Hatena::ブログ(Diary)

図書館総合展・学術情報オープンサミット事務局ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

「第12回 図書館総合展・学術情報オープンサミット2010」は、国内唯一の図書館に関する総合展です。

対象者ごとのセッション一覧(対象者以外でも申し込み可能です)
学術オープンサミット関係者向け 公共図書館関係者向け 機関・企業図書関係者向け 大学・短大・高専図書館関係者向け 小・中・高図書館関係者向け 一般参加者向け 参加者全般向け

2010-11-27

第12回図書館総合展の終了と第13回図書館総合展のお知らせ

 第12回図書館総合展は、合計24505人もの来場者にお越しいただきまして、無事終了いたしました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

 第13回図書館総合展は、2011年11月9日(水)〜11日(金)に、パシフィコ横浜で行う予定です。来場者のみなさま、出展者・発表者のみなさま、それに今年お会いできなかったみなさま、ぜひまた来年横浜でお会いしましょう。

2010-11-24

「図書館総合展放送局」番組表

 第12回図書館総合展では、一部のフォーラムやブースの様子を、インターネット上のライブ中継サービス "Ustream" を用いてお届けいたします。

 なお、中継や回線の状況など、やむをえない理由で配信が一時停止したり、放送予定時刻が変更されたりする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ポスターセッション

ブース紹介

日程放送予定時刻チャンネル出演出展者名Twitterハッシュタグアーカイブ
24日9:30〜10:00オープニング #LF2010アーカイブ
9:00〜10:00ブース撮影1アイデック・日本事務機(各10分間)#LF2010アーカイブ1/3/2/3/3/3
9:00〜10:00ブース撮影2 雄松堂書店・ケンブリッジ大学出版・ナクソス・ジャパン・シュプリンガー・エイジス・神奈川県図書館協会・内田洋行・富士通・岡山情報処理センター・文化学園(各3分間)#LF2010アーカイブ
25日9:00〜10:00ブース撮影3ユーロモニター・インターナショナル(5分間)#LF2010アーカイブ
26日9:00〜10:00ブース撮影4神奈川県資料室研究会(3分間)#LF2010アーカイブ

フォーラム

日程放送予定時刻フォーラム名出展者名Twitterハッシュタグアーカイブ
24日10:30〜12:00地域住民への情報サービスにおける公文書の価値企画詳細図書館総合展運営委員会#libpolicyアーカイブ
10:30〜12:00、13:00〜17:00図書館政策フォーラム企画詳細図書館総合展運営委員会#libpolicyアーカイブ1/3/2/3/3/3
13:00〜14:30「長尾構想」への図書館界・出版界のまなざし企画詳細図書館総合展運営委員会#nagaoplanアーカイブ
15:30〜17:00「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション企画詳細図書館総合展運営委員会#fbk2010アーカイブ
10:30〜12:00、15:30〜17:00学術情報サミット企画詳細図書館総合展運営委員会#SIOSアーカイブ
13:00〜14:30大規模デジタル化時代における『知』との接点企画詳細(株)ネットアドバンス#A2Kアーカイブ
10:30〜12:00図書館を使った調べる学習コンクール企画詳細TRC#shirabespアーカイブ
15:30〜17:00大学教育とラーニング・コモンズ企画詳細丸善(株)#LearningCアーカイブ
25日10:30〜12:00、15:30〜17:00L-1グランプリ企画詳細図書館総合展運営委員会#L1GPアーカイブ (1) (2)
10:30〜12:00地域住民に必要と認知される図書館になるために企画詳細神奈川県図書館協会#KLAアーカイブ
10:30〜12:00知ってトクする「判例」エッセンス企画詳細ロー・ライブラリアン研究会#LawLibアーカイブ
13:00〜14:30、15:00〜17:00デジタルコンテンツがもたらす、さらなる知の「創造」の場としての図書館企画詳細CHI/ジュンク堂/DNP#DCandLibアーカイブ (1) (2)
13:00〜14:30DRF全国ワークショップ企画詳細DRF#DRF7アーカイブ
15:30〜17:00大学図書館マネジメント企画詳細丸善(株)#LibManageアーカイブ
26日10:30〜12:00図書館をデザインする企画詳細キハラ(株)#kihara96thアーカイブ
13:00〜14:30Library of the Year 2010最終選考会企画詳細図書館総合展運営委員会#loy2010アーカイブ
15:30〜17:00首都・東京の図書館再生計画企画詳細図書館総合展運営委員会#Libin23アーカイブ
10:30〜12:00「名寄せ」の最先端企画詳細国立情報学研究所#nayoseアーカイブ
13:00〜14:30学認(GakuNin)のすゝめ企画詳細国立情報学研究所#gakuninアーカイブ
15:30〜17:00第2回CiNii ウェブAPIコンテスト 優秀作品発表会企画詳細国立情報学研究所#ciniiapiアーカイブ
10:30〜17:00欧米日の電子ジャーナル・コンソーシアムの10年と今後企画詳細国公私立大学図書館協力委員会#kokkoshisympoアーカイブ (1) (2) (3-1) (3-2) (3-3) (3-4)
13:00〜14:30書店と図書館企画詳細CHI/ジュンク堂/DNP#BSandLibアーカイブ (1) (2)
13:00〜14:30公共図書館はどこまで、変えられる?企画詳細TRC#libchangeアーカイブ
15:30〜17:00日本の「知」 大学の「知」企画詳細CHI/ジュンク堂/DNP#KofUandJアーカイブ
10:30〜12:00矯正施設での読書支援を考える企画詳細矯正と図書館サービス連絡会#kyotorenアーカイブ
15:30〜17:00図書館システムにおけるSaaSの利活用と読書推進活動事例企画詳細富士通#Fujitsusaasアーカイブ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

11月26日(金)のフォーラム一覧表

会場10:30〜12:0013:00〜14:3015:30〜17:00
第1会場Ex Libris Update 〜ユーザグループミーティング〜書店と図書館 〜書店も図書館も元気です!〜(仮)新しいOvidSPの特長と機能 −海外ユーザーを事例に−
第2会場MLA(博物館・図書館・文書館)のデジタルアーカイブ連携−世界、そして日本公共図書館はどこまで、変えられる?日本の「知」 大学の「知」(仮) −知の生まれる時 教育の現場から−
第3会場欧米日の電子ジャーナル・コンソーシアムの10年と今後(仮題)(引き続き前の時間のフォーラム)(引き続き前の時間のフォーラム)
第4会場「名寄せ」の最先端 国内と海外の最新動向 −NII研究者リゾルバーとORCIDプロジェクト学認(GakuNin)のすゝめ −シボレス認証で変わる学術情報アクセス-第2回CiNii ウェブAPIコンテスト 優秀作品発表会
第5会場矯正施設での読書支援を考える新しい医学・健康情報の形 −「医薬品情報学」と「健康と病いの語り」−もう一度考えたい ことばの力
第6会場学習指導要領の趣旨を生かした学校図書館の活用(仮題)(引き続き前の時間のフォーラム)(引き続き前の時間のフォーラム)
第7会場公共図書館から見たICタグ導入と課題 〜事例をふまえて〜図書館における個人情報保護「図書館システムにおけるSaaSの利活用と読書推進活動事例」
第8会場図書館をデザインする−情報デザインと主題プロデュースの手法(引き続き前の時間のフォーラム)インパクトファクター・アップデート&エビデンスデータを活用した大学の研究戦略と図書館員(仮題)
第9会場電子ブックの利用動向と数量的観察(仮)Library of the Year 2010 最終選考会首都・東京の図書館再生計画 −23区の図書館を考える−

11月25日(木)のフォーラム一覧表

会場10:30〜12:0013:00〜14:3015:30〜17:00
第1会場「自分の機関を知る」「面白冒険小説と僕の人生」大学図書館マネジメント −ネットワーク時代のミッション、戦略、事業計画-
第2会場MLA(博物館・図書館・文書館)のデジタルアーカイブ連携−世界、そして日本どこまでできる!?ディスカバリーサービスの実力と「Summon」RefWorks2.0 全てが新しく! 「学習・研究支援ツールRefWorksと新プラットフォーム」
第3会場知ってトクする「判例」エッセンス重要文化財等の古典籍撮影と画像検索システム」シンポジウム 「改造社とその時代−『慶應義塾図書館所蔵 改造社出版関係資料』を手がかりに」
第4会場DRF全国ワークショップ:DRF7 〜これから我々がめざすものは何か(引き続き前の時間のフォーラム)(引き続き前の時間のフォーラム)
第5会場地域住民に必要と認知される図書館になるために 〜館種を超えた図書館ネットワークの構築と鳥取県立図書館の取組み〜「RFIDによる新たな図書館マネージメントの可能性」〜CELL FORMを活用した棚管理システム〜「図書館の“生き残り”戦略〜どう変わってきたか、どう変えるのか〜」
第6会場ICタグシステム × 空間デザイン 〜本との出会いを創出する新しい図書館〜自動化は図書館サービスに何をもたらすか再び考える。 ICタグシステムをどのように導入すればいいか
第7会場『知っておきたい!見逃せない!図書館向けデータベースサービス新規コンテンツ・新機能の紹介』総社市小中学校図書館と公共図書館連携による人のつながり 〜読書の広がりを求めて〜図書館システムの変容と日本のOPACの未来: 慶應義塾図書館のシステム変更から探る
第8会場賞金総額100万円! L-1グランプリ2010−若手ライブラリアンのためのワークショップ式登竜門(引き続き前の時間のフォーラム)(引き続き前の時間のフォーラム)
第9会場公共図書館はどこまで、変えられる? −利用者側からのアプローチ−(仮)デジタルコンテンツがもたらす、さらなる知の「創造」の場としての図書館 〜CHIグループ・DNP 実践的取り組みのご紹介(引き続き前の時間のフォーラム)

11月24日(水)のフォーラム一覧表

会場10:30〜12:0013:00〜14:3015:30〜17:00
第1会場急性白血病の再発克服に向けた治療戦略 / Science on the Move-New Features and New Resourcesエルゼビアの新プラットフォームSciVerse(サイバース)電子出版の“今”を語る 〜電子出版を取り巻く環境と協議会の活動〜
第2会場地域住民への情報サービスにおける公文書の価値「雪がとけたら春になる 人は読書で人になる」今日から使える図書館ブランディングセミナー −図書館魅力再発見計画−
第3会場「学術出版の動向:学位論文出版を通じての考察、海外事例報告」製本実習『つくってみよう 丸背本』「効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成」
第4会場図書館における資料保存の取組みと実践東京大学史料編纂所「社会連携研究部門:図書館等所蔵史料の調査・整備研究」の目的「大学図書館における人社系データベースの整備について」
第5会場Code4Lib JAPAN Meeting & Exhibits 2010座談会 「カタい本の明るい未来 〜学生はどんなふうに本と出会うのか〜」図書館におけるeBook の運用−NetLibraryとKinokuniya ストア(仮称)を事例として
第6会場マイクロフィルムの保存と収蔵庫内の空気清浄について(仮)図書館と著作権制度大学教育とラーニング・コモンズ −学習支援のあり方について−
第8会場図書館を使った調べる学習コンクール:その効果について総合的に評価する「長尾構想」への図書館界・出版界のまなざし −長尾 真と湯浅俊彦の論点整理「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション
第9会場「学術情報サミット・ワークショップ 第1部」 学術情報流通をめぐる世界と日本の状況(現況総括)大規模デジタル化時代における『知』との接点−Wikipedia、電子書籍、Twitterの潮流をライブラリアンはどう受け止めるか「学術情報サミット・ワークショップ 第2部」 日本の学術情報流通の近未来を作る(ステークホルダー討議)
特別会場図書館政策フォーラム 第1部 デジタル・ネットワーク社会における図書館の将来−三省懇報告の正しい読み方−図書館政策フォーラム 「図書館海援隊」ぜよ−困ったときには図書館へ− 「地域主権と図書館−知事たちの図書館論」(引き続き前の時間のフォーラム)

図書館総合展プレ企画「ラボ図書環第1回ワークショップ+ツアー」

 図書館総合展プレ企画として、11月6日(土)・7日(日)に「ラボ図書環第1回ワークショップ+ツアー」を開催します。これは、図書館総合展の開催地である横浜市で活動している、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの主催による企画で、図書館総合展事務局の岡本真が携わっています。

 詳細は横浜コミュニティデザイン・ラボのホームページ、ならびに岡本のブログをごらんください。

図書館総合展事務局ブログに新しい担当者が加わりました

 今回から、田辺浩介が新たに担当に加わることになりました。よろしくお願いいたします。

2010-11-22

(予告)図書館総合展放送局

 第12回図書館総合展では、「図書館総合展放送局」と題して、一部のブースやフォーラムの様子をUsteamを用いてインターネット配信いたします。配信する内容はまもなく公開いたしますので、今しばらくお待ちください。