【446の暫定猶予的日常記録】

 おおむね酒を呑んで猫とイチャダラするだけで消えてしまう日常の備忘録

2010年2月17日(水)

[][]舞台裏@嘘喰い

f:id:snow446:20100218060406g:image

■ このネタはフィクションです。実在の建造物等とはいっさい関係ありません。
…てコトで(^^;;)


■ UP時はもう木曜朝なので、今週の180話感想

斑目さんによる『恐喝わらしべ長者編』の続き。
ソレになぞらえると、今は藁を虻に交換した辺りでしょうかね?<このまま続けて屋敷(屋形越え)まで辿り着くかどうかは謎ですが。

■ あらかじめ相手の対応を読み切っていたとしか思えぬ返し方や、重要な証拠品を他でもないマルコに持たせたりするさりげないソツのなさ。
やはり鉄火場(しかも種銭が命)慣れしていない『一般人』相手だと、何枚も上手の斑目さんのやり口の方がえげつなく見えますなぁ<「金……」のくだりなんかは、もう完全に相手を弄んでたものなー(^^;;)
ゲームキャラの『知的強○者』という二つ名は、むしろ斑目さんにこそ差し上げたい(笑)

■ そんな斑目先生』による、梶『生徒』への質問。
たどたどしくも、きちんと梶ちゃんが答え(そして当て)られていたことに、「あー、こんな所に地味な成長具合が…」と感心しました。
と、同時に「あ、一応梶ちゃんを『育てている』という意識(自覚)はあるんだ?」と客観的に捕らえられたりするようなワンシーンだったかなと。

■ …おお、今週は(自分認識力と読解力では)思いっきり『経過』エピソードなので、語る事があまりない(笑)
斑目さんがマスコミの力を使って何をしようというのか…いきなり『Lファイルに綴られた犯罪真相を直球で暴露』とかいう単純な手を打ったりはしない(まぁ犯罪当事者に対して脅威をもたらしたり、ある種の鉄槌を下す展開にはなるかもしれませんが?)だろうので、もうサッパリ先が読めなくてドキワクしますなー。
来週の『番組放映』が楽しみですよ。


■ あ、そいや先週書き忘れていた『目次コメント』の話。
モテるためにやった、やっている事を教えて!』という設問に対し、『お金を稼ぐ事。』というシンプルで、一見下世話にも思える回答をされた先生
私的には「確かに性差を問わず選択できる、最も現実的に手っ取り早く、有効かつ実効的な手段だよなぁ」と妙に感心させられました。

■ と同時に、「でもコリャ使い手の調達能力や、『用途』への想像力と実行力が試される手段だよなー…てかむしろ、コメント受け手はソレを問われているのか?」とか考えたり<微妙に『陰謀マニア』的な『受信』具合?
そして『モテる』を『理想を実現するために』と置き換えると、『嘘喰い』という作品そのものの話でもあるような気もしたり?

■ 今週のコメントは、ご自身のテーマなのでしょうかね?→人にやさしく
つーか、ブルーハーツて懐かしいなぁ。

[]10/2/17

■ うあ、日本酒を買い足すのを忘れてた!(嫌な挨拶


寒い〜!毎日毎日毎日寒いんじゃワレ〜〜〜!!!<どこへともなく絶叫
それを紛らわすためなのか、どうにも明らかに酒量が増しているようで(曖昧記述なのは、後で酒瓶を見てその消費具合から判明するため)、気付くとあっちうまに時間が経過している酩酊具合で、ここ最近の勤務時以外での時間の(自己認識的)消失っぷりがハンパない状況。
未視聴録画分とか、描きかけの何かとかが全く消化されNeeee!!!

■ だが、この極寒状況を脱する(気象予報を信じるならば、来週辺りから春に向け温かくなるらしい)と、今度はヤツら(杉花粉)がやってくるらしい罠…もう布団の中から出たくありません(後ろ向き)


■ 一定期間ごとに、『物事をあまり考えないお馬鹿さん』とのハンディキャップマッチを強いられるのは仕様でしょうか…直裁的な苛立ちよりも、先ずその事実にゲンナリして気力を奪われます。

■ だからね、こちらからその『質問』をされている段階で既に失敗しているのだと気付いて頂きたい。何度も言いますが、機械ってのは君たちが夢見るほどではないにせよ、考えている以上の『仕事』をしているんですよ?<…ってのを『考えて』いないからあの始末なのか…orz


■ あー…何だか諸々ネガティブ・キャンペーン気味なぼやきで陳謝。


■ などという状況での、ささやかな喜び。

■ 「わーお、もしかしたら?」という、期待と思い込みにより成立した(ように、ごく私的に見えているだけの)、概ね一方的なコミニュケーションに小躍りしたり。
この曖昧さから得られる奥ゆかしい距離感に対する愛おしさが、アドベンチャーゲーム脳風味なワビサビつーか?(イミフ

オリジナルは4分近い曲です。
「屈託のない笑顔を見れば 創作意欲もわきあがる〜」…なのです。


■ …うーむ、最終的に『電波系に片足突っ込んだ人の日記』に…(^^;;)