Hatena::ブログ(Diary)

モトクロスとプログラムと粉砕骨折と RSSフィード Twitter

2012-09-14

[][]JavaScriptとTitaniumではじめる iPhone/Androidアプリプログラミング が発売になりました!

ついに発売になりました。

幾多の夜明けをレッドブル片手に迎え、苦しみぬいたはじめての執筆がようやく形になりました!


『JavaScriptとTitaniumではじめる iPhone/Androidアプリプログラミング 【Titanium Mobile SDK 2.1 & Titanium Studio 2.1 対応】』、いよいよ今日発売です。ありがとうございます。ありがとうございます。



この本はスマートフォンアプリの開発、やってみたいけどどうやっていいか分からないなーという、Webデザイナさんやマークアップエンジニアさん、他の言語で開発されてるプログラマさんなどの、JavaScriptは何となく分かるという方に向けて書いた、Titanium Mobileを使ったスマートフォンアプリ開発の超入門書です。


もうTitanium Mobile使ってて、それなりに動かせるそこのあなた!


著者自ら言う言葉では無いかもしれませんが、この本から新しい発見は無いと思います。もしまだ入手されてないのでしたら、先人達の手によって書かれた良書、緑本黒本をオススメします。

それでも、わたしの生活を支えてくださり、Titanium界隈の活性化を願っていただける方。お買い上げありがとうございます。


目次はこんな感じになっています。


  1. Titanium Mobileのことを知ろう
    1. スマートフォンアプリの開発方法
    2. Titanium Mobileとは
    3. Titanium Mobileが動くしくみ
  2. 開発環境を準備しよう
    1. 開発に必要なもの
    2. Appceleratorへのユーザー登録
    3. Mac OS Xで開発環境を作る
    4. Windowsで開発環境を作る
  3. 使い方を覚えよう
    1. 簡単なアプリを動かしてみよう
    2. もう少し詳しく見てみよう
  4. 開発の基本を覚えよう
    1. 新しいプロジェクトでできること
    2. JavaScriptを書いてみよう
  5. Titanium Mobileでできること
    1. Kitchen Sinkを動かしてみよう
    2. APIリファレンスの使い方
  6. 基本的なパーツを使ってみよう
    1. ラベル
    2. ボタン
    3. スイッチ
    4. オプションダイアログ
    5. テキスト入力
    6. 画像の表示
    7. テーブルビュー
  7. いろいろなデータを扱ってみよう
    1. 地図を使う
    2. Webコンテンツを表示させる
    3. Webサービスとの連携
    4. データベースの使い方
  8. アプリを作る前に知っておこう
    1. 画面を切り替えるには
    2. コードを分割するには
    3. アイコンやスプラッシュスクリーンの設定
    4. アプリの表示名を変更するには
    5. 国際化対応するには
  9. 小さなアプリを作ってみよう
    1. どんなアプリを作る?(Flickrから取得した写真でつくる簡単なフォトフレームを題材にします)
    2. 開発の準備をしよう
    3. アプリを作っていこう
    4. 完成度を高めよう
  10. 実機で動かしてみよう
    1. iPhoneで動かしてみよう
    2. Androidで動かしてみよう
  11. 付録
    1. JavaScriptの基本
    2. プロジェクト・テンプレート
    3. その他のサンプルアプリ
    4. モジュールを組み込む
    5. アプリが動かない!そんなときは
    6. リソース・参考文献

環境構築やTitanium Studioの使い方、プロジェクトを新規作成したときにできるモノの解説などで1/3くらいを占めてます。


それと今回の本、最大の特徴はなんと言ってもカラーです。フルカラーです。企画段階からフルカラーと言われていたので、「そうですか」としか思ってなかったのですが、よく考えたらとてもありがたいことです。


f:id:sngmr:20120914101833j:image:w360


またこれは非常に大事なことなので、書籍の「はじめに」にも書きましたが、ここでも強調させて頂きます。


この本の内容をひと通り読んで実践しても、実用的なスマートフォンアプリケーションを作成できるレベルになるの、すこし難しいです。


この本の最大の目的は、スマートフォンアプリの開発をやってみたいと思われた方に、「おっ。動いた動いた。Titanium Mobile。これは使えるかもしれんね。」と、なんとなくその気になってもらうことです。

インターネットで検索できる情報はとても有益ですが、ある程度Titanium Mobileを知っていないと理解できないことが多々あります。この本でその「ある程度」のレベルまでを埋めて、あとは少しづつの経験を積み重ねることにより、より実用的なTitanium Mobileアプリが作れるようになる、そんな最初の一歩になればいいなと思っています。


もしこの本でTitanium Mobileに興味をもたれ、より突っ込んだことが知りたい!と思われたら、ぜひ「Titanium Mobile ユーザー会」に加入してください。

日本各地で活躍しているTitaniumer(そんな言葉はありませんが)が、英語ドキュメントの翻訳をはじめ、勉強会の開催など色々な活動をしています。一緒にTitanium Mobileで面白いアプリを作っていきましょう。


最後になりましたが、この本を執筆するきっかけを作ってくれたgabuちゃんさん。本当に進まなかった執筆に最後まで付き合って頂いた編集さん。支えてくれた友人知人のみんな。ありがとうございました!感謝!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sngmr/20120914/1347586036