Hatena::ブログ(Diary)

南の島の薬剤師 ScrapBook

2013-02-06 (Wed)

中国で空気清浄機が販売急増

中国で空気清浄機が販売急増 

シャープダイキン…大気汚染の深刻化で

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130205/biz13020518180026-n1.htm

f:id:sna59717:20130207035435g:image 6367 ダイキン工業(株)

http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6367


シャープの中国法人は5日

1月に中国での空気清浄機の売上高が前年同月の3倍に伸びたと明らかにした。

ダイキン工業も販売台数が2・5倍に増えており

中国での大気汚染の深刻化が影響している。


両社は、汚染物質として注目されている直径2・5μm以下の微小粒子状物質

「PM2・5」を99%除去できるとうたった商品を中国で販売している。


シャープは販売増に伴い、上海市内の工場で増産も始めたもようだ。

両社とも具体的な売上高や販売台数は公表していない。(共同)


株価

6753 シャープ(株)

http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6753


シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 KC-A50-W

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 KC-A50-W

PM2.5 PM2.5 大気汚染

H2

「酒に酔いやすくなった」と訴える胃炎患者

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/di/diquiz/ より一部改変

f:id:sna59717:20120429074205j:image 

日経DI 2002年9月から2003年8月号までに掲載された問題集


◆Question

胃炎と診断され、2カ月前から薬物治療を開始した37歳の男性

先生には、胃炎が治るまではお酒を控えるように言われているのですが

付き合いで、どうしても週に1〜2回は飲んでしまいます

それで、先週気付いたのですが、どうもこのところ酔いが早いような気がします。

胃炎が治って胃の調子が良くなると、酔いやすくなるということはあるのでしょうか。


処方せん

ザンタック錠150 2錠

 分2 朝食後・就寝前 14日分

ムコスタ錠100 3錠

 分3 毎食後 14日分


◆服薬指導

酔いやすくなったのは、ザンタックというお薬の影響かもしれません。

ザンタックには、胃の粘膜にあるADHという酵素の働きを

低下させることがわかっています。

ADHは、胃からアルコールが吸収される時に、アルコールを分解します。

ですから、ザンタックを飲んでいると、このADHという酵素が働かずに

アルコールが分解されないので、同じ量を飲んでも

体に吸収されるアルコールが増えて、酔いやすくなるわけです。


◆解説

 飲酒後、胃や小腸から吸収され血中に移行したアルコールは、まず肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)もしくはミクロソームエタノール酸化酵素(MEOS)によってアセトアルデヒドに分解され、次に、肝臓のアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって、アセトアルデヒドが酢酸に変換される。これらの代謝酵素には、構成されるアミノ酸の違いから活性の異なる複数のタイプが存在しており、どのタイプを発現する遺伝子を持っているかが、「酔いやすさ」の個人差の原因である

 さらに、最近になってADHは胃粘膜にも存在し、アルコール代謝に重要役割果たしていることが明らかになっている。胃粘膜ADHは、アルコールが胃粘膜から吸収される際に作用し、血中アルコール濃度の上昇を抑制する。実際、胃切除をした患者が飲酒すると、胃切除をしていない患者に比べて著しく血中アルコール濃度が高まることが確認されている。胃粘膜ADHにも個人差や人種差があり、例えば、一般に男性よりも女性で活性が低く、女性飲酒者にアルコール性肝障害が多い一因とも考えられている。また、ある研究では、米国人では全例(白人11人、黒人7人)で胃粘膜ADHが検出されたのに対し、日本人では3分の2(21人中で14人)でこの酵素が欠損していたと報告されている。

 この胃粘膜ADHは、一部のH2ブロッカーにより、活性が阻害されることが報告されている。具体的には、シメチジン、ラニチジン、ニザチジン(商品名:アシノンほか)にはADH阻害作用があり、ファモチジン、ロキサチジン(商品名:アルタット)には阻害作用が認められていない。阻害の機序は不明だが、阻害活性が認められるH2ブロッカーの分子構造比較により、側鎖部分が関与しているのではないかと推測されている。ADH阻害活性のあるH2ブロッカーを服用していると、胃粘膜ADHが阻害されるため、血中アルコール濃度が上昇しやすく、酩酊状態になりやすくなる。

 ただし、上述の通り、日本人には胃粘膜ADHの欠損例が多く、欠損例では、H2ブロッカーを投与しても影響はない。事実、11人の健常人にシメチジンを2週間投与し、飲酒後の血中アルコール濃度を非投与時と比較した試験では、血中アルコール濃度の上昇が認められたのは4人だけだった。なお、この4人では、シメチジン投与により最高血中アルコール濃度が平均で約2倍上昇していた。

 患者が話す「酒に酔いやすくなった」という現象も、ラニチジンの胃粘膜ADH阻害に起因する可能性がある。だとすれば、従来通りに飲酒していると、期せずして、急性アルコール中毒や肝障害が起こる危険がある。Tさんには、酩酊しやすい原因を説明するとともに、飲酒時は、普段よりも量を減らすようにアドバイスする。また、疑義照会を行い、胃粘膜ADH阻害のないH2ブロッカー等への変更を処方医に提案することも可能である。


夏日

はや夏日、与那国26.6度 那覇も25度

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-202227-storytopic-5.html


暦の上で「立春」の4日、沖縄地方は晴れ間が広がり

最高気温は、与那国町でことし最高の26.6度を記録するなど

各地で「夏日」(25度以上)となった。


沖縄気象台によると、冷たい季節風をもたらす大陸高気圧が

例年と異なり張り出していないのが原因。

宮古島市で26.5度、与那国町で26.5度とことし最高を記録。

沖縄本島は那覇市で25度まで気温が上がった。