Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

1963-07-15

昭和38年7月15日「訓諭」


【法華講々員一般】


 夫れ創価学会々員捨身弘法(しゃしんぐほう)の熱誠たるや、宗門の古今に全くその類ひを絶せる熾烈さにして、今や三百四十有余万世帯に達する会員は、会長統率により一糸乱れず広布実現の過程に於て必要欠くべからざる多角的な諸活動を展開し、顕著なる実績を累増しつつあり、その行は正しく大聖人の御嘉納遊ばさるるところにして、宗門緇素(しそ)の等しく満腔の敬を表さずんばあるべからざるところなり。

 若し聊爾(りょうじ)たりとも、此の清浄無比にして護惜建立の赤誠に燃ゆる一大和合僧創価学会に対し実にもあれ不実にもあれ謬見(びゅうけん)を懐き謗言を恣(ほしいまま)にする者ありとせば、其籍(そのせき)、宗の内外に在るを問はず、全て是れ広布の浄を阻礙(そがい)する大僻見の人、罪を無間に開く者と謂ふべし。