Hatena::ブログ(Diary)

日々のまとめ

2017-05-22 jjug ccc 2017 spring

2017年 5月 20日に行われたjjug ccc 2017 springに参加して来ました。

今回はスピーカとして登壇させていただいたので反省も含めて

自分が登壇したのは「Selenideを使ってみた 〜 ブラウザテスト自動化 〜」というセッションになります。

https://speakerdeck.com/snowhiro/selenidewoshi-tutemita-hurausatesutozi-dong-hua

早口すぎて聞き取りずらかったかなと反省しつつ時間的には1分くらい余りだったのでギリギリでした。

去年のjjugで聞いて見てよかったので自分も使ってその感想を共有したら次の人に繋がるかなと。

今までは聞くオンリーだったけど人に話すとまた違った経験ができたので素晴らしい機会でした。

運営の方々ボランティアの方々には感謝です。

ここからは聞いたセッションと感想

  • 非機能要件とSpring Boot

 アプリを作る時ってどっちかというと機能にばっかり目が行きがちで、非機能要件の部分ってなかなかスポットが当たらないけど必ず必要になるからとても参考になった。IPAが出しているものから選択するという発想はなかったし、spring-bootだと何を使うという具体例があってよかった。

 strutsアプリケーションをspringのアプリへ置き換えた話。大きなリプレースとして実施する方法だけじゃなくて少しずつ載せ替えていくとリスクはすくなる反面

統一性の問題とかも出てくるだろうしきっかけはマルチベンダーっていうことだったけど相当なチャレンジだったんだろうなと思った。

心を切り替える瞬間的な話も面白かった。

  • SpotBugs(FindBugs)による大規模ERPのコード品質改善

 普段お世話になっているfindBugsをフォークしたSpotBugsについてしたが静的解析ツールを利用シーンごとに使い分けるといいんだなと参考になった。

  • 文型さえおさえれば英語を読む力は上がる!

 

 正直な話次が自分の発表だったので緊張して覚えてないですが、スライドをあとでみたら参考になりそうって記憶。

  • SIプロジェクトでよくあるフレームワークのカスタム開発ってまだ必要なの?

 フレームワークチームの役割が作るから、選定になりつつあるっていうのは同意。無から作るよりあるものを利用して手に合うようにいじっていくっていう感じがこれから続くのかなと思ったり思わなかったり。

 

 怖くないのは当たり前かもしれないけど自動化等の事前準備がしっかりできているからだろうなと思って聞いてました。自動化の環境もなくいきなり載せ替えるとかだったら死んでいそう。やっぱり自動化については当たり前にやる必要があるんだなぁと。

  • Engineers can change the world 〜 "世界" で活躍するエンジニアになるために

 I don't understand english

 

 って冗談じゃないけど、英語のスピーカーだとついていけないけどついていなかいといけないんだなと改めて思った。

 jenkinsの川口さんのお話。オープンソースで食べていくには色々な要素を考える必要があるんだなと。

  • 全体

 今回は参加人数が1000人を超える人が来ていたみたい。1000人の人をさばく運営の人にはほんとお疲れ様です。感じです。懇親会が今回は寿司!があるということでいつもより参加者が多かったみたいでパンパンでした。

 今回の登壇のきっかけのセッションをしていたうらがみさんとかに挨拶をしたかったんだけどあまり移動できずに終わってしまった。それは反省。。

秋にまたあるみたいなので参加できるように頑張ろう。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/snowhiro/20170522

2012-09-03 CLR/H 勉強会 clr/h74

9月1日に行われましたCLR/H 勉強会という勉強会に参加してきました。

今回のテーマとしては

エバンジェリスト養成講座 - 西脇 資哲」

Windows 8 Boot Camp CLR/H編 - 荒井 省三」

というのがあり、勉強会とうよりは講師の方の発表を聞くセミナー形式でした。

夕方から予定があったため「エバンジェリスト養成講座」のみでしたが

ためになることを聞くことができたので記録もかねてメモしておきます。

エバンジェリストってそもそもなに?

→ 商品(もの)についてうまく伝える人

・ただの商品説明で終わらない。商品の説明よりも体験などの提案を行う。

・日本のプレゼンテーションというと感想を言うことが多いがアメリカでは

体験を語ることが多い。体験と感想は違う。

プレゼンの成否は伝わったか伝わっていないか。

 たくさんのユーザが参加してくれたとか時間通りに終わったというのは

 重要なことではない。

 

・PPTについて

 詳細な情報を記述しすぎると視点誘導ができなくなってしまうので注意。

 

プレゼンは人数にかかわらずプレゼン

 人数に合わせた構成を考える。

  → 少人数(1,2人)なら大きな紙を用意して話すのもあり。

 

・マイナスの印象を減らす。

  プラスの印象に持っていくのは大変だが、マイナス印象は自分の用意しだいで何とでもなる。

  

プレゼンテーションはデートと同じ。

過程が評価されることもある。

どれだけ相手のことを思って行動したかが評価されるところもある。

→ 逆にやっつけ仕事だとばれる。

・表紙は一番表示されている時間が長い

アピールのチャンス

・裏紙も表示されている時間は長い

・伝えたいことの優先順位をつけて不要なことは記述しない

ほかにも資料について記述の仕方などの説明があったりした。

方法の後に実例がありしてとてもわかりやすかった。

LTで「CrystalMark」の作者の方の新作?

「新世代ディスク情報ツール : CrystalDiskInfo 5 Shizuku Edition」

の雫ちゃんのPRがあったりとなかなか面白い勉強会でした。

A3のポスターで家に張ってくれるかた限定で1名にプレゼントってあったけど

誰も手を挙げていなくて残念そうだった^^;)

素晴らしい勉強会でした。

運営の方&講師の方々に感謝です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/snowhiro/20120903

2011-11-03 TDD 札幌 2.2

久々の日記ですが、札幌で行われましたTDD札幌 2.2に参加してきました。

今回はお話を聞いてくる勉強会というと言うよりは実際にてを動かして行うタイプの勉強会でした。

最初の30分は@shuji_w6eさんが軽くTDDについてのセッションでした。

・テストリストの見つけ方について説明がありました。

そのあとは実践編ということでチームでお題を行なって行ったのですが自分が入ったチームのお題は以下のような感じでした。

閏年の判断をするためのメソッド

FizzBuzz問題

・LruCache(キャッシュ

についての課題をやって行きました。

TDDについての勉強会&実施にやってみるのは初めてだったけど

全く無の状態からテストをやっぱり作成していくのはキツイかなとおもいました。

どっちかというとテスト対象の概要をある程度考えてからその後テストを通していくという感じなのかなと。

これだとテスト駆動ってことにはならなさそうだけど(^^;)

まぁ慣れてきたらまた変わってくるのかなと。

それよりも楽しかったのはチームでのペアプロですね。

普段一人で作業することの多いーディングの作業をペアプロでしかも後ろについてもらって作業するのは久々だったのもあるかもしれないけど、

集中力がだいぶ違う感じでした。

今度機会があったら会社でも取り入れてみようかな。

今回は懇親会に行けなかったけど次は参加したいな。

そんなこんなであっという間な一日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/snowhiro/20111103

2011-01-13 MacBook Air 11インチ欲しい!

MacBook Air 11インチ欲しい!

と書き込むとあたるかもしれないということなので書き込みー

ってRSSを読んでいるとすごい勢いでいろんな人が書いているので難しいかもしれないけど、

あたったらいろいろやってみたいな〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/snowhiro/20110113

2010-01-02 sakuraエディタ 正規表現

[] 10:57

  • すべての文字の場合

 [\d\D]*

  • 対象の文字を残す

 ()で囲って、残す場所を$1とする。(複数ある場合は$1,$2といった具合に増やす)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/snowhiro/20100102