Hatena::ブログ(Diary)

Erectile Dysfunction 〜消沈気味な丸山の日常〜

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
所属サークル
tri-bute cafe

2011-02-23

やっぱりまぁ全然日記になんてならないわけで

週記にならないだけマシということにしましょう。はい。



iPod Touchは予定通り8GBを購入。

コジマで19500円だったのを端数切らせて19000円で購入。


最初アプリ入れまくってやっべえこれ容量8GB足りねーんじゃねーのおいおいって思ってたけど

現時点で既に全然触ってない(Touchなのに)ので購入時の俺は先見が出来てたんだなーと感心するばかりです。嘘です。


購入目的がほとんど「スマフォで音ゲーをやるため」だったんで、めぼしい物をガンガン落としてみました。

・jubeat plus(無料)

・太鼓の達人(無料)

・DDR strike(無料)

・tap tap revenger4(無料)

・RHYTHM TAP FREE(無料)

・Rhythm stage(無料)

・AeroGuiter free(無料)

・Rhythm control(230円)


基本的に無料アプリだけで、最後のだけはどうしても気になってたので購入。

まぁこれでケチってたらTouchを買った最大の目的を果たせないわけで、実に本末転倒でございますね。



以下簡易レビュー。


◆Jubeat plus

この小さな画面でやらせるなよ!

iPadで出来るものをiPhoneでも、って事だったんだろうけど、iPhoneアプリ単体で見たらクソゲーもいいところ。

せめて9マスにするとかさぁ。いや手間が相当かかるだろうから無理だろうけども。

iPad版は当然ながら面白いです。


◆太鼓の達人

叩くところが大きくてやりやすい。いえjubeatを皮肉ったわけでは無いですようふふ

ビーマニシリーズやり過ぎたせいかも知れないけど、やっぱり1ラインってやりごたえ無いかなと。

オブジェが実質二つしか無いのも初心者向けなんだろうけど、それでも。


◆DDR Strike

矢印が重なるところでタップするんだろうなーと思ったらとんだ勘違いだったよ!

画面の下の方にある十字型に配置された矢印をタップするのですね。

PSコントローラでやるDDRは全く楽しくなかったんだけど、それと同じ感想。

せめてタップしたときに音でも出たら楽しかったのかも知れない。


◆tap tap revenger4

簡単に言うとキー音無しの3ラインビーマニ。

キー音無いし、タップしたときの反応も微妙で面白くないです。

しかも曲が短いのと長いのがあって(30秒があったり5分があったり)バランスが悪い…

これで人気あるのかー そうかー うーん


◆RHYTHM TAP FREE

セガの音ゲー。

これだけで嫌な予感が頭を過るのですが 結構好きですこのゲームシステム。

基本的にはオブジェの種類が1つしか無い太鼓の達人。

でもこれがすごいのは「振動」を感知するようになってるんで、本体を例えば座布団の上に置いてリズムに合わせて座布団をたたく!という極めて斬新な楽しみ方が出来るのが高ポイントです。


◆Rhythm stage

初音ミクのProject DIVAのタッチ板みたいなゲーム。

でも画面のデザインが無機質だし、オブジェが出てくるところは決まってるしで やりにくいビーマニになっちゃってるのが残念。

もうちょっとオリジナリティってかを出していかないと埋もれる…


◆AeroGuiter free

5.1.1や宿敵KAMIKAZEの作者、nagureoこと南雲玲生さんの会社、ユードーのゲーム。

システムは3ライン太鼓の達人。操作はタップと上フリックと下フリック。

フツー。極めてフツー。コメントもし辛い。

別にフリック楽しくなかったのはギター好きじゃないせいかな…


◆Rhythm control

230円!!!!

6ボタンの見やすいjubeatって感じでしょーか。正直jubeatより面白いと思います。

jubeatの最大の難点はオブジェが高速で出現するせいで見づらい、って事なんですけども、この作品は見事にそれを解消しているシステムなわけです。

しかもちょっと見づらくはなるけど、jubeatには無い"連打"の要素も取り入れることが出来るインターフェースなのがぐっど。

難点は曲数が少ないこと(現時点で13曲)、あんまり好きな曲が無いこと、タップしたときに音が出ないこと。

まぁ230円にしては十分な出来なので今回紹介した中で一番おすすめだったりします。




総評:リフレクビート面白い!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soa2/20110223/1298488966