登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Daiyuu Nobori's SoftEther VPN Diary since 2004

登の Web サイト: http://dnobori.cs.tsukuba.ac.jp/

mixi : http://mixi.jp/show_friend.pl?id=672294
Twitter : http://twitter.com/dnobori/
Facebook: http://www.facebook.com/dnobori

日記などへのリンク集
IKeJI さん | Cedar さん | Mayaqua さん | thisjun さん
bakueikozo さん | mugen さん | 分散計算の神林君 | 榮樂先生 (hdk) | 吉田戦車 (ceekz) | 高木先生 | ron さん
AC の古澤さん | AC の TAKAO 君 | AC の NIES 君 | AC の古橋君 | AC な wakatono さん | AC のいのひろ君
AC な三戸君 | AC な柴田君 | AC の小野君 | AC すぎる松本君 | AC な小西君 | AC な google の及川さん | AC な tomocha さん
まつもとゆきひろ氏 | 板野先生の blog | 新城先生の最近の fj への投稿 | つくばあさひなあんてな | hatena 筑波大学 AC リング

日記でよく出てくる「AC」(もともとは筑波大学用語) について詳しくは ここここ をお読みください。

 | 

2011年1月27日 (木)

なんと、アニメや映画などのファイルを 4 〜 5 人程度の友人の間で共有するのは著作権法的に適法!?  なんと、アニメや映画などのファイルを 4 〜 5 人程度の友人の間で共有するのは著作権法的に適法!?を含むブックマーク  なんと、アニメや映画などのファイルを 4 〜 5 人程度の友人の間で共有するのは著作権法的に適法!?のブックマークコメント

夜中に、仕事とは関係がないですが、昔の国の委員会の書いた文献を読んで楽しんでいたら、以下のような文献が見つかりました。面白いと思ったので掲載します。

著作権法上の「私的使用のための複製」 (著作権法第 30 条) にあたる行為とはどのような行為か、の文化庁による見解が書かれた貴重な文書なのではないかと思います。

第 5 小委員会(録音・録画関係)報告書 (文化庁のホームページより。昭和56年6月 文化庁)

II 著作権法制と国際的検討の動向

1.現行法 - 法第30条(私的使用のための複製)

第三に、使用目的は、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的」とする場合でなければならない。個人の娯楽や学習などのために録音したり、家族で楽しむために録画したりする場合などが典型例である。また「これに準ずる限られた範囲内」とは、人数的には家庭内に準ずることから通常は4〜5人程度であり、かつ、その者間の関係は家庭内に準ずる親密かつ閉鎖的な関係を有することが必要とされる。したがって、例えば、親密な特定少数の友人間、小研究グループなどについては、この限られた範囲内と考えられるが、少人数のグループであってもその構成員の変更が自由であるときには、その範囲内とはいえないものと考える。


上記の見解によると、4 〜 5 人程度の特定少数の友人や研究グループなどの仲間内であって、その仲間の構成員が自由に変更できない場合は、その仲間内で娯楽や学習のために使用するための録音・録画 (たとえばテレビのアニメ等を録画すること) や、仲間内での複製は、著作権法的に適法だということになるのではないかと思います。


これは今まで気がつきませんでした。「私的複製」というようなものが可能であるという話は知っていましたが、個人または家庭内は OK であっても、「これに準ずる限られた範囲内」というのは、家庭外の親戚の人とかそういうものしか指さないのではないかと思っていましたが、4 〜 5 人程度の、人数の加減が頻繁ではない友人や研究グループでも良いのだそうです。


もしそうだとしますと、よく、4 〜 5 人の仲間内で、排他的な (仲間しかアクセス方法を知らない) 秘密のファイルサーバーのようなものを共有で用意しておいて、そこにアニメや映画などをため込んで共有するというようなことを後ろめたいのでこそこそ隠れてやっている人たちが大学にいるだとかいう噂を聞くのですが、実は、こういった共有行為は、全く後ろめたさを感じずに行っても良い適法な行為だった、ということになるのかも知れません。


上記に書いたことは偶然目にした文献をもとに短時間で書いたものですので、間違いがあるかも知れませんのでご了承ください。

orihime-akamiorihime-akami 2011/01/28 11:51 文化庁の主張がだんだん変わっておりまして、今は「同居家族」あたりをラインとして切っていた記憶があります。
ただ、指摘の通り過去に文化庁はそういう解釈をしていましたし、昔から私的複製に関する条文は変わっていませんので、裁判になった場合「現在の文化庁の解釈」が通用するかどうかは不明です。

#文化庁の解釈はあくまで管轄省庁の解釈に過ぎないので、裁判所が切り捨てることは十分あり得ます:映画方面で最近あった通り。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/softether/20110127
 | 

<< 2011/01 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31




※ この Web サイトのコンテンツは 登 大遊 が個人的に運営しているものであり、ソフトイーサ株式会社や筑波大学内での立場として公式なコメントを掲載しているものではありません。一応コメントは投稿できるようにしていますが、個人的に運営している日記のため、自分が不快に思ったコメントは前触れ無く削除しております。ご了承ください。同様に会社に関するコメントなどについても、削除される可能性があります。コメント書き込み機能については、匿名の掲示板のような状態になることを予防するため、はてなユーザーからのみ受け付けるように設定することもあります。