Hatena::ブログ(Diary)

ソーシャルとスマホとコミュニケーション このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-03-30 株式会社ダンクソフトとサテライトオフィス、ノマド このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

株式会社ダンクソフトと言う会社が夜のニュースで取り上げられていました。

東京にオフィスがあるのですが、サテライトオフィスを徳島に置いているのです。
(他にも別のいくつかの企業名が出ていましたが失念…)

徳島のサテライトオフィスで作業や生活をする映像がありましたが、
いかにも「田舎の民家」のような場所で生活をしていました。

その中に大き目のスクリーンやアップルのMacbookで作業をしていたり、
河川の石?の上に何人も座りながらやはりMacbookで作業していたりと、
「ノマド」って究極形態のような雰囲気すら感じました。
ノマドもいずれは海で釣りをしながらiPadを横に置いて作業したりするようになるのでしょうか。

さてさて、彼らがなぜ徳島をサテライトオフィスの地に選んだのかというと。
「回線速度が速い」んだそうですね。ユーザーが集中しないんだと。
東京だとユーザーが集中してしまうが、徳島は何でもインフラ、
ネットワークの設備が他の県よりも進んでいるんだとか。
おかげで5倍とか、それくらいの速度が実現できるようなのです。

他にも徳島サテライトオフィスのメリットとしては地方の若者の雇用にもつながるなどがありそうです。

私は見ていて、徳島のこういった実態は初めて知りましたし、
回線の設備強化は全国でもぜひ進めて欲しいと感じました。

もしこれが進めば、やはりエンジニアの雇用の増加はもちろん、
東京限定のノマド族は地方に出るでしょうし、
潜在的にノマドをやりたいと思う人が本格的に会社を辞めて独立するでしょう。
ノマドをやりたくてもやれなかった人たちが増えると思うのです。

ノマド数が増えればノマド同士の横の繋がりができ、
やがてノマドのチームのようなものができ、ノマド特区の街ができ、
などの動きに繋がりそうです。

もちろん中には収入確保ができず淘汰され、企業に戻る元ノマドもでてくるでしょうが、
彼が潜在的ノマドである事は変わらず、何年かして再びノマドに返り咲くなんて事もあるかも知れない。
ですが実はそういった事も少ないと思います。
なぜなら、制作開発の仕事は社内外に大量にありますが、
ノマドが増えて1社当たりの人数が減ってもノマドが増えた分彼らに委託すればよいからです。
企業からすれば法人税が減る可能性がありますが、開発リーダーの方は予算管理が大変かもですね。

ノマド、ノマド言い過ぎてノマドがゲシュタルト崩壊しそうですが、
ダンクソフト社の試みや徳島のインフラ整備は、全国的な動きに昇華されていって欲しいと思います。

Connection: close