Hatena::ブログ(Diary)

旦那の受け売り 時々 妻 ブログ

ブログを移転しました→ http://softcandy.hatenablog.com/

2016-11-22

カサカサ唇にめちゃくちゃ潤う!バーツビーズのビーツワックス リップバーム・リップ

| 14:10

思い出したバーツビーズビーツワックス リップバーム

f:id:softcandy:20161122140831j:image

夏の終わりに、強い紫外線で唇がガサガサになり、かなりダメージを受けました

それが秋になっても治らーん!

こんなのは初めてで、やばい、やばい、と思ってたところに、

友人にもらったリップを思い出しました

それがバーツビーズのビーズワックス リップバームです

バーツビーズ ビーズワックスリップバーム 

唇ガサガサの原因

ともかく下唇がガサガサになりました

考えられるのは紫外線・日焼け、しかない!

調べてみると「口唇炎」のようです

放置しておけば自然に治る、とありましたが、ひどい場合はお医者さんで抗生物質をもらうほうがいい、ともありました

じゃあ、そのうち治るだろう

と思っていたのにずっとカサカサ、というかガサガサの域

一ヶ月以上も長期化するとは思っていませんでした〜


バーツビーズビーツワックス リップバームを塗ってみた

友人からもらったバーツビーズビーツワックスリップバームを思い出して、塗ってみました

ニオイは特に気になるようなところはありませんでした

他のリップと違い、ヌルヌル感がすごい

そしてずっとしっとり

鏡で唇を確かめると、たっぷり塗ったこともあり「天ぷら食べたて」みたいにヌラヌラしています


たった1回でかなり改善の手ごたえを感じました

せっせと塗って、ほぼほぼ完治

すごいな、このリップ!

友達にも感謝!


体質に合う、合わないがありますし、症状によっても効果は違うと思います

私にはバーツビーズのリップが合ってたみたいです

とても気に入りました


またこのオレンジのパッケージが目立つので、リップが目について「塗っておこう」と思えたり、探しやすかったりして良いです

嫌味の無い、落ち着いたオレンジなのも良いです

男性が使用してもおかしくないデザインなのもいいですね


バーツビーズビーツワックス リップバームについて

1984年アメリカで誕生した、ナチュラルコスメブランドです

バーツビーズの製品は、蜂蜜をとった後に残るビーワックス(ミツロウ)をベースとして使用し、それにハーブや花、野菜や果物などの、昔から使われていた天然素材を加えて作られています

バーツビーズの製法は、肌が必要としている栄養を補給し、肌が必要としない化学成分は使わない、というものです

バーツビーズのパッケージは、環境に優しい作りになっているのも特徴です

日本各地に取扱い店舗があり、東急ハンズロフトが多かったです


ウェブサイトで商品をよくよく見ると、ハニーやら、アサイベリーマンゴーなどのフレーバーがありました

私が使用したのは「NOURISHING」です

英単語を調べると「栄養[滋養]になる、栄養満点の」という意味なので、バーツビーズの中でも効果が高いものみたいです

残念ながら日本ではオフィシャルに販売されていないようですが、並行輸入品ならアマゾンでも販売されています

Burt’s Bees Nourishing

◆関連リンク

KOSE クリアターン エッセンスマスク (トラネキサム酸)をを1ケ月間使ってみました

2016-11-11

小林製薬の「糸ようじ」でお馴染みの製品に「入りやすい」タイプがあるって知ってた?

| 16:45

小林製薬の「糸ようじ」

f:id:softcandy:20161109222654j:image

糸ようじやフロスを使ってますか?

糸ようじやフロスは、歯ブラシでは40〜50%しかとれない歯垢や食べカスを取り除きます

食べカスや歯垢が残っていると、虫歯歯周病の原因となる為、私は糸ようじを歯ブラシの後に使用しています


いつも使用しているのは小林製薬の「糸ようじ」

6本糸でしっかりとれます

小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス 60本

他のもっと安い糸ようじを使用してみたんですが、もぉ、全然違う!

隙間にきちんと入ってくれる感覚があるし、形状がよく考えられているようで他社のよりも使い心地が良いのです

昔はハードケースに入っていたのですが、現在は包装がそのまま開け閉め可能なパッケージになっています

エコで便利なんですが、形が保存しずらく取り出しにくいのが難点です

消費税が上がっても商品代を値上げしない苦肉の策だと感じます

またそのうち工夫して便利になると思うので、使い続けます


「糸ようじ 入りやすいタイプ」を発見

今回も「糸ようじ」を購入しようと思ったら、「糸ようじ 入りやすいタイプ」を発見しました

調べてみたら2016年4月に新発売されてました


細くなめらかな4本の糸が、狭い歯間にもスルッと入って歯垢・食べカスをからめ取る!

ちょうど家族が「糸ようじ」を使い始めたところで、狭い歯間があって入れにくいと言っていたので、

「糸ようじ 入りやすいタイプ」いいじゃん!

ってことで購入してみました

小林製薬の入りやすい糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス 60本

細くなめらかな4本の糸が、狭い歯間にもスルッと入って歯垢・食べカスをからめ取る!

家族に感想を聞いたら「あまり変わらない」とのこと

えー?

通常は6本なんですが「糸ようじ 入りやすいタイプ」は4本で、2本少なくなっています

ちょっと使ってみましたが、

あー、確かに劇的な違いをそこまで感じませんが、でもやっぱり入りやすくはなっています

調べてみたら「現行品よりも細くなめらかな糸を使用し、糸の数を6本から4本にしている」とのことで、なんと糸の太さが従来よりも細くなっていました


あと材質も、レギュラー品がナイロンに対し、入りやすいタイプはポリエチレンとなっています

「表面がなめらかで極細繊維を高密度にねじった糸」でより入りやすくなっているとのこと

レギュラーに慣れている私の歯間では、わずかにしかわかりませんでしたが、細い歯間の人には「入りやすいタイプ」を試してみるのがおすすめです!