登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Daiyuu Nobori's SoftEther VPN Diary since 2004

登の Web サイト: http://dnobori.cs.tsukuba.ac.jp/

mixi : http://mixi.jp/show_friend.pl?id=672294
Twitter : http://twitter.com/dnobori/
Facebook: http://www.facebook.com/dnobori

日記などへのリンク集
IKeJI さん | Cedar さん | Mayaqua さん | thisjun さん
bakueikozo さん | mugen さん | 分散計算の神林君 | 榮樂先生 (hdk) | 吉田戦車 (ceekz) | 高木先生 | ron さん
AC の古澤さん | AC の TAKAO 君 | AC の NIES 君 | AC の古橋君 | AC な wakatono さん | AC のいのひろ君
AC な三戸君 | AC な柴田君 | AC の小野君 | AC すぎる松本君 | AC な小西君 | AC な google の及川さん | AC な tomocha さん
まつもとゆきひろ氏 | 板野先生の blog | 新城先生の最近の fj への投稿 | つくばあさひなあんてな | hatena 筑波大学 AC リング

日記でよく出てくる「AC」(もともとは筑波大学用語) について詳しくは ここここ をお読みください。

 | 

2004年12月10日 (金)

softether2004-12-10

SoftEther VPN 2.0 実験用公開仮想 HUB サーバー用の機材提供者を募集しております

SoftEther の公開仮想 HUB について  SoftEther の公開仮想 HUB についてを含むブックマーク  SoftEther の公開仮想 HUB についてのブックマークコメント

近日中に、SoftEther VPN 2.0 ベータ版の無償配布開始と共に、「実験用公開仮想 HUB」サービスを開始したいと考えている。

SoftEther 1.0 の最初のベータ版が公開された後、短期間で多くのユーザーの注目を集めた理由を挙げてみると、その 1 つとして、SoftEther.com 上に 「SoftEther.com 実験用匿名仮想 HUB」 (http://www.softether.com/jp/hub/ を設置したことが大きな要因ではないかと思う。

公開仮想 HUB には、誰でもゲスト・アカウントで接続することができ、仮想 HUB 側に設置された NAT を経由してインターネットにアクセスすることができるようになっていた。

(万が一悪用されたときのために通信ログはとっていたが、幸いログが必要となるような問題は発生しなかった。)

しかしながら、回線やサーバー機材のコスト面などの問題により、今年 7 月頃から SoftEther 1.0 の公開仮想 HUB の運用を停止させていただいている。

SoftEther VPN 2.0 公開仮想 HUB 用  SoftEther VPN 2.0 公開仮想 HUB 用を含むブックマーク  SoftEther VPN 2.0 公開仮想 HUB 用のブックマークコメント

この「公開仮想 HUB」は、同時に大量のユーザーが接続し、かつ大容量のデータが連続的に流れる環境において、開発中の VPN サーバーの安定性を検証し、バグを発見しやすくするという役割を担っていた。約半年間に渡って公開することができた実験用公開仮想 HUB に常時大量のユーザーが接続してきてくれたおかげで、VPN サーバーに高負荷をかけたときに発生するいくつかの不具合を発見し、修正することができた。


さて、SoftEther VPN 2.0 のベータ版公開に際しても、実験用公開仮想 HUB を SoftEther.com 上で提供させていただこうと考えている。

もちろん、SoftEther 1.0 と比べて、2.0 で新しく追加された最新のテクノロジーを実環境で検証するという目標を含んでいる。SoftEther VPN 2.0 の実験用仮想 HUB には、以下のような要件を追加したいと思っている。

  • ダイナミック・ロード・バランシング
    • 数台の SoftEther VPN 2.0 サーバー ファームを構成し、ダイナミック・ロード・バランシングを行う。インターネットから実験用公開仮想 HUB に接続したユーザーは、自動的に空きのあるサーバーに接続される。
    • したがって、SoftEther 1.0 の実験用仮想 HUB では、同時接続数が合計 500 くらいで限界となり、改選状況の悪い人から順に切り捨てられていたのだが、SoftEther VPN 2.0 を使うと、合計で 1万クライアントくらい同時接続しても、平気で動くはずである。
  • ユーザー固有の仮想 HUB 提供
    • SoftEther VPN 2.0 では、1 つの VPN Server に複数の仮想 HUB を作成し、セキュリティ設定などをそれぞれ独立させて動作させることが可能になった。
    • そこで、実験用仮想 HUB サーバーでは、ユーザーが Web ページ上から申し込みフォームで仮想 HUB の作成を申し込むと、自動的に数秒以内に 実験用仮想 HUB のサーバー ファーム上に、仮想 HUB が作成されるようなサービスを、実験的に無償で 実施できれば良いと思っている。
    • SoftEther 1.0 の実験用仮想 HUB は、全員が 1 つの仮想 HUB に接続し、そこからインターネットに NAT 経由でアクセスできるというものだった。2.0 でももちろんこのような NAT タイプの実験用仮想 HUB は用意するが、その他にもこのような動的仮想 HUB 提供サービスの実験も (短期間だが) やってみたいと思う。 (あえて言えば EmotionLink を使った GMO どこでも LAN のようなサービスか...)

上記のようなことを実装した SoftEther VPN 2.0 ベータ版に対応した実験用公開仮想 HUB が本当に実現でき、長期間安定して動作すれば、SoftEther VPN 2.0 ソフトウェアの品質の高さ、安定性の高さ、性能の高さ、スケーラビリティの高さを強烈にアピールすることができるだろう。

公開仮想 HUB 用のサーバー/ネットワーク機材 提供者募集  公開仮想 HUB 用のサーバー/ネットワーク機材 提供者募集を含むブックマーク  公開仮想 HUB 用のサーバー/ネットワーク機材 提供者募集のブックマークコメント

しかし問題がある。上記のような複数台のサーバー ファームで構成される実験環境を構築しインターネット上で公開するには、数台の高性能PCサーバーネットワーク機材 が必要になる。

SoftEther 1.0 のときは、hp 製の家庭向けデスクトップ PC と、IPA から借りている DELL の PowerEdge (Celeron プロセッサ) で公開仮想 HUB システムを組んでいた。

(http://www.softether.com/jp/journal/16.aspx に写真がある。)

しかし、SoftEther VPN 2.0 のロードバランシング環境を活用した実験用公開仮想 HUB を構築するには、より多くのPCサーバーが必要になり、そのコストは馬鹿にならない。また、実はネットワーク回線も不足している。

そこで、もし必要な機材などを無償で提供してくださる ACな 企業などがあれば、是非提供をお願いしたい。

具体的に必要としている機材およびネットワークは次の通りです。

  • PC サーバー (或いはある程度頑丈なデスクトップPCでも可) 数台
    • CPU: Pentium 4 2.0GHZ 程度以上
    • RAM: 1.0 GBytes 以上
    • HDD: 40 GBytes 以上
    • LAN: 1000Base-T をオンボードまたは PCI で搭載
  • ギガビットスイッチ 数台
    • 1000Base-T
    • L2 で十分
  • ルータ1台
    • PPPoE 対応, いわゆる IP Unnumbered 対応, IP マスカレード対応, 実効スループット 100Mbps 以上, アクセスリスト搭載, 家庭用ブロードバンドルータ等でも十分安定していれば可
  • ネットワーク回線
    • NTT東日本Bフレッツファミリータイプ(茨城県IP網)で PPPoE 接続が可能なもの (の PPPoE アカウント)
    • 固定グローバル IP アドレス8個程度
    • 逆引き DNS 権限委譲

期間は、次の通りです。終了後は返却いたします。

  • 約半年間程度 (2005年7月頃まで)

広告条項  広告条項を含むブックマーク  広告条項のブックマークコメント

上記機材の一部でも無償で提供してくださる ACな 企業については、以下の広告などで掲示させていただきます。

  • SoftEther VPN Client 2.0 Beta 上の画面表示
    • SoftEther VPN Client 2.0 Beta でユーザーが実験用公開仮想 HUB に手動で接続する際に、『この実験用公開仮想 HUB の機材は以下の機材提供者によって提供されています』等の内容の HTML 画面を表示し、ロゴ画像、製品画像、およびリンク等を貼れるようにします。
  • Web 上、その他媒体上での可能な限りの宣伝
    • http://www.softether.com/ 上等、SoftEther VPN 2.0 ベータ版無償配布 Web サイト / メディア上などでの、実験用仮想 HUB に関する記述における機材提供者の表記を行います。

募集方法について  募集方法についてを含むブックマーク  募集方法についてのブックマークコメント

上記機材の一部でも無償で提供 (貸与) してやろうという ACな 方がいらっしゃいましたら、nobori @ softether.co.jp までメールでご連絡いただければ幸いです。

実験用仮想 HUB は、12月16日前後までにシステムを構築しようと考えています。したがってそれに間に合うように提供していただける場合は14日(火)くらいまでにご連絡いただければ初期システム構築時に機材を使用させていただくことができ大変有り難いです。その場合はより特段の待遇をさせていただきます。

その後でも随時募集中です (ほとんどロードバランシングの実験なのであとからでもサーバーファームのメンバサーバーは追加できる) のでご連絡ください!

現況  現況を含むブックマーク  現況のブックマークコメント

上のような募集をこのような日記で書いても、集まる可能性は 10% くらいにも満たないかも知れないので、一応 15 日くらいに 大学近くのパソコンショップ等 で安物PCを調達する予定...

mayaquamayaqua 2004/12/11 16:43 ...車のトランク整理しておきます。

きたじま@織姫きたじま@織姫 2004/12/11 23:15 今のうちなら、Dellでいい感じの安サーバ売ってます。Pen4 2.8GHz, ECC-DDR2 1GB, SATAで7万くらいです。

とおりすがりとおりすがり 2004/12/12 01:55 改選>回線
LL.30あたり

messier42messier42 2004/12/12 02:14 通りすがりですが、鯖大杉にならないようにね。うちの研究室はレーザープリンタを使うと15A越えて(ry

狂認狂認 2004/12/13 10:31 筑波大学の近くには良いパソコンショップはありますか?

ronron 2004/12/14 00:42 ソフトイーサ社に関心を示している『法人』に 直接持ちかければ、結構 簡単に集まるんじゃないかな?と思いつつ、後に引き摺って面倒になるのもねぇ・・・といったところでしょうか?

mmasudammasuda 2004/12/14 08:25 ”茨城県IP網”である必然性って何なんでしょ?フレッツ・オフィスでも使うなら話は分かるけど。

yaneuraoyaneurao 2004/12/15 01:17 「SoftEther VPN Client 2.0 Beta 上の画面表示」って、βのみ?正式リリースになったら外されるの? β版のみじゃあヤダナァ..(´д`)

softethersoftether 2004/12/17 05:02 たぶん、正式版でも public.softether.com に接続しようとする場合だけ、出るようにすると思います。

 | 

<< 2004/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31




※ この Web サイトのコンテンツは 登 大遊 が個人的に運営しているものであり、ソフトイーサ株式会社や筑波大学内での立場として公式なコメントを掲載しているものではありません。一応コメントは投稿できるようにしていますが、個人的に運営している日記のため、自分が不快に思ったコメントは前触れ無く削除しております。ご了承ください。同様に会社に関するコメントなどについても、削除される可能性があります。コメント書き込み機能については、匿名の掲示板のような状態になることを予防するため、はてなユーザーからのみ受け付けるように設定することもあります。