Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2004-10-20

司会:座談会の場合


 まず、当たり前のことだが、地区活動者会に参加してない男子部にやらせるべきではない。地区の牽引力として、責任に燃えている人が行うべきである。


 担当幹部のために、式次第を13行罫紙(折ってはいけない)に清書して、会場へ持ってゆく。もちろん、ワープロ打ちでも構わない。


 地区部長よりも早く会場へ駆けつけ、参加者を迎え入れる。人に先んじて、勝因を積んでおく。


 座談会は全員発言を旨とする。ここで最も重要になるのは相槌(あいづち)である。「ヘエ!」「ホウ!」「凄いですね!」を連発する。


 式次第の区切りに何か一言発言する。但し、出過ぎた真似は逆効果であると知ろう。


 終了後、参加者全員に声を掛け、玄関で見送る。特に、座談会で発言してない方がいた場合、絶対に声を掛けておかねばならない。また中には、終わった途端、速攻Aクイックで帰ろうとする人もいるので、題目三唱の余韻が残っている内に、玄関へ移動すべきである。


 座談会での司会を立派に務めるために、地区活動者会などでも進んで司会を務める。そのために、地区部長・地区婦人部長と事前に連係をとっておく。同様に、男子部の部活動者会でも司会をやり切ってゆく。普段からこのように掛けることによって、中者の呼吸を知り、組織を運営する主体的な姿勢を培ってゆける。