ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Daiyuu Nobori's SoftEther VPN Diary since 2004

登の Web サイト: http://dnobori.cs.tsukuba.ac.jp/

mixi : http://mixi.jp/show_friend.pl?id=672294
Twitter : http://twitter.com/dnobori/
Facebook: http://www.facebook.com/dnobori

日記などへのリンク集
IKeJI さん | Cedar さん | Mayaqua さん | thisjun さん
bakueikozo さん | mugen さん | 分散計算の神林君 | 榮樂先生 (hdk) | 吉田戦車 (ceekz) | 高木先生 | ron さん
AC の古澤さん | AC の TAKAO 君 | AC の NIES 君 | AC の古橋君 | AC な wakatono さん | AC のいのひろ君
AC な三戸君 | AC な柴田君 | AC の小野君 | AC すぎる松本君 | AC な小西君 | AC な google の及川さん | AC な tomocha さん
まつもとゆきひろ氏 | 板野先生の blog | 新城先生の最近の fj への投稿 | つくばあさひなあんてな | hatena 筑波大学 AC リング

日記でよく出てくる「AC」(もともとは筑波大学用語) について詳しくは ここここ をお読みください。

 | 

2007年1月13日 (土)

筑波大学での伝説  筑波大学での伝説を含むブックマーク  筑波大学での伝説のブックマークコメント

うちの大学の情報学類に、昔 ↓ のような先輩がいたらしい。


何かのレポートの提出期限が午後 5 時までで、それに遅れると、提出することができなくなり、留年の危険性が発生する。

その人は提出期限最終日の午後 6 時くらいにレポートを出し忘れていたことに気付いたらしい。

急いで事務へ行ったらレポート受付箱の部屋はすでに施錠されている。

事務室の中には人が残業していたが、話しても遅刻だと言ってレポートを受け取ってもらえない。

しかしそれでは留年が決定してしまう。


そこで、その人は、なんと、

「レポート提出の締め切りは午後 5 時と書いてあるが、どこにも JST (日本標準時) とは書いていない。情報学の世界では特記しなければ GMT (グリニッジ標準時) を使うべきだ。現在はまだ GMT では午前 9 時のはずで、締め切り前である。」

と主張したところ、「確かにそうだ」 ということで、レポートは受け取ってもらえて、無事進級できたそうである。


皆さんも最後の手段としてやってみてください。

(ただし、AC な大学でないと通用しない可能性有り)

 2007/01/13 04:55 ワロタ

昔の先輩ですか?  昔の先輩ですか?   2007/01/13 07:42 「登先輩」ご自身ではないかと、つい思ってしまうのであります。

KaiGaiKaiGai 2007/01/13 08:51 ああ、それは確かに私だ。

ruushuruushu 2007/01/13 12:35 これは!

softethersoftether 2007/01/13 12:44 本人降臨! 噂は本当でしたか

yamajyunyamajyun 2007/01/13 14:39 以前はレポート受付箱って廊下にあったような。そしてトリモチのようなものがついた棒切れがロッカーの上に隠してあって(ry いやいや噂ですが。

みかりんみかりん 2007/01/14 04:40 その手、使わせていただきます。

通りすがり通りすがり 2007/01/14 14:58 イギリスより西の国でこのロジックを使ったら、提出遅れ多発するな。

yukihiroyukihiro 2007/01/16 23:11 うちの大学ではJSTと書いてます…

通りすがり2通りすがり2 2007/01/19 02:27 情報系なら、UNIXの時計みたいに、所定の日時を基点とした秒数で締め切りを表現すべきだ! などと思ったりして。

 | 

<< 2007/01 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




※ この Web サイトのコンテンツは 登 大遊 が個人的に運営しているものであり、ソフトイーサ株式会社や筑波大学内での立場として公式なコメントを掲載しているものではありません。一応コメントは投稿できるようにしていますが、個人的に運営している日記のため、自分が不快に思ったコメントは前触れ無く削除しております。ご了承ください。同様に会社に関するコメントなどについても、削除される可能性があります。コメント書き込み機能については、匿名の掲示板のような状態になることを予防するため、はてなユーザーからのみ受け付けるように設定することもあります。