Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

1998-04-29

「5.3」と創価の精神


 美しい青空が、どこまでも広がっていた。

 わが師逝いて2年。1960年(昭和35年)53日、私は第三代会長に就任した。

 以来、「詮ずるところは天もすて給え諸にもあえ身命を期とせん」(232頁)との御聖訓を胸に、怒濤のなかをひた走った。

 先生の「広宣流布は、一人の青年が命を捨てれば必ずできる」との言葉が、頭から離れることはなかった。

 来る日も来る日も、と迫害の連続であったが、「こそ誉れ」と、私は悠々と指揮を執り続けた。

 就任10周年の佳節となる「5.3」も、学会批判の包囲網のなかでの新出発であった。

 また、会長就任から20年目に入る、79年(昭和54年)の「5.3」も……。

 この直前、私は、誉会長となった。

 その陰には、私を追い落とし、広宣流布の指導者不在の学会にして、のままに操ろうとする、謀略の輩の画策があった。


 狂気そのものの中傷の集中砲火のさなかにあった53日、本部総会が、創価大学の体育館で行われた。

 首脳幹部も、不安と戸惑いを隠せなかった。私への拍手も遠慮がちな姿が痛々しかった。いな、浅ましかった。

 総会が終了し、渡り廊下を歩いていると、数人の婦人たちが、「先生!」と叫んで、駆け寄って来た。お子さん連れの方もいた。

 一目、私に会おうと、ずっと待っていてくださったのであろう。目には涙が光っていた。

「ありがとう! お元気で!」

 私は、大きく手を振り、をかけ、全力で励ましを送った。

 そして、った。

“これから、こういう人たちを、本当の善良の市民を、誰が守っていくのか! 誰が幸福にしていくのか!

冷酷非道な法師の皮を著た畜生たちが、民衆の上に君臨すれば、どうなってしまうのか!”


 私は信濃町の本部には戻らず、総会の会場から神奈川文化会館へ向かった。

世界につながる平和の港を望む横浜の地から、新たな戦いを起こすのだと、に決めていたからである。

 55日、戸田先生のお顔を胸に描きながら、わが誓いを筆に託して、私はしたためた。

 ――「正義」

 その脇に「われ一人正義の旗持つ也」と綴った。

 私は“今こそ本当の勝負だ。いかなる立場になろうが、私は断じて戦う。たった一人になっても。師弟不二ので、断固として勝利してみせる”と、深く決した。


 今、あの日から20年目。

 鮮やかにに残る、神奈川のである。

 世界に広がる港、多くの庶民が喜々として散策しゆく、希望の山下公園。

また、凛々しき決を胸に秘めて、走り回る創価班

“よし、私は断固として第二章の広宣流布の指揮を執る。法剣を抜いて、宝剣を抜いて、断じて勝ってみせる”との、あの日の誓いは、あまりにも深かった。

 今や、世界の民衆が、学会に希望を託し、大きな援を送っている。

「5.3」とは、黒き陰謀の嵐を突き抜けた、「勝利」と「栄光」の大輪の七色の虹が輝きゆく日である。

 三世永遠の大道、不滅の黄金の大道を進みゆく広布英雄の旅立ちの日である。



【「随筆 新・人間革命」22/聖教新聞 1998-04-29付】(※指導は、恋氏の投稿によるもの)