Hatena::ブログ(Diary)

sobasobasobaの備忘録

2013-12-31

Sublime Text 2 にて、パッケージをアンインストールする方法

| 20:33

  1. Tools > Command Palette を選択
  2. 出てきた入力欄に remove を入力し、候補に挙がってくる Package Control: Remove Package を選択
  3. インストールされているパッケージ一覧が表示されるので、削除したいパッケージを選択

Sublime Text 2 に、 EmacsKillRing パッケージをインストール

| 20:32

Sublime Text 2 にて、 emacs キーバインドを使おうと思い Sublemacspro をインストールしたが、 Ctrl+k の挙動が少し emacs と異なっていた。Ctrl+k は一行分しかバッファにたまらない模様。

そこで、EmacsKillRing パッケージをインストールして、Ctrl+k の挙動を emacs と同じにするようにした。

  • C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\User 以下に、EmacsKillRing.py を配置
  • C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\User\Default (Windows).sublime-keymap にて、以下を挿入
    // EmacsKillRing
    // https://github.com/stiang/EmacsKillRing
    {"keys": ["ctrl+w"], "command": "expand_selection", "args": {"to": "word"} },
    {"keys": ["ctrl+k"], "command": "emacs_kill_line" },
    {"keys": ["ctrl+y"], "command": "paste" },
    {"keys": ["ctrl+space"], "command": "emacs_set_mark" },
    {"keys": ["ctrl+w"], "command": "emacs_kill_to_mark" },
    {"keys": ["alt+w"], "command": "emacs_kill_ring_save" },
    //ctrl + g で、コマンドのキャンセルが効かなくなるため、以下はコメントアウト
    //{"keys": ["ctrl+g"], "command": "cancel_mark" }

Sublime Text 2 で、 emacs キーバインドを使う

| 20:31

    • View > Show Console を選択し、出てきた入力画面で以下を入力
import urllib2,os; pf='Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); os.makedirs( ipp ) if not os.path.exists(ipp) else None; urllib2.install_opener( urllib2.build_opener( urllib2.ProxyHandler( ))); open( os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write( urllib2.urlopen( 'http://sublime.wbond.net/’ +pf.replace( ' ','%20' )).read()); print( 'Please restart Sublime Text to finish installation')
    • Tools > Command Palette を選択し、出てきた入力画面で install を入力
[
    {"keys": ["ctrl+m"], "command": "insert", "args": {"characters": "\n"}},
    {"keys": ["ctrl+shift+-"], "command": "redo"}
]
  • このほか、以下も入れたら便利だった
    • IMESupport for Sublime Text 2: 日本語をインライン入力できるようにする

Sublime Text 2 の設定ファイル

| 20:28

  • C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\User 以下の、Preferences.sublime-settings が設定ファイルとなる。
  • 自分は、以下のとおりに書き換えた。
{
    // タブをスペースに変換
    "translate_tabs_to_spaces": true,
    
    // () ,[]内のインデントを揃える
    "indent_to_bracket": true,
    
    // 空行のインデントは取り除かない
    "trim_automatic_white_space": false,
    
    // カーソルがある行をハイライトする
    "highlight_line": true,
    
    // スペースを表示する
    "draw_white_space": "all",
    
    // ファイルの最終行を、改行で終わらせる
    "ensure_newline_at_eof_on_save": true,
    
    // デフォルトの改行コード
    "default_line_ending": "unix",
    
    // タイトルバーにフルパスを表示しない
    "show_full_path": false
}