Hatena::ブログ(Diary)

南の島の薬剤師 ScrapBook

2011-02-23 (Wed)

メインテート

2011 #15

那覇・南部地区学術講演会 田辺三菱

f:id:sna59717:20090224074630j:image

The Naha Terrace


特別講演】

β遮断薬の選択が患者の予後を変える

増山先生(兵庫医科大学内科学講座循環器内科教授


β遮断薬の心保護効果クラスエフェクトではない。

ACC/AHAおよびESC(欧州心臓病学会)のガイドラインでは

慢性心不全患者に対してメインテート、アーチスト

および日本未発売の1剤のβ遮断薬のみを推奨していて

日本で汎用されているアテノロール(テノーミン)は推奨されていない。


推奨されるβ遮断薬の条件

1.β1選択性

2.ISA(−)内因性交感神経刺激作用

3.MSA(−)膜安定化作用

4.脂溶性が高いもの


心不全におけるβ遮断薬の扱い方

1.急発進× ゆっくり増量していく

2.急ブレーキ× 中断はきわめて危険

3.急ハンドル× 他のβ遮断薬に変更してはいけない


心拍数はメインテートがよく下げる。心拍数は70を切るようにしたい。

除脈の患者にはアーチストを。


メインテートはCOPDへの影響なし。


ノルレボ

緊急避妊薬 承認へ 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2011022202000040.html

f:id:sna59717:20110223070715j:image


レボノルゲストレル(商品名 : ノルレボ錠)

性交から72時間以内に錠剤を飲むことで、妊娠を約80%阻止できる。


日本の人工妊娠中絶数は、2009年度で22万件を超え、出生児数の5分の1強に達する。

承認により、中絶数の抑制が期待されている。