smectic_gの日記

2009-06-22

[]とうとう日本メーカーが本気を出し始めました

まあ,どこでつくってんのか知らないけどな.

シャープ、実売3千円台からの“戦略価格”LED電球 - 家電 Watch

301 Moved Permanently

301 Moved Permanently

しかし,シャープに始まったこの流れはすごい.1年前までは自作の方が圧倒的に安かったけど,3000円を切ってしまうと自作だとペイしないし,東芝の新製品にいたっては効率が80lm/Wを越えだしてるので,素人の回路技術では追いつけない.ただ,明るさ詐称は相変わらず.真下の明るさで比較してるのはわかるけど,ちょっとやり過ぎ.

また,各社ともデザインが似通ってきている.基本的には電球のような形をしていて,根元の方半分にヒダがついていて放熱を図っている.ここまで似ているとどこかのOEM?という感触すらする.しかし,この形状は普通の角度で使うぶんには効率的に放熱できそうだけど,横向きにして使う時には放熱が大丈夫なのだろうか不安になる(自分の家にある洗面台の電灯はそうなってる).

それにしても,ここまで来るとLED電灯としての課題は,電球色にした時の効率の著しい低下くらいになってくるのだろうか.電球LED電灯のメインの使い道は色温度が高いと使いづらいトイレ用の電灯だと思っているので(on/offを繰り返さない限り蛍光灯に対するアドバンテージがないので.ただ,あと3年以内には効率で抜いてしまいそうだが),現在のLED電灯が持つこの特性は痛い.ただ,需要が盛り上がってくればいかようにもなりそう話だから,あまり心配していないけど.

2009-05-03

[]長期ロードテスト

お手洗いの白熱電灯を電球蛍光灯に替えたのはいいのに,つけ始めが暗いので常時つけているという間抜けな状況を改善しようということで,両親にTEPCO製のLED電灯をプレゼントした(301 Moved Permanently).

GWに帰省したので,どうなっているのかを見に行くことに.2月頃にプレゼントしたので,それから3ヶ月くらい使用した状況.が,その色に驚く.電球色を購入したのに,なぜか色がマゼンダっぽい白色.f:id:smectic_g:20090503113743p:image:right:medium

購入直後に色温度も演色性もまあ問題ないことは確認してあるので,たった3ヶ月で劣化したことになる.この手の白色LEDは青発光とその青を吸収して黄色の蛍光を放つ材料の二つで構成されている.計算するとわかるけど(右のスペクトルの模式図参照),右図のグラフはLEDスペクトルの模式図,各グラフの色はそのスペクトルの色を表わしているんだけど,電球色っぽい白色から黄色の成分を少し抜くとちょうどマゼンダっぽい白色になって劣化後のLED電灯にそっくり.つまり,ありがちなことに蛍光体が熱で劣化した模様.別に過酷な条件でもないのになあとため息.

送った時は郵便で送り付けたので,実際についているのを見るのは初めて.60W相当の触れ込みで,全光束としても40Wは確実なスペック.照射パターンもこの商品は比較的電球に近く全方向に出るとはいえ,所詮LEDは下向きが多めになるので明るさに不足は感じない.つけた直後に明るくなるという特徴もあって,両親の照明の使用パターンを使う時だけつけるように改善させることには成功.

これで,蛍光体の劣化さえなければねえとため息.まだLEDの放熱の設計はノウハウが固まっていないんだろうけど,今後の改善に期待したい.

2009-02-04

[]白熱灯何W相当ってのは良くない表記だと思う

今に始まったことでもないのだけど,LED関連のW数詐称がひどい.

たとえば,東芝、40W白熱電球と置き換えられるLED照明とか,スペックを見ると,白色が310 lm,電球色が230 lm.ちなみに,電球の40Wはlm(ルーメン)でいうと何lmですか? - 松下電器、シリカ、... - Yahoo!知恵袋にもあるように,40Wの白熱電球は500 lmくらいなので,半分以下.

ルーメンは全光束なので照射パターンが違うと直接比較は出来ないといってもこれはひどい.直下の明るさが一緒だから40W対応と主張するのなら消費者をバカにしすぎてるとしか言い様がない.

ちなみに,同じ東芝の40W相当の電球蛍光灯(ネオボールZリアル)は440lmから485lm.各社とも全光束は(なんか規格でもあるのかしらないが)ほぼ同じ(コラム:【特集:電球形蛍光灯】[第3回]明るく省エネ性能も高い製品は?で酷評されてる日立も含めて).

これを買うくらいならTOPCOが出してるLED電灯を買えばいいんじゃないかと思う.60W相当とするとだいぶ暗いけど,40W置き換えならちょうどくらい.

2007-12-20

[]白熱電球

東京新聞:ページが見つかりませんでした(TOKYO Web)

良いことだとは思うんですが,電球蛍光灯のつけ始めの輝度を何とかしてからにしてください,もしくは,つけ始めから輝度が安定しているパワーLEDに補助金を出すとか.そうじゃないと,つけ始めが暗いからとトイレの電球をつけっぱなしにするお馬鹿な人が出てくるので.というか,うちの両親ですが.

この運用の場合白熱電灯と蛍光灯の差が5倍だとするとCO2排出は逆に増えてしまう.

しかし,日本の会社がろくなパワーLED出さないのは何でなんだろ.別に技術力に劣っているわけじゃなくて,あまり需要がみえないからなんだろうけど.Creeの一連のシリーズと日亜のパワーLEDを比較すると悔しくなってくる.