社会学的ラブソング

2016-03-26

うどんにバター

今日のお昼はおうどん、SODAのダイちゃんレシピ焼きうどん
イングリッシュブレックファーストうどんか・・・。
後者になったのですが。
f:id:sociologicls:20160326210326j:image
あっさり薄い色のおだしで卵とろっとろの方がバター感があって
よかったかも。。。
おだしは味の素HPレシピで作ったのだが、濃かった。

・SODA
 結局ダイちゃんレシピでもおうどんバター、からは逃れられないので
 あった。
 大泉洋大野くんの次のページというのがお素晴らしい、
 というか未だに「どうでしょう」とのギャップに「ふええ・・・」となる。
ギターマガジン
 怒髪天あるしぃ、と買ったらビンテージエフェクター連載の試奏が
 今回も名越さんだった。
 うれしい。
 動画も観て来なければ。
 (Z.VEX試奏のCDはまだ聴けていない。。。)
 友康さんの笑顔が見えるようなインタビューだなァ。
 「天誅コア」は人力でも歪ませているのか。歪みは奥が深い。
 兄ィがギター練習してる話も少し。
 最近は練習されてないっぽい・・・兄ィ、一緒に頑張りましょう!
 兄ィが頑張ってはったら私も頑張れる!たぶんだけど!
 インタビュー最後に「今回のアルバム耳コピしてそれを録ったCD
 なんかを渡してくれたら嬉しい」と仰っていて
 関東怒セッションギタリストさんに「ギタマガ見て挑戦してー!」と
 呟いてきた。
 ほんとに挑戦して聴かせて差し上げて頂きたい。
 つべじゃなく録音で、というのが”らしい”ような。
 あと女性ギタリスト特集が面白かった。
 解説の締めで音楽性より女性であることが強調されていた風潮が
 あったが今はそうした偏見も無くなりつつあるというような話が
 出ているが、果たしてそれはどうだろうか。
ベースマガジン
 シミさんの長年の相棒が。
 笑顔の時も、我我は知らない辛い時も一緒だったんだなぁ。
 ほぼこれ1本っていうのが凄いなぁ。
 運命の出会いだよなぁ。
 シミさんの「遊んでる」っていう言い方が好きだ。(突然どうした)
 ライブでも「遊ぼうぜー!」って仰るのが大好きだ。
 好きだぜー!
 凄く一体感があるような、でもバンドも客も其其の意思があるような。
 それはさておき、グラビアっぽい写真多くね?
 いっそ丸山くんのグラビア込みで載せろやあああ(またかよ)
MUSICA
 なんだかんだでインタビューライブレポで「戦略とかあるんかも
 しれんが、そんなん抜きで音楽やれてる事が幸せです!」って
 気持ちが溢れてるように読めるアーティストがよいな。
 WANIMAとか星野源とか。
 うんうん悩むのはTOSHI-LOWさんだけで十分かも。
 だけってこたぁないか。
 今更だけどMUSICAって音楽雑誌というよりZINなのかもなぁ、と思った。
 や、音楽雑誌音楽雑誌ですけど。
 何となく存在する”内輪感”が。
 内輪感だけど一部大手事務所とは仲良いんだろうなーっと。

ゲスゲス。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sociologicls/20160326/1458993682