【446の暫定猶予的日常記録】

 おおむね酒を呑んで猫とイチャダラするだけで消えてしまう日常の備忘録

09年8月9日(日)

[][]バクの日@嘘喰い

f:id:snow446:20090809052850g:image

■ 「8月9日はばくの日だからよろしくね〜〜〜!!!!」…という宣言を拝見したので、乗ってみました的なネタ絵。しかしメインがばくではなくバクになったあげく、諸々のネタを一気に展開したらば何が何だかサッパリカオス絵に。
…そして多分、求められていたのはこーいうアレじゃないよなぁ(^^;;)

■ で、マレーバク。それまで単体での写真しか見たことがなかったため「せいぜい豚程度の大きさのファンシー系だろう」と思っていたのですが、丁度TVで人といる姿を観たらば、その先入観を裏切るデカさでビビりました。
バクを基準に画像サイズを切ったので、キャラはあえて低い頭身で描いてみたのですが、それでもまだ比率が甘いという…ゴイス野生!<どういうオチだ

■ ソリャそうと、あの発想でいくと8/5は『夜行さんの日』だったのだろうかと?
わーお、乗り損ねた!

[]09/8/9

■ 寝る前に何とか録画時間を確保したものの、今日の録画で確保分が消えてHDDレコーダーの残量が再び1時間を切る罠。
これからまた頑張って明日の分を…<何この無限地獄!?


■ 出勤しようと玄関を出たら、外はゲリラ豪雨で「マジか〜〜〜!!!」と素で絶叫。しかし遅刻するのも困るのでイヤイヤ家を出たらば、腿から下が30秒で速攻ズブどころかゾブ濡れになる水没地獄。しかも隣り駅の勤務地に着いたら雨なぞ微塵も降っていないという現実が、鬱気分を更に増長。

■ 結局、遅番4人のうち3人が集中豪雨の洗礼を受けて濡れ鼠で出勤し、盛大に心折れた状態での勤務を強いられたという…多分、今日笑顔は凄い虚ろだったろうなと思うと、サービス業従事者として猛省。


火だるまになろうが血だるまになろうが、その場の痛みでちょいと主義主張は変わったとしても、人の本質はそう簡単には変わらない。のだ。
あ〜も〜うんざりだ。
もし次に、「やっぱり446さんが言ってた通りでした」とか言われたら、その使っていない耳を千切るか考えていない脳を握りつぶすか…ってのはムリだろうが、多分本気でぶん殴る。


■ とかいう曖昧日常地獄はさておき、12日晩から友人が遊びに来るのに併せて仕事コミケ休みを取ったので、ちょっと呑み遊び惚けてきます。
あと3日頑張って働いたら休みだぜ! ひゃっほ〜い☆(浮かれ絶頂)

[]09/8/7〜8/8

■ 『弱虫ペダル/7巻』

弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)

インターハイ出場メンバーを賭けた合宿。2年生コンビと1年生トリオの、譲れぬ願いと強い意志が熱くぶつかる攻防は、滾る血と滂沱の汗、そして万感の想いがこもる涙と共に、勝者と敗者を明確に分けた。

『みんなが一等賞な運動会』というのは「ねーなー」と思うワケですが、そうしたくなる気持ちが分かる気がした今巻の展開。
それぞれの努力にも願いにも優劣などはなくて、けれど『競技』に挑むがゆえに、勝者と敗者ははっきりと隔てられる。しかしそれは、挑む者全てが最高の速さと強さを渇望するがための決着でもあり…あぅあ〜ん!<女々しい号泣

苦楽を共にし同じ気持ちを抱く仲間と固く繋いだ手と心。けれどそれを握りしめたままではいられない。
そう…一番高い場所に立てるのは、常にたった一人なのだから。
今泉言葉に、その残酷で孤高な未来の片鱗を垣間見た気がします。けれど彼らの情熱勇気、そして同じ高みを目指す同志と認め合ったからこそ通い合えた信頼のかたちを見ていると、それは孤独な断絶などではなく、その悲しみすら越えた先で結ばれる絆なのだとも思えるのです。

…って、あーもー上手く言えね〜っ! 熱くて嬉しくて哀しくて、ひたすらにひたむきに惹かれるこの気持ちを、どう形にすればいいんだ!
とにかく読んで〜!未読の人は読んで〜〜〜!!!


■ 『ちょっと江戸まで/2巻』

ちょっと江戸まで 第2巻 (花とゆめCOMICS)

ちょっと江戸まで 第2巻 (花とゆめCOMICS)

終わらぬ江戸時代のパラレル近代。大身旗本桜井家のお嬢様(なのに艶男フェロモン全開)なそうびと、水戸家の跡継ぎのぼっちゃんの波瀾万丈で温故知新な江戸草紙は、新たな出逢いや既知への理解により、なんとも非的な日常を鮮やかにえがき出し。

細かい考証はさておき、過去現在ハイブリッド文化でいいとこ取りなエピソードが面白楽しく、「次は何をネタに!?」とワクワクさせられる作品です。

前巻スイーツ話の時もスゲェと思いましたが、今巻の瓦版妖怪の話でも、ぼっちゃんの真のセレブ具合に感服させられました。
まだまだ幼稚な部分も大きいですが、ノブレス・オブリージュつか、あの容姿(笑)若さ為政者としての大器を備えているのがゴイス。
そして艶男でありながら美少女でもあるそうびは、T塚歌舞伎団に入団したらエラいことになりそうだよなぁ。
とりあえずぼっちゃまも、頑張って男力を磨いて、そうびを『女の顔』にできるようにならないとね?

助格な従者や正成さんなど『デキる大人』組のさりげな活躍も熱いですなぁ。
特に秘めたる実力と同時に稚気も備える正成さんにはマジで惚れますよ。

どうでもいいですが『大奥キャットファイト』(しかも『また!』って)は、一体何があったのだろうかと気になったり(笑)


■ 『ムダヅモ無き改革/1、2巻』

ムダヅモ無き改革 (近代麻雀コミックス)

ムダヅモ無き改革 (近代麻雀コミックス)

ムダヅモ無き改革 (2) (近代麻雀コミックス)

ムダヅモ無き改革 (2) (近代麻雀コミックス)

国内政治も海外渉外も麻雀で解決! 最強雀鬼なジュンイチロー(元)首相の新たなる敵は、世界最大の宗教組織…どころか、宇宙に顕現した第四帝国!?

そいや1巻の感想を書いてなかったなと…てか今巻もそうなのですが、この作品をどう説明しろと?(^^;;)
無駄に熱くて超絶にデタラメで、最高にオモロ麻雀マンガです…が、コレを『麻雀マンガ』と言ってもいいものか?<いいんじゃね?

あらゆるタブーに挑戦し続け、やらかすだけやらかして、今巻では行き着く所まで行ってしまったというか…しかもアニメ化って、大丈夫か色々な意味で!?
だがその色々振り切れた徹底具合にシビレる憧れるッ!!!
ちうか実物のタローもあんなんだったら良かったのになぁ?<いいか?<少なくとも支持しようという気にはなる(笑)

ユリアの烈女&漢っぷりにも程があるお姉様具合と、メガネっ娘レオノーラ百合百合しい関係にも萌えますなぁ。むぅ、この段に至り燃えだけでなく萌えまでフォローするとは…アニメでもぜひお願いします!

そしてこのタイミングで見たネットニュースで爆笑。ハマり過ぎですよwww