Hatena::ブログ(Diary)

スネークアイズの日々 〜八王子のTRPGサークル このページをアンテナに追加

2008年12月22日(月)

アリアンロッド・サガ(1) ルーズ・ソードマスター

TRPGデザイナー……誤解を恐れず言うならば、若手ナンバー1の天才TRPGデザイナーであるところの、矢野俊策小説家デビュー作。

アリアンロッド・サガ〉シリーズの一翼。

アル・イーズデイルの物語。

以前から何度も、繰り返し言うようですが。


GMと小説家は似て非なる職業。良GMは良小説家にあらず。


これが、僕がTRPGライターが書いた小説を読むときに心掛ける。心掛けです。

うっかり忘れると、憤死しそうになるときがあるし(苦笑)。


結果から言えば、矢野俊策のデビュー作は、ライトノベルとして実に読みやすい作品でした。

安心安心。


内容はと言えば、サガ無印の2ヶ月前。

アルとナーシア*1の物語。

一応、アルはナーシアがグラスウェルズの密偵であることを知っていて、グラスウェルズのミッションを働いています。

そうなんだ。

まぁ、サガ無印の段階で、レイウォールに肩入れしているわけじゃないから、別にいいのか。


ただ。

ゲームにすれば面白そうなんですが。小説として読むと……内容はかなり薄味。あまり記憶に残りません。

アルとナーシアが組んで冒険している。

バルムンクの一人と遭遇している。

アルの師匠と、アルの設定廻りひとくさり。

そんな感じ、です。


ラストのエピローグ(?)部分で、サガ無印のオープニングに繋がっちゃってますので、この後、続きはどうするんでしょうか。

サガのセッションは時間経過が早いようなので、その間の語られざるエピソードをやるのかな?

うわー、大変な進行だなぁ。

気になります。

*1ブレイクの主人公。


2006 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
2007 | 03 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |