【446の暫定猶予的日常記録】

 おおむね酒を呑んで猫とイチャダラするだけで消えてしまう日常の備忘録

2010年11月24日(水)

[][]点取占い風実話@嘘喰い

f:id:snow446:20101125053248g:image

■ ざっと描きしたら斑目さんの髪型がおかしくなった実話ネタ。

通勤途中に古本屋の店先で先週のYJを見付けたので購入して出勤したら、今日休みの同僚が、わざわざ先週のYJを持ってきてくれておりました。
お気持ちは心の底から有り難いのですが…何で今日? 昨日出勤だったんだから、その時に持ってきてくれていれば…っ!(T▽T)

■ ネタとして一番笑えるのは、その同僚が『キモ冴えてる人』と同じ苗字な所ですかね。気が利いているようで間が悪いというか…<他人様からモノを貰っておいてその言い草か?<いやだってさ〜(^^;;)


■ UP時はもう木曜朝なので、今週の216話感想

■ 『玉虫色は何色?』とか言われると、「一昔前のおっさんが着てるコートの色」という回答が脳内から出てくるのですが、この発想のネタ元があった気がするが思い出せません(小説だったような…)
ちなみにタマムシはこんなん

■ 思い出すと言えば(思い出せてないじゃん!)、AK-47
「そのむやみやたらな頑丈さについてのネタ話があったよなぁ…」と思い出しましたが、どんなんだったっけな?(やっぱり思い出せてない!)
コレじゃなくて、何かスレ抽出的なネタだったんだけどなぁ…。
というか、いまだにミハイル氏がご存命であることに驚きました。


■ とかいう個人的な連想はさておき、『近代兵器で武装したSATにどのように対抗するのか』と思っていたらば、ダイレクトに超近代兵器で対抗してきたなという話(笑)<いやまぁ他にどうしようもないものな、あの状況。
賭郎が事前に配置していたのは、単なる装甲車ではなくADS搭載車輌。
「そいやイラク戦争時に何かでコレの情報を見たっけな」と思い出しましたが、まさかこういう使い方をされるとは。すげぇ。


■ 「ちょうど ここには 立会人がいる」って、「あら こんな所に おハガキが」並みに不自然言葉だよなぁ(笑)
というか、明らかにこの展開を想定して判事を連れてきてるよな、お屋形様は。

■ 場の流れを完全に掌握したお屋形様が持ちかけるのは『悪魔の取引き』。
やりますかねぇ賭郎勝負。てか、やるしかないか?
あえてソコをスルーする展開でも面白そうですが、先週のコメントをコピペしつつ繰り返しますが→ソレでは折角お屋形様が出張ってきた旨味が活かされないので、やはり勝負を希望

■ とはいえ、この流れだと『お屋形様の勝利』は疑う余地がないワケで(逆に、この作品の場合は疑い出すとキリがなくもありますがw)、勝敗そのものに対するハラハラ感は抱けないよなぁとか。
となると後は『どのような勝負で、どのような勝ち方をするか?』という点をどう魅せて頂けるかが楽しみな所です。きっと『判事とタンデムで颯爽登場』のインパクトを越える笑い…もとい華麗なる勝負を拝見できるものと期待しております

■ それにしても。いまだポジションやら役目やら…つーかその存在意義自体が判然としないまま、ただソコにいるだけの南方の空気っぷりが、ある意味この場では最も気になります。早く『仕事』をさせて貰えるといいですね(笑)


■ んー…で。
事後に公表されるであろう『事件の顛末』的な『落とし所』はどうなるのかなと。

スタンダード想像だと、『実は電波ジャックテロ)の黒幕だった副総監が、その露見を怖れ、容疑者捏造して事態の収拾を謀ろうと暴走/ソレを察知した暗謀が副総監の企みを阻止』ということにでもなるのか。

■ あるいは、『(部分的に副総監のシナリオに添って)タワー勝負の敗者を生贄(テロ犯)として事件を収め、その恩をもって副総監を支配下に置き、副総監の権力と人脈もろともを[搦手]として賭郎に呑み込む』というのもアリなのかもなぁとか思ったり。

■ どちらにせよ、そうでないにせよ、限りなく『玉虫色であるこの状況が最後に見せるのは、誰の思いえがいたどのような『色』になるのか。
全てを染めるであろうその『色』を目にする時が待ち遠しいです。


■ そんなマクロな大局はさておき、もう少し身近にリアルな点で気になるのが、その顔や姿を公共電波により晒された泉江さんや黒服の人々。
今後の日常生活が大変そうだよなぁとか…彼らにだって『私生活』はあるだろうに(^^;;)
カールさんは、事後にOAを観た泉江さんから粛正されないといいですね(笑)<ですが、あの『当然の疑問』の投げかけには、自分を含む多くの読者が激しく共感したと思いますよw

■ とりあえず「あの『胸の谷間が見える防弾チョッキ』ってのを考えると、コルセットか、もはやイニシエの『ビキニアーマー』のような形状になるよな?」と。
…ってのをネタゑでやりたかった(いや心の底からな!)のですが、時間が尽きたのでこの感想諸共ここでフェードアウト

■ ここ暫く体感時間の流れ方が異様に早いのですが、次の話を待つ時間の長さに悶えずに済むのが唯一の利点です。
きっとあっちう間に次の話が読めるのさ! わはは!(ヤケ)

[]10/11/24

幼女とかおにゃのことか、何かもっと可愛いモノが描きたいです!
あと、女子のちちしりふともも!<微妙に上記感想の流れを継いでるな?
まぁ、自分で描いたブツでは萌えを自給自足できないんだけどもな…<とかボヤきつつ、八九寺のフィギュアに縋る様な目線を送る(痛)


■ あと大体一週間…一週間!?(愕然) 何で11月は30日までしかないのん!?

■ そいや07年の2月にも、そんなことゆってたっけなぁと思い出し…思えば自分の『ギリギリマスター』な属性は、あの頃の『仕事』を契機に開花したような気がするなぁとか…(遠い目)

(って、アレは『仕事』でコレは『趣味』www一緒にすんなwww) (ごもっとも)


■ 「時間さえあれば、自分もどこか遠くへ行きたいなぁ」と思いましたが、「つーか本質的には『金さえあれば』という話だよな」とか気付いてしまったらば、どんどん遠い目に…働けど働けど…(以下略


■ とかいやさぐれ日常はさておき、『攻殻S.A.C. SSS』が3D化だそうで。
む〜、確かに作中のインターフェースとか、飛び出すタチコマ(笑)とかは激しく観てみたいなと。よし行こう<まだ先の話ですが<きっとあっちう間だよ!(死)

Connection: close