Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-19

【足立区】保木間町

f:id:so102:20171210133832j:image

【消滅した年】1978(昭和53)年

【現在の町名】保木間、西保木間竹の塚

【感想・雑記】足立区ホームページにこんな記事が掲載されていました。

足立区/「保木間」の読み方はどちらが正しいの?

実はわたしも「ほぎま」だとばかり思っていまして、発見したときもほぎまほぎま言っとったわけですわ。地域の人にとっては間違った読み方で騒いでいる怪しい者だったに違いありません。

でも発見したのは旧町名である「保木間町」なわけなので、むしろ正しい読み方だったということが証明されました。したがって正しい読み方で騒いでいるだけの決して怪しい者ではなかったわけですよね。実際はいちいち騒いでいたら、一旧町名あたりにかける時間に響いてしまい数をこなせなくなるので感情は噛み殺しているわけです。

しかし、役所にはこんな問い合わせやクレームが寄せられるんですね。大変だ。読み方をいちいち気にしていたら「町」の読み方が「まち」なのか「ちょう」なのかどっちなんだ!という根本を言い出しかねませんね。その変気にしていたら旧町名は探せないですのでアバウトでよろしいんじゃないでしょうか。

[発見日:平成29年12月10日]

2018-08-30

【足立区】佐野町

f:id:so102:20180218150246j:image:left

【消滅した年】1976(昭和51)年

【現在の町名】佐野、大谷田ほか

【感想・雑記】由来は、このエリアの豪族である千葉勝胤の子、新蔵信胤が佐野家の養子となってこの地に土着して開拓した土地が佐野新田と名付けられたからと言われています。

現町名と比べても「町」の有無のみですし、ましてや割と遅めの消滅という好条件を背景に意気揚々とさがし始めたものの結局1つしか残っていなかったという。

[発見日:平成30年2月18日]

2018-08-22

【足立区】古千谷

f:id:so102:20180506140147j:image:left

【消滅した年】現存(実質的には1995(平成7)年に消滅)

【現在の町名】現存

【感想・雑記】旧町名じゃないじゃん!確かに旧町名ではないんですよ。足立区古千谷は全域が舎人公園なんですが地名としては残っているのです。もちろん住人は0人。この舎人公園造成によって未だに生きながらえている亡霊のような町名が複数残っているのが足立区の喫緊の行政課題なのかもしれません。

以降はこの古千谷が旧町名であることを前提にした話ですが、とにかく町名の変遷のマイナーチェンジっぷりが目を見張ります。

足立区成立の1932年にまず「足立区古千谷町」が誕生します。その後1970年に古千谷町が消滅し、「足立区古千谷」が誕生します。ここまではよくある旧町名の話ですね。なのに1995年に謎の再町名変更が行われます。住居表示の実施はこのタイミングで行われたのですね。その結果誕生したのが現在の「足立区古千谷本町」です。何この「本町」の取って付けた感。

[発見日:平成30年5月6日]

2018-08-15

【足立区】谷在家町

f:id:so102:20180506124300j:image:left

【消滅した年】1987(昭和62)年

【現在の町名】谷在家

【感想・雑記】足立区の西側はとにかく飛び地が入り組んでいてとっちらかっていた影響で住居表示による町域の整理が大変だったみたいですね。その影響なのか、消滅した年も昭和の終わりから平成初頭になっているところが多いように思います。さらに最近までこのエリアは鉄道不毛地帯だったことはあまりに有名ですが、現在は舎人ライナーが通っているどころか、谷在家は駅名にまでなっているのです。

谷在家の由来は、谷に人が家を構えていたから谷在家だの、高野山の谷に住んでいた在家信者が移り住んでいただの言われているようです。そういえばこの近くの埼玉県川口市には領家という町名が存在していますが、何か関係が深そうですね名前的に。

[発見日:平成30年5月6日]

2018-08-13

【足立区】東伊興町

f:id:so102:20100522161228j:image:left

【消滅した年】2001(平成13)年

【現在の町名】東伊興

【感想・雑記】つい最近まで存在していた旧町名ですが、現在の東伊興になるまでのつなぎのような存在だったのかもしれません。

元々は東京23区最後の小字としてあまりにも有名な「伊興町◯◯」シリーズが東伊興町の前の旧町名だったのですが、昭和43年の伊興町土地区画整理事業によって伊興町聖堂、伊興町谷下、伊興町五庵、伊興町白幡、伊興町狭間が消滅して東伊興町が誕生します。

これで終わればよかったのですが、伊興町白幡と伊興町狭間の一部の寺が密集するエリアは区画整理事業の対象ではなかったのでそのまま平成まで町名が存続することになります。この二つの町名の一部分は東伊興町になることなく、平成13年に何の因果かその東伊興町とともに住居表示が実施され東伊興に変更となり同時に消滅となりました。

平成まで残っていた旧町名ということもあって目を瞑ってても見つかるはずですよ。

[発見日:平成22年5月22日]