Hatena::ブログ(Diary)

旦那の受け売り 時々 妻 ブログ

人気ブログランキングへ

2014-11-04

ノースフェイスのキャリーバッグ(機内持込)OVERHEAD(オーバーヘッド)を購入しました!感想レポ1

| 09:09

f:id:softcandy:20141104083119j:image

先日、ノースフェイスのキャリーバッグSHUTTLE ROLLER (シャトルローラー)とOVERHEAD(オーバーヘッド)を見比べたわけですが、結局、OVERHEAD(オーバーヘッド)を購入しました。

f:id:softcandy:20141104083227j:image

いちばん気に入った点はキャリーバッグを横にしなくても、中身が取り出せるところです。

例えば新幹線の中で「アレを取り出したい」となったときにも、バッグを立てたままサッと取り出せます。

またサイズも新幹線の足元に置けなくもない大きさなのもいいですね。

飛行機に乗ることがほとんどないので機内持込サイズにこだわらないようにしようと思いましたが、いざってときに使えないのも不便だと思い、機内持込サイズも考慮しました。

f:id:softcandy:20141104083557j:image

それからノースフェイスをはじめとするアウトドア系のブランドを選んで良いと思う点は、布が丈夫なだけでなく、ファスナーまわりでも実感することができます。

開け閉めがすごくしやすい!これはすごく大事。

持ち手の部分も、とても握りやすく、一部がメッシュになっていたり細かい工夫が見られます。

これなら階段で運ぶときも、持ち上げやすそう。

(ノースフェイス) THE NORTH FACE『Overhead』 (ONE SIZE, ブラック)

常にPCが手放せないビジネスマンにとっては、パッド入りのPCスリーブは不可欠な機能。このオーバーヘッドは、PCはもちろん書類やその他こまごまとした荷物もスマートに整理して収納できるのが特徴です。またキャリーバッグの重要部分であるハンドル、ホイール類のクオリティの高さは、僻地への遠征をサポートしてきたアウトドアブランドならでは。ほとんどの航空会社で機内持ち込み可能なコンパクトサイズです。

※ハンドル長の段階調節不可(最大に伸ばした状態でのみ使用可能)

Fabric】 420Dナイロン、1200Dポリエステル、TPEファブリックラミネート

【Function】 ほとんどの航空会社で機内持ち込みできるサイズのローリングダッフル/コンプレッションストラップの付いたメインコンパートメント内部/パッド入りのPCスリーブとオーガナイザーがついた第2コンパートメント/書類を入れることができるフロントポケット/左右どちらのボタンでも作動するテレスコープハンドル/ボトム、トップ、サイドにキャリーハンドルつき/本体にコンプレッションストラップつき/ネームカードウィンドウ

【原産国】 ベトナム

【Size】 49×35×19cm 容量:35L 【Weight】 3,200g

f:id:softcandy:20141104084232j:image

OVERHEAD(オーバーヘッド)の前面にはパッド入りのPCスリーブがあります。

これもOVERHEAD(オーバーヘッド)を選んだ大きな理由のひとつです。

機能的なPC収納がついているのは便利!

iPadAir2が、

f:id:softcandy:20141104084345j:image

すっぽり入ります。

f:id:softcandy:20141104084428j:image

iphone6 plusも入ります。

ワコムBamboo Stylus finelineを入れておくスペースもあります。

f:id:softcandy:20141104084708j:image

メッシュ部分にはコード類や、簡易イヤホンなど入れれそうですね。

私は酔い止めのアネロンを入れておこうと思います。

あと外側に書類を入れることができるフロントポケットがついています。

f:id:softcandy:20141104084849j:image

メインの収納はこんな感じで、中の骨組みがうっすら見えますね。

f:id:softcandy:20141104084927j:image

キャリーバッグを横にしてメイン収納を整理しようとすると、フタが閉まってくるので頭で抑える必要があり、「なんでこんな作りなんだろう?」と不思議だったのですが、立ててみてわかりました。

キャリーバッグを立てた状態で、メイン収納のフタを開けたところ、ぎりぎり床に着かないようになってました!

外で開けるときにも汚れないのがいいですね。

ちなみにこのバッグの名前である、オーバーヘッド(英: overhead)は、直訳すると「頭上」「頭上の」と言う意味になるが、転じて自分の頭よりも遥か高いところや上空なども指します。

うーん、このフタを頭で抑えることを暗示したネーミングなんだろうか?

f:id:softcandy:20141104085423j:image

持ち手のハンドルは写真よりも実物は渋い色味で、そこまで派手でも無く。

でもオールブラックがいいなぁ。

f:id:softcandy:20141104085524j:image

コロコロ(車輪)も丈夫そうで、静かに引けそうです。

これはまた実際に使ってみてレポしたいと思います。

今回はグレゴリーサムソナイトなども含め、いろいろなキャリーバッグを考えましたが、お値段の都合と性能のバランスでOVERHEAD(オーバーヘッド)にしました。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) SHUTTLE ROLLER(シャトルローラー) NM81360 ブラック(K)

無駄をなくしたシンプルさと機能的なオーガナイザーで多用途なパッキングを提供する「シャトルシリーズ」のローラーバッグです。本体にはPCやタブレット、電源コードなどを効率よく収納することができるネオプレン製スリーブを設けています。このローラーバッグは左右どちらの手でハンドルを持った場合でも伸縮を操作でき、ホイール部分とともに十分な耐久性を持たせています。ほとんどの航空会社の機内持ち込みに対応したサイズで設定しています。

※ハンドル長の段階調節不可(最大に伸ばした状態でのみ使用可能)

◆関連リンク

ノースフェイスのキャリーバッグを見てみた。OVERHEAD(オーバーヘッド)とSHUTTLE ROLLER (シャトルローラー)機内持込サイズ

カバンは濡れても中身は平気!防水インナーバッグ「ウルトラSIL ドライサック」

増税直前のお買い物!ポーター・トートバック(PORTER / PORTER SMOKY・TOTE BAG)品番:592-06577

新しいiPadを持ち歩く用に、耐水性の高いノースフェイス「LAPTOP CASE」を購入しました

iPadやヘッドホン安心!ノースフェイスの防水バックを買った!

iPad Air 2を使ってみました。軽い感想。

ワコム「Bamboo Stylus fineline」をiPadAir2で使うことにしたよ!