Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

1999-04-27

嵐の4.24 断じて忘るな! 学会精神を


 1979年(昭和54年)の424日――。

 この日、私は、19年間にわたって務めた、創価学会第三代会長を退き、誉会長となった。

 全国の、いや、全世界の同志は、その発表に、愕然としてをのんだ。

 その背後には、悪辣(あくらつ)なる宗門の権力があり、その宗門と結託した反逆の退転者たちの、ありとあらゆる学会攻撃があった。

 なかんずく、私を破壊させようとした、言語に絶する謀略と弾圧であった。

 正義から転落した、その敗北者たちは、今でも、その逆恨みをはらさんと、卑劣な策略を続けている。これは、ご存じの通りである。


 御聖訓には、随所に説かれている。

法華経の行者は諸々の無智の人のために必ず悪口罵詈等の迫害を受ける」と(趣旨、140頁等)。

 広宣流布の闘争のゆえに、悪口罵詈されるのが、真の法華経の行者といえるのである。

さらに「佐渡御書」には、「賢人・聖人は罵詈して試みるものである」(通解、958頁)と。

【「賢聖は罵詈して試みるなるべし」】

 真実の信仰者は、罵詈され、讒言され、嘲笑されて、初めてわかる。


 畜生のごとき坊主らの暴圧による、わが友たちの悩を、悲鳴を、激怒のを聞くたびに、私のは血の涙に濡れた。

 痛に、夜も眠れなかった。

 私は、けなげな創価の同志を守るため、一不乱に、僧俗の和合の道を探り続けた。   

 しかし、後に退転した、ある最高幹部の不用な発言から、その努力が、いっさい水泡に帰しかねない状況になってしまったのである。

 それは、最初から、学会破壊を狙っていた仮面の陰謀家どもの好餌となった。

 坊主らは、狂ったように「責任をとれ」と騒ぎ立てた。


 私は悩した。

 ――これ以上、学会員しみ、坊主に苛(いじ)められることだけは、防がねばならない。

 戸田先生が「命よりも大事な組織」といわれた学会である。

 民衆の幸福のため、広宣流布のため、世界の平和のための、仏勅組織である。

 私の中では、一身に泥をかぶり、会長を辞める気持ちで固まっていった。

 また、いずれ後進に道を譲ることは、何年も前から考えてきたことであった。


 ある日、最高幹部たちに、私は聞いた。

「私が辞めれば、事態は収まるんだな」

 沈痛な空気が流れた。

 やがて、誰かが口を開いた。

「時の流れは逆らえません」


 沈黙が凍りついた。

 わが胸に、痛みが走った。

 ――たとえ皆が反対しても、自分が頭を下げて混乱が収まるのなら、それでいい。

 実際、私の会長辞任は、避けられないことかもしれない。

 また、激しい攻防戦のなかで、皆が神経をすり減らして、必死に戦ってきたこともわかっている。

 しかし、時流とはなんだ!

 問題は、その奥底の微妙な一ではないか。

 そこには、学会を死守しようという闘魂も、いかなる時代になっても、私とともに戦おうという気概じられなかった。

 宗門は、学会の宗教法人を解散させるという魂胆をもって、戦いを挑んできた。それを推進したのは、あの悪高き弁護士たちである。

 それを知ってか知らずか、幹部たちは、宗門と退転・反逆者の策略に、完全に虜になってしまったのである。

 情けなく、また、私はあきれ果てた。


 戸田会長は、遺言された。

「第三代会長を守れ! 絶対に一生涯守れ! そうすれば、必ず広宣流布できる」と。

 この師の精神を、学会幹部は忘れてしまったのか。なんと哀れな敗北者の姿よ。

 ただ状況に押し流されてしまうのなら、一体、学会精神は、どこにあるのか!


 そんな渦中の、412日、私は、中国の周来総理の夫人であるトウ穎超(とうえいちょう)女史と、迎賓館でお会いした。

 その別れ際に、私は、会長を辞める向をお伝えした。

「いけません!」

人民の母”は笑みを消し、真剣な顔で言われた。

「まだまだ若すぎます。何より、あなたには人民の支持があります。人民の支持のあるかぎり、やめてはいけません。一歩も引いてはいけません!」

 生死の境を越え、断崖絶壁を歩み抜いてこられた方の、毅然たる言葉であった。


 やがて、暗き424日を迎えた。火曜日であった。

 全国の代表幹部が、元気に、新宿文化会館に集って来た。

 しかし、新たな“七つの鐘”を打ち鳴らす再出発となるべき、義ある会合は、私の「会長勇退」と、新会長の誕生の発表の場となってしまったのである。

 大半の幹部にとって、まったく寝に水の衝撃であった。

 私は途中から会場に入った。

「先生、辞めないでください!」「先生、また会長になってください!」

「多くの同志が、先生をお待ちしております!」などのがあがった。

 皆、不安な顔であった。

「あんなに暗く、希望のない会合はなかった」と、後に、当時の参加者は、皆、怒り狂っていた。

 私は、厳然として言った。

「私は何も変わらない。恐れるな!

 私は戸田先生の直弟子である! 正義は必ず勝つ!」と。


 あまりにも 悔しき この日を 忘れまじ

               夕闇せまりて 一人 歩むを


 これは、424日に記された日記帳の一首である。

 わが家に帰り、妻に、会長を辞めたことを伝えると、妻は、何も聞かずに「ああ、そうですか……。ご労様でした」と、いつもと変わらず、微笑みながら、迎えてくれた


【「随筆 新・人間革命」79/聖教新聞 1999-04-27付】