学芸のためなら女房も・・・ このページをアンテナに追加 Twitter

2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2011 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 12 |
2014 | 02 | 09 |

2005-09-16

[]越前町の定置網 越前町の定置網を含むブックマーク


というわけで、先日(id:soishida:20050909)乗れなかった越前町の定置網漁へ。エチゼンクラゲの写真と映像を撮るのと、標本採集の下調べが目的。船には取材の新聞記者さんも来ていた。


で、午後1時半に出港。何人かの漁師さんはゴーグルをつけていて、これはエチゼンクラゲの刺胞が目に入るのを防ぐためなのだそうな(結構痛いらしい)。10分ほどで網場に着いて、さっそく引き上げ。発生量は一昨年ほどではないものの、先日から隣接する他の漁港ではクラゲのせいで軒並み定置網が破れているというから、不謹慎ではあるものの「クラゲがどっさり入ってる絵が撮れたらなあ」と期待しつつ網上げを待つ。2,3個体のクラゲが浮いてきて、漁師さんが「おらおら、来たぞぉ。もっといっぺぇ上がってくるでの」と言うもんだから、わくわくするわけなのである。


そして待つこと1時間。網の底がかなり上がってきたものの、見たところ2〜30個体ぐらいしかクラゲがいない。ふだんは一網数千個体というから、今日はなんと「不漁」なのであった。そのかわりに魚はたくさん入っていて(クラゲが大量に入っている時でも魚は入るものの、刺胞でやられて色が変わり、売り物にならないらしい)、漁師さんはニコニコ。で、おみやげにシイラとフクラギをトロ箱に一杯もらって帰ってきて、晩ご飯は山盛りの刺し身なのであった。めでたしめでたし。


というわけにはいかんな。また出直そう。


f:id:soishida:20050916150013j:image

大阪市立自然史博物館 イシダの玉手箱