smectic_gの日記

2014-03-29

[]穴熊の戦い方(初版第1刷) 正誤表

佐藤和俊先生の全戦型対応 穴熊の戦い方 (マイナビ将棋BOOKS)を本屋で立ち読みしたら,これはいいと思って即購入。

序盤の定跡書という形ではなく,中盤の後半から終盤にかけて穴熊を活かすためにはどう戦えばいいのか?ということに的を絞った面白い形式の書籍。方向性としては広瀬先生の広瀬流穴熊 終盤の極意に近いものがあるけど,もっと変化が網羅的で初心者から中級者(つまり自分)がやりがちな,こうやって相手の攻めをお手伝いして負けるんだよねという手順がきっちり書かれていて感動する。これを読んだだけで終盤1手分強くなったような気さえする。

ただ,感動してきっちり読んだからかもしれないが,誤植が多い。というか多すぎる。この本はきっちり売れてきっちり版を重ねてくれると期待しているので,気づいた誤植をまとめてみた。

  • p.48下段1行目 「☗1二歩☖3一玉☗4三馬は」→「☗1二歩☖2一玉☗4三馬は」
  • p.60上段6行目からの記述はミスではないものの,前頁の手順の途中から分岐するので読みにくい。字数の問題で難しいのかも知れないが,出来ればp.60下段1行目からの手順を第4図からの手順で書いてくれたほうがわかりやすい。
  • p.69上段2行目 「第3図は詰めろ」→「第2図は詰めろ」
  • p.166下段2行目 「☖5八歩はあり,☗5六同銀」→「☖5八歩はあり,☗5八同銀」
  • p.178下段6行目 ミスではないものの,「金無双や矢倉と違い」→「穴熊は金無双や矢倉と違い」と補ったほうがはるかに意味が取りやすい
  • p.180 E図 1五歩の向きが逆(先手ではなく後手)
  • p.195 I図 2四の飛車は3四にあるべき
  • p.228 上段3行目 「4二銀の変化も」→「4二銀の変化を」

2013-02-13

[][]恋と選挙とチョコレート 8話での将棋対局の分析

HDDの容量が心もとなくなってきたのと,寒いから暖房代わり(といってもさほど暖まらないが)に録画のエンコード作業を進めている。その一環で,恋と選挙とチョコレートエンコをしてたので,見てた時に気になった葉月vs皐月将棋の件についてまとめていこうと思う。と言っても,当時( )から解釈に何か進展があったわけではないけど。

とりあえず,やり取りを時系列順に並べると次のようになる

先手:東雲皐月
後手:東雲葉月
初手から
▲7六歩
△3四歩
▲2六歩
△(不明)
▲(不明)
△(不明)
▲(不明)
△(不明)
(皐月が葉月を叩いて盤面が崩れる。以後目隠し将棋)
▲4九銀
△1八飛成
▲2六歩
(葉月「まだやるんだ〜?」皐月「あなたこそ,逃げないで」)
△3七桂不成
▲4八飛
(皐月「私が勝ったら,家に帰って母に謝ってください」葉月「あなたが勝ったらね〜」)
△6七桂打(王手)
(葉月「勝てるかしら」)
▲同銀
△4九桂成(王手)
▲6八玉
△4八龍(王手)
(その後いろいろあって両者和解。将棋の結果は有耶無耶に)

先手2六歩としたあたりの先手玉周辺の陣形と最低限持っているはずの持ち駒をその後の展開から推測するとこんな感じになる。

f:id:smectic_g:20130213222024p:image:w300:right

途中の空白の5手じゃ実現不可能なくらい局面が進んでるというのは許すとしても,かなり不思議な局面。特に,4九銀と打たれて1八飛成という展開に目が点になる*1。あと,2六歩がお手伝いにしかなってなさそうなのもよくわからない。

そもそも,後手は多分三間飛車だと思うのだけど,それに対して先手の6六歩,6八銀の形がチグハグ過ぎる。ちなみに,6八銀だと推測できるのは37桂不成に対して5八銀や4八銀じゃなくて4八飛車としたところから。7八銀であれば5八銀でたぶん受かる。それでも苦しいけど,4八飛と飛車を受けに手放すよりはマシ。

話の展開と将棋の展開を並列させると,4八飛と打ったのは将棋的には精一杯のがんばりという手で,このタイミングで皐月が私が勝ったら云々と言うのは,精一杯に強がってる感じが強調されていて,少し苦笑いしてしまう。

その後,王手の連続になって画面でも葉月優勢という感じになるけど,局面は画面の演出以上に散々で,それとなく棋譜がわかると「4八龍 王手(かつ飛車ただ取られ)」がほとんど死刑宣告のように聞こえてかなり気分が滅入る。

将棋の局面としては先手玉は寄りでほとんど望みはないんだけど,4八竜とされた後も必死に考えてる皐月さんがちょっと可愛い。将棋は弱そうだけど。というか,皐月さん目隠し将棋出来るんならそれなりに強いはずなのに,なんでこんなに変な手指してるのか疑問。

*1:普通は香車が1九にいるから龍はここに成れない。居飛車が1八香と手待ちする筋はありえないし,香車がさばけてるという展開は謎。石田流本組っぽい端角に対してつっかけた?