツ性としてはなかなかに楽しめるものがある。

 味はと言うと、まぁ、そこまで美味しいものではないので、料理の工夫のしがいはあるところだが、本当は楽しんで釣りながら美味しい方がいいのでイワシが釣れて欲しいのだが、なかなかうまくはいかない。

 20僂らいのサバだとまだ引き上げられるが、これ以上大きくなると結構大変かもしれないなぁ。週ごとに成長が感じられるような気がしなくもない。

2016-07-23

高い仕掛けでなくても釣れる時は釣れる

| 23:12 |

2016年7月23日の日記です。

 いやー、週末に入り、今回は千葉県房総半島の南、館山にて糸を垂らした。

 わたし的な釣り史上今までで一番大きなサバを釣りあげて、なかなかに快調。

 わたし的史上最大でもせいぜい20センチ程度だから小サバに分類されるわけだが。

 正午頃、一番の干潮の時でありながら、結構釣れるのは場所がいいからか。普通は干潮時はあまり釣れなくなるんだけど。

 調子よく釣っていて・・・実は、最近、仕掛けは高価な仕掛けが釣れるなぁとか感じながら釣っていたんだよね。高価な仕掛けを大事に使っていた次第だが・・・

 今日はその高価な仕掛けを使っていると思いきや、100円の安い仕掛けを使いながらばしばし釣っていたみたい。思い込みというのは強いものだね。

 高い仕掛けでなくても、魚がいる場所とタイミングさえ合えば、釣れるみたい。

 釣りというのはそんな分からないところが一つの魅力だとは思うのだが。

 

 

2016-07-22

イワシアンチョビ素麺

| 23:12 |

2016年7月22日の日記です。

f:id:small_editor:20160724181356j:image

 先日マイワシを釣ってアンチョビを作ったのだが、美味しくいただくための料理を夫婦で考えつつ、妻が作ってくれたのがこれ。

 アンチョビの素麺。洋風の素麺というのもなかなか良い物だ。美味しかったです。ごちそうさま。

2016-07-21

南房総和田地区の郷土料理、鯨のみぞれ煮

| 23:12 |

2016年7月21日の日記です。

f:id:small_editor:20160724175410j:image

 千葉県南房総市の和田地区は、ツチクジラの沿岸捕鯨がまだ現存しているところとして鯨の町として名高い。

 ツチクジラ自体は夏の間に限定数しか捕獲しないため、かなり貴重なのだが、そのツチクジラのみぞれ煮が、先日和田に行った時に買えた。これがかなり美味しい。

 多分、ツチクジラの端っこの肉の切れ端を煮付けたのが始まりと思われるが、和田の郷土料理としてあるらしい。

 酒のつまみにもいいし、ごはんのおかずとしてもいい。

 とにかく、通常の佃煮のよりも柔らかく複雑な味わいは他では味わえないなぁと美味しくいただいている。

2016-07-20

マイワシのアンチョビ

| 23:12 |

2016年7月20日の日記です。

マイワシが釣れた - 今日の一語り(はてな Ver.)

で語ったように先日はマイワシが釣れたので、オリーブオイルで、アンチョビを作ってみた。

 

f:id:small_editor:20160724174429j:image

 かなりおいしい。イワシを醤油ベースで煮付けるのはいつもやっているが、味が変わっていいものだ。

2016-07-19

青魚のから揚げ

| 23:44 |

 先日、マイワシが釣れたと喜んでいるわけだが、その時のマイワシは6匹くらいだったので、から揚げにすることに。

 あまりに多いとから揚げ用に捌くのが面倒なので(妻がやってくれているのだが)、躊躇するが、これくらいなら、から揚げにするとうまいと思ってね。

f:id:small_editor:20160720001614j:image

 小サバの小さいのも混じっているが、おおむねマイワシの天ぷら

 いやー、揚げたては最高だよね。一杯やりながら、つまんでしまったよ。

 でもね、揚げてから時間が経つと、油っぽくなって美味しくなくなってくるので、南蛮漬けにする次第。

2016-07-18

マイワシが釣れた

| 23:12 |

2016年7月18日の日記です。

 先の土曜日の白間津港での釣果がこちらである。最近は南房総市南端近い白間津港によく行く。

f:id:small_editor:20160720000851j:image

 小サバがたくさん釣れるのは最近よくある事であるし、小サバでも段々大きくなっていて、あぁ、魚も成長しているなぁと実感するわけだが、イワシの方が、おなじみのカタクチイワシ(シコイワシ)かと思いきや、どうしてどうして、マイワシである。マイワシは大きい。小サバと比較しても遜色があまりないし、糸の引き味もサバに近いものがある。

 サバよりもイワシの方が美味しいので、小さくても、カタクチイワシであっても、サバよりもイワシの方が欲しいのだが、なかなか・・・と思っていたら、釣れた。

 うれしい。

 釣った時はカタクチかなぁと思っていたが家に帰ってよく見てみるとマイワシのようでうれしさ倍増。

 今回の釣りでは、隣にいた方が自分たちが終わるからと、アミエビをくれたので撒き餌ができたので釣れたんだなぁと思う。隣の方の寛大さに感謝したい。そして、釣りというのはそういうそれとないコミュニケーションが取れることがあり、それも楽しいもので貴重なものである。ありがとうございます。

 でもね、カタクチイワシは、それこそ鈴なりで6本の針全部にかかったりするのだけれども、マイワシとなるとそうそう疑似餌に食いついてくれない。釣れても1匹単位である(6本の針を垂らしていても)。大きくなると共に賢くなっているんじゃないかなと思う。

2016-07-17

カゴカキダイが釣れた

| 23:55 |

f:id:small_editor:20160717171801j:image:medium

なんかカラフルな熱帯魚風の魚が釣れて、隣の詳しそうな方に聞いたら、カゴカキダイだと。

そもそも食べられる魚目当てで釣りをしていたので食べられるのですか?と聞くと、うーん、食べるよりも家で観賞用かなぁとのことだったので、リリースした。

南房総市は白間津港にて釣ったものだが、白間津は奥が深い。色々釣れるなぁと実感。