Hatena::ブログ(Diary)

別館・2013年編 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-21

「若者の洋楽離れ」が敗因じゃないよ。

21:40 | 「若者の洋楽離れ」が敗因じゃないよ。を含むブックマーク 「若者の洋楽離れ」が敗因じゃないよ。のブックマークコメント

若い人は「ローリング・ストーンズ」知らない? サントリー、「ストーンズバー」シリーズ打ち止めへ : J-CASTニュース
 
ローリング・ストーンズをイメージしたサントリーのアルコール飲料シリーズ「ストーンズバー」なる商品があったことを、この「生産打ち切り」のニュースで知った。
「生産打ち切り」がニュースになるまで、全く知りませんでしたよ、そんな商品があったこと。
わたし下戸なんで基本的に酒の売り場を覗かないっていうのもあるけどさー、CMさえ見たことなかったな。酒は飲まなくてもCMくらいは目に入ってくるもんなんだけど。
で、今日初めてCMを見たよ。Youtubeで。
 
 
D
 
  
CM出演者はChar、CHABO、加藤&古市、寺岡呼人(JUN SKY WALKER(S))、Number the.、オカモト"MOBY"タクヤ(SCOOBIE DO)、松田晋二THE BACK HORN)、SPECIAL OTHERSザ50回転ズ、栗本ヒロコ(ex. 毛皮のマリーズ)、モーモールルギャバン、在日ファンク、HALCALI黒猫チェルシー、OKAMOTO'S、平畑徹也guckle)、岸本セシル、アート集団Chim↑Pom、放送作家の山本佳宏
 
 
ははっ、こりゃ売れねえや。
印象に残んねえもん。
誰に向けてのCMかわかんない。
20-30代狙いのCMじゃないよ、これ。
CharとかCHABOとかにグッと来る世代はもう50代だろ。
20-30代のマジョリティの心を鷲掴みにするようなキャスト、CM内に誰か居た?
まさかChim↑Pomじゃないよね。
てか、20-30代狙いのCMで、なんでChim↑Pomなわけ。
需要あんのか若者の。
 
Chim↑Pomって、広島上空で「ピカッ」という文字を飛行機で描いて「アート」だと言い張って物議を醸した連中なんですけどね。
非常識で無神経、被曝者の気持ちを考えろと当時、世間様の非難を浴びたのでご存知の方も多いかと存じます。
反社会的だったり、非常識だったり、物議を醸したり、人の心を逆なでしたり、良識的な人の眉をひそめさせたり、そういうものを「あえてやる」ことが「表現」の一手段だってことはわかるので、その点をとやかく言う気は別にないです(手段というか方法論自体が古いとは思うけど)。
が、こいつらは嫌い。中二病臭いから。
「反社会的で非常識なことをあえてやってる俺ら、かっこよくね?」「物議醸してばっかの俺ら、すごくね?」という中二病臭がプンプンしてて、もー臭くて臭くて窒息しそうだから。
なんちゅうかね、手段と目的が入れ替わってる感じがして不愉快なんですよ。
表現したいことがあるからああいうことをやってるんじゃなく、「有名になりたい」が先にあって、その手段として「アート」を選んでる感じがするっていうかね。
 
へーこいつら20-30代に需要あんの。
20-30代のどんな層に需要があるってんだ。
てか誰がこいつら使おうって決めたんだよ。
 
  
「若者の洋楽離れ」ネタの一環として日記書こうと思ったがCMでChim↑Pom見て吹っ飛んだわ。
「若い人はローリングストーンズを知らない」が、この「ストーンズバー」生産打ち切りの理由・敗因だと言われてるが、それだけが理由じゃないだろう。
日本における洋楽黄金期の80年代でさえ、既に若い人はローリングストーンズをよく知らなかった。80年代の時点で既にロック界の重鎮・おっさんバンドだったんでね。一般常識としてストーンズの名前とその代表曲くらいはなんとなーく知ってても、メンバーの名前さえよく知らないという若い子はザラに居た。森高千里に「ストーンズを知らないなんてモグリ」とロックマニアのおじさんにdisられたことを開き直って作った「臭いものにはフタをしろ!」って曲がある(1990年)くらい。
 
だから「若い人はローリングストーンズを知らない」って、何をいまさら〜。
80年代からたいして知られてないよ。
どんなに世界的に大物バンドであっても、洋楽ロックって日本ではごく一部のマニア相手の音楽業界のニッチ産業に過ぎないんだってば。
「洋楽聴いてる俺スゲエ」っていう特権意識と選民意識だけでかろうじて成立してる市場なの。それももう虫の息だけど。
しかもストーンズはかなり世代が限定される物件。なんで20-30代をターゲットにしたんだろう。
ストーンズバー」が売れなかった理由をローリングストーンズに転嫁したらあきまへん。
一番の敗因はそんなニッチなもんを「売れる」と思い込んでたこと。
売る前に気づけ。