Hatena::ブログ(Diary)

ニシグチのそれなり考

2013-10-06

チリンチリン♪

17:08

【ええことばやなあ】

他人を変えることに疲れるか

 自分を変えることを楽しむか   

               <詠み人知らず>


チリンチリン♪>


チリンチリン〜♪


お笑いコンビ、チュートリアルの大ヒットねたの、


そうあのチリンチリンです。


自転車のハンドルについてる


あのチリンチリンのことです。




ニシグチのチリンチリン劇場、


       はじまりはじまりぃ〜


んな、大げさな話ではないんですが、、、


このごろと言うより、だいぶ以前から


横断歩道を歩いていると、


後ろから、「チリンチリン」をよく鳴らされるんです。


「こらあ!」って、ことですよね。



ここで、

自転車の歩道通行に関して、

交通ルールやマナー少し整理します。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「」

歩道が設けられている道路においては、

基本的に車道を通行しなければならないが、

法で定められた条件を満たしている場合に限り、

歩道を通行することもできる。


ただし、あくまでも歩道は歩行者優先なので、

自転車で通行するときは、

歩行者の妨げにならないように配慮して

通行するのが、マナーだと理解しています。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


話は戻って、

今朝も後ろから、チリンチリン♪。


この状況での心理的反応、


ニシグチ、25年の変化をたどってみました。


皆さんも、自分を想像してお付き合いいただけたらと思います。


1)「うるさいなあ!ルール知らんのかっ!!」 ややにらみつけることも、、、


2)「ルール知らんのかなあ。でも道は譲らないよ!」何回、鳴らされても譲らない。


3)「ルール知らんのかなあ。若いお姉ちゃんやし先に行かせてあげようかなあ」


4)「どうぞどうぞ。でも、あんまり急いでこけないように注意して行きや」



この変化、「ニシグチ、人間が丸くなったなあ」


って言ってくれる人がいますが、


正直、そう褒められたことでもないんです。


チリンチリン族を認めているわけでも、


許しているわけでもありません。


ただ、1)や2)の心理状態が瞬間ですが、ニシグチ、不幸なんです。


こんな、ルール知らずや、マナーの悪い人たちのせいで、


ほんの瞬間でも、不幸になりたくないんです。


しかしながら、いつの時代もどこにでも


ふとどきものは、いるもんです。


だからこそ、3)や4)の心理に状態になるように


自分で「訓練」したんです。


これって、結構 自分で気に入っていますし、


お勧めですよ。



色んなことで腹の立つことが多い現代です。


コツを覚えれば、人生いろんなシーンで活用できますよ。



ここでもう一度、今号の冒頭のことば*********************


「他人を変えることに疲れるか

   自分を変えることを楽しむか」   

2013-09-02

人っておもしろい!

13:02

【ええことばやなあ】

やりたい人は、できると言い

 

  やりたくない人は、できないと言う



【ニシグチのそれなり考】   

<人って面白い! −人間観察−>

お陰様で、葬儀やエンディングセミナーの講演を依頼されることが増えて来ました。



講演の最後に必ず質問コーナーがあります。

これが、ニシグチにとって実に楽しい時間なんです。

もちろん、

多くの人がどんなことに関心があるのかや

心配や不安は何か、などが分かり、

日頃の市民相談活動の参考になる、というのが基本的にあります。


お話したいのは、少し違うところでおもしろいんです。

それは、人間観察です。

質問する人の性格と言うか、

人間そのものが見えてくるんです。

大きくわけて3〜4パターンあります。


まずは、純粋に聞きたいことを聞く人。

これは、女性に多い。

直球できます。

他の質問の呼び水になります。


ありがたいです。

次に、自分は答えがわかっている。

でも、みんながきっと聞きたがっているであろうと想像して、

それを代表として聞く人。

司会者や主催者に近い立場の人などに多いパターンだ。



ご苦労様です。


こんな人も結構多い。

それは、質問そのものはどうでもよくて

それを聞く前に

「◯◯というのがあると思うんですけど、××は、どうなりますか?」

って聞き方をしてくるタイプのひとです。

この人にとって、××はどうでもいいんです。

講師やまわりの人に

「私には、こんな知識や情報を持っているんだ!」

をアピールしたいのがどうも本音らしい

ってのが見えてきます。



かわいい人です。


犠牲的精神の旺盛な人もいます。

誰も質問をしない空気の時、

話し終えたニシグチの気持をおもんばかって、

無理にでも質問を作り出して聞いてくれる人です。

言うなれば、人間関係調整タイプ。

いつも、人に対して気遣いをするタイプです。



ただただ感謝します。


講演会が終わってから、

個人的にそっと聞きにくる人もいます。

これは、2通りあります。

人に聞かれたくないと言う人と

「そんなこと知らないの」って

思われたくない気持が強いひとです。



よくぞ勇気を出して聞いてくれました。


ニシグチがいつも接している身内や友達も

どれかに当てはまると思えば、

日頃の人間観察も楽しいものである。

 


みんなチャーミングで愛すべき人達です。

花あそび花あそび 2013/10/06 09:07 わたしが当てはまるのもありました。

また、見にきたいブログです(^^)

2013-08-25

ショック! もう一度いいます!!

10:44

比較的、親しい人にショックなこと言われました。

「ニシグチさん、葬儀や仏事の相談だけでなく、葬儀の手配もしはったらええのに!」



もう一度、ちゃんと言います。


ニシグチは、NPO葬儀費用研究会(SOーKEN)の代表理事です。


そして、SOーKENは、優良葬儀社20社以上指導監督しています。



そして、24時間体制で葬儀の手配をしています。


そこんとこ、よろしくお願いします。

2013-08-10

核保有国に告ぐ!

17:02

【ええことばやなあ】

いろんな錯覚があるけど、

一番もったいないのは

「できない」という錯覚



【ニシグチのそれなり考】 

  

 <宗教のやくわり>            


今から20万年ほど昔のヨーロッパ地方にネアンデルタール人が誕生した。

この旧人は、三万年前まで繁栄した。



一方、現代人の祖先(新人)と考えられるクロマニョン人は、

10万年前には存在していたと考えられている。



つまり、5万年以上にわたって2種類の人類が共存していた。

我々には、別の種類の人間が存在する状況は想像しにくい。

石器などの研究によると両者は相互に文化的影響を及ぼしたらしい。



しかし、3万年前を境にネアンデルタール人は姿を消してしまった。

なぜ姿を消したか、考古学上の謎になっている。



ある生物学者によると、「利己的に振る舞う種と紳士的な種が

生存競争をすると利己的な種が生き延びる」と言うことらしい。



この話を2種類の人類に当てはめると、新人(クロマニョン人

が利己的だったことになる。



何万年がかりの壮大な歴史に刻まれた

業の深さを現代人が引きずっているのは真実であろう。



「核」まで手にしてしまった人類を謙虚にさせるのは、

唯一「本当の宗教」しかないはずである。



宗教の役割ってそんなところにあると、



ニシグチは考えます。



まちがっても、

争い(戦争)を正当化するための道具に使ってはならない。

2013-07-29

へんな趣味

09:32

ニシグチ、へんなコレクションがあります。

英語では、あなたはYOU、わたしはIですよね。

ほかの表現、知らないだけかも、、、ですが、、、


この一人称、二人称ですが、

日本には、方言をふくめて、また時代もさかのぼればたくさんあります。

今までのニシグチコレクションを披露します。


●一人称 

・わたし ・わたくし ・おれ ・ぼく ・うち ・わがはい ・じぶん ・わん

・あたし ・わし ・わい ・わて ・わらわ ・うっとこ(家族を指すこともある)

・わえ ・おら ・うら ・みども ・あて ・あっし ・せっしゃ ・おいら 

・おいどん ・おらっち ・それがし ・わん ・あたい ・わちき 

・あちき ・まろ ・よ ・てまえ ・わだす ・しょうせい 

・ちん(日本で一人しか使えない) ・ミー(おそ松くんに出てくるイヤミが使っていた)

二人称

・あなた ・おまえ ・あんた ・きみ ・そなた ・おたく(今や違う意味で国際語?)

・じぶん(関西独特) ・かのじょ(飲み屋のママがよく二人称使いをする) ・おうち

・きでん ・あんさん ・てめえ ・われ ・おてまえ ・きこう ・きさま ・おまん・おまはん ・おはん ・なんじ ・うぬ ・おたく ・そこもと ・そち ・おぬし

・おのれ ・おんどれ(ニシグチの地元でよく見かける上品?なおあ兄さんがよく使う)

・おまんさー(鹿児島) ・おんし ・にし(会津地方)

最後の「にし」は、最近 大河ドラマ八重の桜」からです。

   もっと集めたいので、ご協力ください。