Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2003-06-28

名字の言


▼明治維新の功により「古今無類の忠臣」とたたえられた西郷隆盛が、征韓論に敗れて政府を去り、1877年西南戦争を起こした。戦端が開かれるや、マスコミはこぞって西郷を「逆臣」「賊臣」と批判。そのさまは「西郷に私怨(しえん)あるものか」とわれるほど▼定見のないマスコミに怒ったのは福沢諭吉。同年、彼は『丁丑(ていちゅう)公論』を著して、「官」が許せば何でも行う「官許の讒謗(ざんぼう)」の不当を説き、あえて西郷の「抵抗の精神」を評価した▼小説『新・人間革命』では現在、1970年の「言論・出版問題」の経緯が綴られている。民衆の幸福を願い、行動してきた学会を、マスコミや宗教界、国会がこぞって讒謗。「創価学会に私怨あるごとく」だった▼その様子に、評論家・加藤周一氏は「丁丑公論私記」を書いた。「言論の自由」を振りかざし、学会攻撃をするマスコミこそ「『言論表現の自由』の侵害の状況そのもの」と指摘。「官許の讒謗」とは「官利」のための攻撃にほかならず、マスコミの「抵抗の精神」を失った姿こそ、むしろ問題である、と▼かつて「讒謗律」「治安維持法」など、言論の自由に抑圧的だった日本。この国にとって「民」のを代表する学会の存在は、ますます大きい。(佳)


聖教新聞 2003-06-28付】

2003-06-25

愛犬「シロ」が教えてくれた“使命”


【女子部】まりん


 私は福子です。生まれながらにして御本尊様に巡り合いながらも、長い長い間、信に立つことができずにいました。自身の使命をじる今、当時のことを綴(つづ)って振り返ってみたいといます。


 私は支部幹部を務める両親の元に生まれましたが、学会が嫌いで仕方ありませんでした。両親は学会活動で大変忙しく、私は物ついた頃からお留守番が多く、寂しさ募る毎日でした。子供ながらに両親の活動はたくさんの人を幸せに導くための大切な活動だと理解する一方、信をしていないお宅の同級生とその両親を羨ましくっていました。


 両親は生命に及ぶ宿を信で何回も断ち切っており、御本尊様の凄さ、功徳などを私が幼い頃から何度も語ってくれましたが、私は御本尊様の計り知れない力をじつつも自ら法を求めて行こうという気持ちにはなれませんでした。毎日毎晩、会合の連続で家を空ける両親を見て私はいました。


「信をすれば功徳があるかもしれない。しかし、気力も体力も時間も人一倍必要なようだ。そんなに手間のかかる信仰でしか幸せになれないのだろうか? もっと簡単に幸福になれる方法があるのではないか? 努力と信だけでも道は開けるのではないだろうか?父も母も私と接する時間を割いてまで活動をしているけれど、私はそこまでして学会にしがみつくつもりはない。まぁ、どうしようもなくなった時にやればいいんじゃないの?」


 そういながらも、学生時代は未来部の会合には真面目に出席しておりました。それは私に信があったからでもなんでもなく、ただ、「両親は幹部だから、子供である私がしっかり活動していないと親の顔が立たない」という、両親に対する一種の義務だけでした。そんな姿勢ですから、当然楽しくありません。会合に行って元気になるどころか、自己矛盾を増幅させる一方で、辛くて嫌で仕方ありませんでした。この頃のの葛藤が、社会人になってから信に反発してゆく直接の原因となってゆきます。


 真面目に信をする振りをして社会人になった私ですが、社会に出ると至る所で、あらゆる人から学会に対する悪口をにするようになりました。元々、学会に対し識を持っていた私は、こらえきれない苛立ちを覚えました。


「どうして私は学会員の家に生まれたのか。もし信していない家に生まれていたならばどんなに気楽に生きていけるだろう! 学会2世として、好きで信したわけではないのに、人に悪口を言われながら学会員という前を背負っていくとは一体どういう事なんだ……」


 社会人になり、しばらくは女子部の会合に顔を出していましたが、少しずつ活動から遠ざかり始めました。私は世間の波に飲まれ、自分が学会員であることを、とても恥ずかしくうようになっていったのです。学会員である自分を忘れたくて仕方がありませんでした。そのうち会合に出なくなった私……。女子部の先輩が度々家庭訪問に来てくれるようになりましたが、私のはすさんでいました。わざと嫌な顔をして見せ、散々悪態をつき、大まで出して追い返すようになっていました。電話が掛かってくると怒鳴りつけて途中で切ってしまったりも何度もしました。もう学会とは全く関わり合いたくなかったのです。


「私は、私なりにもっと簡単な方法で幸せになる道を見つける!!」そうっていました。


 しかし、両親は時々うるさく「会合に出なさい」とは言うものの、それ以上のことは言いませんでした。今からうと、父も母も私に自分の過去の姿を見ていたのかもしれません。実は両親も一時期、学会から離れ、先輩に悪態をつき、その後、厳しい現証が出てきて、やっと本当の信に目覚めたという経緯があったからです。ですから、子供にもきっとそんな日が来ると予していたのかも知れません。


 私は女子部の先輩に対して当初、こうっていました。「こんなに熱に私のところに来て何が楽しいんだろう? 追い返されるだけなのに! 私はどんなに励ましを受けたところで、活動するつもりなにのにね。やりたい人だけやってたらいいんだよ! 全くご労さんなこと」。完全に見下げていました。そして毎回笑顔で訪問されるのがたまらなく嫌でした。「つくり笑いしてるんじゃないよ」とも内っていました。


 しかし、どんなに強く追い返しても、どんなにひどい言葉を浴びせたとしても、めげずに、何度でも満面の笑みをたたえて訪ねて来てくれるのです。そして何度も何度も電話を掛けてきてくれるのです。さすがの私もこれには参りました。


「どうしてあきらめないの? こんなにひどいことしているのに。それなのにどうして笑顔でいられるの? 私、この人には勝てないな……。もしかしてこの芯の強さこそが、信仰の力なんだろうか?」


 そううようになっていった頃です。私の生き方を一変に変える出来事が起こりました。


 2000年113日、5時頃――。


 ちょうど私の誕生日でもあったこの日、我が家の愛犬シロが16年の生涯を終えました。シロは座敷犬です。よく家は会合の拠点になっていましたが、シロは会合の邪をしたことは一切ありませんでした。吠えもしないし、つないでいなくても会合中に飛び出して行くこともありません。ずっと会合が終わるまでをひそめてじっとしていました。


 そんなシロが、亡くなる3時間前、も絶え絶えで、自力で立ってることもできないはずだったのに、突然、間に歩き出したのです。夜中の2時だったのですが、御本尊の前まで歩いて行くと、なんと頭を下げて御本尊様にご挨拶をしたのです。信じられないかも知れませんが本当なのです。驚くと同時に、衝撃が走りました。教学も、学会も何にも知らず、話すこともできないシロが、御本尊の凄さをその生命でじ取ってる。そして、瀕死の身体で、私達に何かを教えようとしている! 涙が溢れました。シロを抱きかかえて父は号泣していました。


 シロはそれから3時間後の早亡くなりました。素晴らしい成の相でした。普通、犬は死後カチカチに硬くなるとよく聞きますが、シロはまるで寝ているように関節が柔らかく、丸3日間はホンワカと体温が残り、顔は御書で説かれる半眼半口(はんがんはんく)の相でした。


「信以外で幸せになれる方法がある」とっていた私の妄は完璧に打ち砕かれてしまいました。私は自分の目で確かにシロの成の姿を見たからです。この法を否定するすべを完全に失ってしまいました。


 シロは、ただただ、御本尊様を純粋に信じ、謝のお辞儀をして旅立ちました。人生の総決算は死ぬ瞬間に現れるといいます。シロの一生は御本尊様への謝で締め括られ、人間である私達にまで動を与えていったのです。人間でも叶いがたい成を、シロは動物の境涯で、謝の一のみで叶え、最高の相で霊山(りょうぜん)に旅立っていったのです。私はこの事実を通して、シロのように純粋な信を貫けば、自身の成はおろか現世の願い全て、確実に叶う法であることを大確信することができました。絶対に間違いありません。私は自分の目で、確かにその真実を見届けたのですから! そしてまた、信は“こそ大切なれ”であることも、シロが身をもって教えてくれました。


 あの日、発(ほっしん)してから3年たった今、私は大きく変わりました。何より、一番変化したのは自分の今いる環境にから謝できるようになったことです。確かに、色々と悩みはあります。しかし、この御本尊様は“祈りとして叶わざるはなし”の御本尊様であることを、頭ではなく、生命で実できるようになってからは、生活の中で起こること全てが喜びなのです!


 悩みがあるからこそ、人間が大きくなります。成長できます! 別に格好つけて勝手な観論を展開しているのではありません。


「願いが叶うかもしれない」のではなく、「絶対に願いが叶う」と断言する御本尊様です!


「幸せになれるかも知れない」のではなく、「必ず幸せになる」と断言する御本尊様です!


 シロが身をもって教えてくれたように、“純粋な一”があれば、どんな悩みをもしみも全て自分の成長の種と変化し、間違いなく、輝く人生が送れるのです!! 法とは希望の異です! 悩みのない人なんていません。しかし、悩みすらも喜びとする人生を歩める人は、誰よりも幸福です。ましてや、宇宙一、確実に最高の人生を築くことができる方法が目の前にあるのです!!


 御本尊様に背を向け、世法で幸せを掴もうとしていたあの頃の私をうに、“本当にもったいない時間を過ごしてきた……”と後悔することしきりなのです。あの頃の私が怒鳴りつけた先輩の側に立って、命の底からの歓びを一人ひとりに伝えてゆくこと――これこそが私の学会活動です。


 今、たくさんの先輩や同志の方々と共に広布の道に邁進(まいしん)できることを、何よりも誇りにいます。


 未活動の頃は、1秒たりとも学会のことを考えるのが嫌でたまりませんでした。しかし、学会の事、部員さんのことをいつも考える私が、今、厳然とここにいます!!


 ああ、生まれながらにして法と縁していて本当に良かった!! 学会員で本当によかった!! 多少、遠回りしたけど、の底からそういます。


 私が反発していた日々も、法の眼で見れば大切な使命に変わります。過去の私のように未活動の部員さんに、を大にして私の体験や私のいを語りたいのです!


 この法の素晴らしさを! そして学会の温かさを!!


 これからも、歓喜、動、謝の信で頑張ってゆきます!