smectic_gの日記

2014-07-23

[] 斜張橋の正しい壊し方(アルドノア・ゼロ 第3話)

アルドノア・ゼロシリーズ構成高山カツヒコで脚本が虚淵玄で面白くならないはずがなく,きっちり楽しめている。ただ,長大橋好きとしては第3話で少し気になる描写があった。

途中,敵を水中に落とすために橋に誘い込んで,橋桁を破壊して水中に落下させるわけだけど,その斜張橋が変。

その際の決定的なスクリーンショット

f:id:smectic_g:20140723221200p:image:w640

図にも書いてあるとおり二つ明らかにおかしい点がある。

斜張橋はあの位置に橋脚はいらない

f:id:smectic_g:20140723221202p:image:w640

斜張橋の力の釣り合いはこんなかんじになってる。なので,ケーブルを支える橋脚+主塔と橋桁さえあれば,端が繋がっていなくても斜張橋は成立する。というか,斜張橋を作る時はそれを利用して,まず橋脚と主塔を作ってそれからやじろべえのように橋桁を両端に徐々に伸ばしていって作る。(たとえば,斜張橋,エクストラドーズド橋の架設工法 | 架設工法について | 施工情報 | 一般社団法人 プレストレスト・コンクリート建設業協会 (略称)PC建協

なので,あの位置に支えるべき応力は存在しないので橋脚は要らない。

斜張橋じゃなくて吊り橋だとあの場所に構造物をおいたりするのは意外とあって,それはアンカレッジと呼ばれて吊り橋のメインケーブルを支える役割を有する。南備讃瀬戸大橋と北備讃瀬戸大橋の間にあるアンカレッジがわかり易い例(wikipedia:南備讃瀬戸大橋*1

斜張橋のあの位置の橋桁は壊しちゃダメ

上の力の釣り合いを見れば分かる通り,ケーブルに静的な応力を全部突っ込む吊り橋と違って,斜張橋は橋桁の圧縮応力とケーブルの引張応力の二つで橋桁にかかる荷重を支える。

ケーブルにかかる応力だけを計算すればよかった吊り橋が20世紀初頭からスパン(中央径間)1000m超の橋を連発してたのと比較して,斜張橋は応力の関係が複雑なので,コンピュータによる設計技術の進歩を経てやっとスパン1000m超を達成した斜張橋の違いはここにある。

で,アルドノア・ゼロ 3話の橋桁破壊地点を図にするとこうなる。

f:id:smectic_g:20140723221201p:image:w640

破壊地点が主塔に近すぎる。ちょっと考えれば分かる通り橋桁への圧縮応力は破壊地点から先はなくなってしまうので,破壊地点から先の橋桁はメキメキ壊れて橋全体が崩壊する可能性が高い*2

なので,斜張橋を安全に壊せる場所は主塔と主塔の真ん中と端っこだけということになる。どうでもいいけど,P2でベイブリッジを破壊した場所はちょうど真ん中だったのよね。知ってる人は知っていることらしい。

これも,吊り橋ならメインケーブルにさえ手を付けなければ,ハンガーロープを切ろうが橋桁をどう壊そうが橋の全体的な崩壊にはつながらない。

不要なアンカレッジと言い,吊り橋のはずだったプロットを絵だけ斜張橋に変えちゃったのかなあという気がしてならない。

*1来島海峡大橋のように三連吊り橋ににしてしまえば要らなかったんだろうけど,当時だと設計難しかっただろうし,アンカレッジを置いた島への交通路が必要だったとか色々勘案した結果ああなってるはず

*2:反対側にあるケーブル及び橋桁の張力で支えられる可能性はあるけど,破壊地点があまりにも主塔に近いので支えるには2倍くらい必要だろうけど,安全率2倍も取るかなあと。

2013-12-01

[]「かぐや姫の物語」と苦しみこそが生きている的な発想について

普通に話は原作通りらしいし評判も悪くないので,映像美を見に行こう的な気分でかぐや姫の物語を観に行ったら,主要プロット以外はまったく原作通りじゃなかったので面食らった。以下,ネタバレ全開で不満を書き連ねる。

主要プロットは同じなのに,原作通りじゃないってのがどうやって可能かといえば,全く視点が違っているから。

竹取物語の原作自体は,かぐや姫という異物の周りを取り囲む人間の悲喜劇に焦点を当てているので,実はかぐや姫にはほとんどカメラは寄らない。というか,かぐや姫は存在自体がデウスエクスマキであって,現れたかと思えば,一瞬で成長し,成長したかと思えば,さっさと月へ帰る。

監督がどこぞのインタビューで,かぐや姫の心理がチグハグだと書いていたけど,基本的に人形であるかぐや姫の心理がチグハグと言われても,そりゃそうだろうとしか言い様がない。その心理を描こうとして山での人との交流をオリジナルで付け足してるわけだけど,終わってみれば小学生の時の初恋を後生大事に抱えてる三文芝居に終始してしまう感がひどい。

その意味で,タイトルにあるかぐや姫罪と罰ってのがイマイチよくわからなかった。単純には捨丸との約束を破ったことなんだろうが,それでは三文芝居にも程があるし,最後に月の人として現れるのが,どう見てもお釈迦様的な何かなわけで,そう考えるともう少し仏教的な色付けをすべきに思える。劇中の描写と合わせて普通に考えると,苦しみ迷う事こそが生であると思ったことなんだろう。ただ,その思想に対して,かぐや姫は特に罰されることもなく強制的に記憶を消されて終わる。

仏教は,(自分の理解では)普通に生きている限り四苦から逃れられないとは言っているけど,苦しまない限りは本当の生ではないなんてことは言っていない。

苦しみ迷うことこそが生であると考えたという罪に対して,苦しみと迷いに満ちている人間界に落とされるという罰を受けた。問題は,その罰がなぜか本人の一時的な希望によって解除されるということ。そして,本人は別にその根本思想を見直すことなく,何故か記憶を消されて元の世界に戻っていく。確かに,天上界輪廻からの解脱をしていないという意味では悟れていない境地なのだからそういうことがあってもいいのかもしれないけど,なんか変。

その意味で,本来ならば最後にかぐや姫が月の羽衣を無理やり着せられるシーンは,自ら羽衣を着るべきで,そのような行動が納得できるように心理描写を組み立てるべきだったと思う。ただ,そうしてしまうとあまりにも超然としていて,今の日本人から共感を呼べるキャラクターになれない可能性は高かっただろうが。そもそも,かぐや姫を今の日本人にとって共感を呼べるキャラクターにする必要があるの?という根本的な疑問がある。

それはそれとして,最近の日本のアニメって,苦しみとか痛みこそが生であるってところに落ちつくのが結構あるなって思ってて,フレッシュプリキュアとか,グレンラガンあたりが代表例だと思うけど,安寧な支配と苦渋に満ちた独立で,とりあえず後者を選んだアニメは多数あれど,前者を颯爽と選んだアニメってヴェーダの支配を受け入れたガンダム00くらいしか思いつかない*1。これが一体どんな宗教的な思想に基づいたものかってのがかなり興味がある。キリスト教でも仏教でも神道にも直接にはそういう発想ないと思うので,かなり不思議。

*1:同じガンダムでも,ガンダムSEED DESTINYではDESTINYプランという安寧な支配を拒絶したなあ

2013-02-13

[][]恋と選挙とチョコレート 8話での将棋対局の分析

HDDの容量が心もとなくなってきたのと,寒いから暖房代わり(といってもさほど暖まらないが)に録画のエンコード作業を進めている。その一環で,恋と選挙とチョコレートのエンコをしてたので,見てた時に気になった葉月vs皐月の将棋の件についてまとめていこうと思う。と言っても,当時( )から解釈に何か進展があったわけではないけど。

とりあえず,やり取りを時系列順に並べると次のようになる

先手:東雲皐月
後手:東雲葉月
初手から
▲7六歩
△3四歩
▲2六歩
△(不明)
▲(不明)
△(不明)
▲(不明)
△(不明)
(皐月が葉月を叩いて盤面が崩れる。以後目隠し将棋)
▲4九銀
△1八飛成
▲2六歩
(葉月「まだやるんだ〜?」皐月「あなたこそ,逃げないで」)
△3七桂不成
▲4八飛
(皐月「私が勝ったら,家に帰って母に謝ってください」葉月「あなたが勝ったらね〜」)
△6七桂打(王手)
(葉月「勝てるかしら」)
▲同銀
△4九桂成(王手)
▲6八玉
△4八龍(王手)
(その後いろいろあって両者和解。将棋の結果は有耶無耶に)

先手2六歩としたあたりの先手玉周辺の陣形と最低限持っているはずの持ち駒をその後の展開から推測するとこんな感じになる。

f:id:smectic_g:20130213222024p:image:w300:right

途中の空白の5手じゃ実現不可能なくらい局面が進んでるというのは許すとしても,かなり不思議な局面。特に,4九銀と打たれて1八飛成という展開に目が点になる*1。あと,2六歩がお手伝いにしかなってなさそうなのもよくわからない。

そもそも,後手は多分三間飛車だと思うのだけど,それに対して先手の6六歩,6八銀の形がチグハグ過ぎる。ちなみに,6八銀だと推測できるのは37桂不成に対して5八銀や4八銀じゃなくて4八飛車としたところから。7八銀であれば5八銀でたぶん受かる。それでも苦しいけど,4八飛と飛車を受けに手放すよりはマシ。

話の展開と将棋の展開を並列させると,4八飛と打ったのは将棋的には精一杯のがんばりという手で,このタイミングで皐月が私が勝ったら云々と言うのは,精一杯に強がってる感じが強調されていて,少し苦笑いしてしまう。

その後,王手の連続になって画面でも葉月優勢という感じになるけど,局面は画面の演出以上に散々で,それとなく棋譜がわかると「4八龍 王手(かつ飛車ただ取られ)」がほとんど死刑宣告のように聞こえてかなり気分が滅入る。

将棋の局面としては先手玉は寄りでほとんど望みはないんだけど,4八竜とされた後も必死に考えてる皐月さんがちょっと可愛い。将棋は弱そうだけど。というか,皐月さん目隠し将棋出来るんならそれなりに強いはずなのに,なんでこんなに変な手指してるのか疑問。

*1:普通は香車が1九にいるから龍はここに成れない。居飛車が1八香と手待ちする筋はありえないし,香車がさばけてるという展開は謎。石田流本組っぽい端角に対してつっかけた?

2012-04-08

[][][]堀江由衣に最近はまってしまって危ない

いや,ほんと,最近はしかのように嵌ってしまってヤバイ。ぼーっとしてると,頭の中を堀江由衣の歌が流れるくらいにヤバイ。追加公演に行くと戻れなくなりそうだからと言いつつ,気がつけばアルバムを全部買っていた。怖い。

そこで,なんでこんなに,それも今更になって堀江由衣に嵌ることになってしまったのかという,超にわかファンの戯言を書きたくなった。

1年前くらいまでの堀江由衣に関する自分の認識は,基本的には國府田マリ子 ver 2.0だった。つまり,國府田マリ子的な声優アイドルの完成形としての堀江由衣という認識。で,それに対して自分としては,なんか遠いというか,完璧でつまらないというか,もっと具体的には写真の笑顔が固いとかいろいろと思うことがあったし,2000年代前半(今でもその傾向は強いけど)の自分は,声優が好きだとか,キャラに萌えるとかいうのは品がないと思って嫌う傾向があった。まあ,端的に言うと中2病。

で,その認識が少しずれてきた兆しは,たぶん,バニラソルトでの一人Perfume。その時はネタ消費というか,そこまで強い思いに至らなかったけど,國府田マリ子 ver 2.0という扱いで捉えきれるものではないということが頭の中に少し残った。そして,決定的だったのはインモラリストのPV。そもそも,あれは曲が良かった(というか,ドラゴンクライシスの中ではOPが圧倒的に面白かった)。その上,あの破壊力のあるPV。

これで,私の中の何かが壊れた。そして,かなり久しぶりに堀江由衣のライブ(堀江由衣をめぐる冒険III Secret mission)が開催されると聞いて,軽い気持ちで行こうと決意した。ライブの予習のために堀江由衣をめぐる冒険IIのBDと,「秘密」を購入。これで,さらに壊れ度が加速した。

たぶん,その時仕事があんまりうまくいってなくて,かなり精神的に弱ってたというのもあるとは思うけど,「秘密」の出来が良すぎたからだと全アルバムを購入した後の今でも思う。

そして,ネタバレ禁止中だからあんまり詳しく書かないけど,secret missionも良かった。堀江由衣の観客に対してのホスピタリティに感動したのはもちろん,一人Perfumeを越える仕掛けに,堀江由衣のアイドル的なるものへの飽くなき探求心というか,執念を感じた。

ちょっと前まではアニメ雑誌の写真とかだけをさらっと見てたからか,堀江由衣は「完璧なアイドル」を常に演じているのだと勘違いしてた。でも,実際にはさらにメタな視点でもとらえる必要があって,「完璧なアイドルを演じている普通の女の娘」というポジションをラジオとか,BDのコメンタリーとかではとっていることが多い。というか,常に自分を10mくらい上の方から見つめているような冷静さを感じる。その冷静さと,アイドル的なるものに対する飽くなき探究心が混ざって,不思議な魅力になっていると今は理解してる。

たぶん,どっちの堀江由衣が好きなのか?という問は完全に禅問答なのだと思う。(完璧に演じきったアイドルの象徴としての)の17歳*1の堀江由衣と,30半ばのアイドル的なるものに恋焦がれる普通の女の娘としての堀江由衣。

もちろん,前者の完成度あっての堀江由衣なのだけど,後者の普通の女の娘感というのも,ファンを巻き込んだ大きな物語につながるという意味で,重要だと思う。つまり,ぴえろの魔法少女シリーズのような,普通の女の子が魔法でアイドルに変わるという物語が,きっと,ファンと堀江由衣の間に共有されてる,ライブに行ってそれを強く感じた。アイドルに憧れる女の娘と,その女の子がアイドルでいられる魔法の空間を維持しようとするファンという物語。

この2つの堀江由衣の間を行き来するフワフワした感じ*2。円熟したアイドルってかなり言語矛盾のようだけど,堀江由衣こそはそれなのだと思う*3

堀江由衣をめぐるファンを巻き込んだ大きな物語というのがきっとあるからなのだろうけど,堀江由衣のライブの最後にした三本締めがすごい気持ち良かった。

しかし,自分で書いてて言うのも何だけど,すごい気持ち悪い文章でびっくり。でも,とりあえず吐き出したかった。

*1:といっても,堀江由衣のターゲットは20代前半だったり,Childish Love Worldのように小学生だったりいろいろだけど

*2:堀江由衣をめぐる冒険でほぼ常に複数の堀江由衣が登場するのは,この構造の暗喩なのかもしれない

*3:楽曲の完成度という意味でも,自分の趣味ってのはあるとは思うけど,最近3アルバム(Darling,HONEY JET, 秘密)の完成度はそれ以前を上回っていると感じる。この意味でも円熟感がある。

2012-03-25

[][]女性声優のGoogleサジェスト(調査日 2012-3-25)

表示できません - Yahoo!ニュース

大手検索サイト「グーグル」に実名などの文字を入力して検索する際、途中から予測文字や補足情報を表示する「サジェスト機能」を巡り、日本人男性がプライバシーを侵害されたとして、米国のグーグル本社に表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をしたことが分かった。

こんな記事が出てたので,かねてから不思議だった女性声優を検索すると,軒並み結婚が追加のキーワードとしてサジェストされるという現象が,今どうなっているのかを調べた。

昔は,本当にほとんど全声優で結婚がサジェストされて,そんなに30過ぎの女性が結婚してないのが不思議か!ふざけんなとか思ってたものだが,今検索すると,かなり緩和されてたのでちょっとまじめに調査。

  • 結婚出る
    • 金田朋子
    • 大原さやか
    • 川澄綾子
    • 千葉紗子
    • 豊口めぐみ
    • 能登麻美子
    • 斎藤千和
    • 沖佳苗
    • 名塚佳織
  • 結婚出たりでなかったり
    • ゆかな
    • 堀江由衣(ひらがなだと出現)
    • 折笠富美子
    • 門脇舞以(ひらがなだと出現)
  • 結婚でない
    • 井上喜久子
    • 林原めぐみ
    • 朴路美
    • 後藤邑子
    • 桑島法子
    • 田村ゆかり
    • 釘宮理恵
    • 水樹奈々
    • 小林沙苗
    • 遠藤綾
    • 坂本真綾
    • 伊藤静
    • 中原麻衣
    • 佐藤利奈
    • 福圓美里
    • 小松由佳
    • 藤村歩
    • 白石涼子
    • 清水香里
    • 阿澄佳奈
    • 加藤英美里
    • 藤田咲
    • 井上麻里奈
    • 沢城みゆき
    • 高垣彩陽
    • 牧野由依
    • 下田麻美
    • 小清水亜美
    • 三瓶由布子
    • 豊崎愛生
    • 喜多村英梨
    • 井口裕香
    • 伊瀬茉莉也
    • 花澤香菜
    • 小見川千明
    • 小松未可子
    • 戸松遥
    • 早見沙織
    • 悠木碧
  • サジェスト非表示
    • 田中理恵
    • 平野綾
    • 明坂聡美
    • 竹達彩奈

調べてみて改めて感じたことだけど,意外とサジェストって恣意的に調整してるのねってところで,たぶん,お願いすればサジェスト自体の表示を消したり,キーワードを指定して消せるっぽい(漢字だと出ないけど,ひらがなだと出るとか)。

あと,どんなタイプの声優が出て,どんなタイプが出ないのかというのに関しては,イマイチ傾向がつかめない。結婚してるしてないとも関係ないし,ドル売りしてるしてないともあんまり関係なさそうだし。不思議。


追記

友人から小松由佳がないとは何事ぞと文句言われたので,追加しました。