Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2004-12-15

創大利用


 各種グループや、創大サークルのOBによる組織利用にも要注。なんだかんだと理由をつけながら、それを決めているのは、一部のメンバーであることが多い。少しでも不明な点があれば、断固、拒否すべきだ。実際にトラブルも起こっている。


 先日、こんな相談を受けた。創大のあるサークル出身者に対する寄付金の要請があり、どうしたものかという内容だった。私は言下に「賛同する必要なし」と答えた。音頭をとっているのは某分区の婦人部長だった。このサークルの卒生は数百人に及ぶ。案内状の切手代などは一体、誰が負担しているのだろう? 折からの不況で、必死の生活闘争をしている方も少なくない。資金繰りで悪戦闘している自営者だっているだろうし、子供の進学や、親の病気などで不の出費が嵩(かさ)んでいる方もいるだろう。件(くだん)の婦人部長に、この程度の像力もないことが明らかだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20041215/p2