Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2005-03-24

「日禅授与本尊の模写」は日顕の持論(下)


【『フェイク』第588号 2005-03-24


「日禅授与本尊の模写」は日顕の持論(上)の続き》


妙」に非され窮地に立つ日顕


御本尊を鑑定できたのは当時の教学部長だ


「天に向かって唾(つばき)す」の譬え通り、ドジ新聞「妙」が「大御本尊は日禅授与本尊の模写」について反論や弁解をすればする程、日顕を非して窮地に追い込む皮肉な結果になっている。


 何故なら「(大御本尊は)日禅授与の本尊の題目と花押を模写し」と発言した張本人は、日顕に他ならないからだ。その日顕の発言を正確に書き留めたのが「メモ」の異を持っていた河辺慈篤(故人)であった。


 このことは、日顕自らが平成11年79日付の宗務院通達の中で「それらの(注・大御本尊に関する外部からの)疑について河辺師に対して説明」したものと認めている。


 また、河辺自身も同10日付の通達で「両御本尊(大御本尊と日禅授与本尊)の関係に対する妄説が生じる可能と、その場合の破折について話を(日顕から)伺ったもの」とはっきり認めていた。

「A面談」のAとは、阿部信雄であることを日顕も、河辺も否定したことはない。


 しかも、この「河辺メモ」には「日禅授与の本尊に模写の形跡が残っている」との鑑定者の発言までも記録されている。

 模写とは、紙幅の曼荼羅をもとに板本尊を謹刻する際、当時の「かごぬき」という技法で、紙幅の曼荼羅の上に薄紙をおき、首題と花押を上から筆で紙幅の文字の輪郭をなぞっていく。そうして正確に写し取った薄紙を板の上に張り、彫刻するのである。

 この際、輪郭をとる時の筆の墨が薄紙を抜けて下の紙幅の曼荼羅にうつってしまうことがある。それを「模写の形跡が残っている」と、鑑定者は言っているのだ。


 となると、鑑定者は当時、御宝蔵に格護されていた日禅授与の本尊の「模写の形跡」まで発見できる程、間近で現物を拝することができた人物ということになる。

 そんな者は宗外はもちろん、宗内にもほとんどいない。 


 更に「妙」(316日付)は「今日、日蓮正宗富士大石寺においては、本門戒壇の大御本尊をはじめ全ての御本尊について写真撮影や鑑定調査を許していない」「軽々にを測る(研究する)対象とすることは、上慢・不敬に陥る畏れがある」とも書いている。


 かつて「妙」は、後の正信会僧・大黒喜道に濡れ衣を着せて鑑定者にデッチ上げようとした。だが、昭和53年2当時は教師の補任も受けていない所化小僧の大黒では「種々方法の筆跡鑑定」や「比較鑑定」をすることは立

場上、到底、不可能である。


 それが出来た坊主は日禅授与本尊のカラー写真を所持していて「宗内で御本尊鑑定の第一人者」を自認していた当時の教学部長・日顕以外にないことは火を見るより明らかだ!


 昨年の夏期講習会第9期(725日)でも日顕は自分が御本尊鑑定の権威であると自慢して「私どもは一目見れば一目瞭然、大聖人の御真筆か否かは判ります。そういう偽物が日本中にたくさんあるのです」等と得々と語っていた。


 この発言は日顕が鑑定して「大御本尊は偽物」と断定した事実を記した「河辺メモ」の正確さを強く印象づけるものであった。


妙」が言う「莫迦者、上慢・不敬」とは日顕の事だ!

人生の喜び


 人生や生活には様々な喜びがあろう。ラーメンを食べて「ああ、おいしい」(笑い)とうのも喜びだし、また、恋人とのデートがこのうえない喜びの瞬間だと(大笑い)じる人もいよう。更に、職場の役職が上がった、立派な家を建てた等々、それなりの喜びがある。

 しかし、こうした喜びがいかにはかなく、長続きしないものであるかは皆さまもよくご存じの通りである。また、財産や地位、誉などは、突き詰めれば、自分の外面を飾る“衣服”や“装飾品”にすぎない。

 結論として、信に励み、の境界を得ることこそ、崩れざる真実の喜びである。そして、そのの境界に立脚してこそ、甚深の「智」がわき、限りない「慈悲」のを持っていくことができる。そこに人生の「歓喜」がある。


【第10回全国青年部幹部会 1988-12-10 創価文化会館


 境界と境涯は同じ味。生命論の場合は境界と書き、人生論・人間論に即して境涯と表す、と私は理解している。


 幸福である状態を「喜び」とすれば、十界論では天界から上の四聖となる。天界の喜びは長続きしない。聞界・縁覚界の喜びは、天界よりは長続きするが、エゴイズムに傾きがち。菩薩界の喜びは、人を救う喜び。界の喜びは、永遠そのもの。


 ところがどっこい、「♪わかっちゃいるけど、やめられない」というのが人間の(さが)。人の欲望の対象となる嗜好は、年齢と共に移り変わる。よく言われるのは、「異→飲食→鉱物」という変遷。鉱物とは宝石。宝石は、自分が死んだ後も残るから、永遠への憧れとも考えられる。


 人間は欲望に生きる動物ともいえる。だが、欲望の充足だけが幸福とはいえない。結局、「何のために生きるのか?」という命題は、「何をもって人生の喜びとするか?」という問題になろう。


 世間の法にも重をば命を捨て報ずるなるべし又主君の為に命を捨る人はすくなきやうなれども其数多し男子ははぢに命をすて女人は男の為に命をすつ、魚は命を惜む故に池にすむに池の浅き事を歎(なげ)きて池の底に穴をほりてすむしかれどもゑ(餌)にばかされて釣(つり)をのむ鳥は木にすむ木のひき(低)き事をおじて木の上枝(ほつえ)にすむしかれどもゑにばかされて網にかかる、人も又是くの如し世間の浅き事には身命を失へども大事の法なんどには捨る事し故にになる人もなかるべし。(956頁)


 仕事をし過ぎて過労死する人がいる。会社が社会的な問題を起こすと、自ら命を絶つ人もいる。悪い男に騙(だま)されて人生を棒に振る女もいる。幸福というの「餌(えさ)」に引っ掛かる姿は、鳥や魚と異ならない。まして、飽食の現代社会にあっては、至るところに「餌」が転がっている。


 我が生命のを薫発し、強靭な生命力を発揮しながら、人々の生命を揺り動かすところに真実の喜びがある。これを折伏づける。

四条金吾釈迦仏供養事


 日蓮をたすけんと志す人人・少少ありといへども或はざしうすし・或はざしは・あつけれども身がうご(合期)せず(1149頁)


【建治2年715日 55歳御作】


 様々な姿の弟子がいる。志は厚くても実践なき弟子を口舌の徒とづく。大聖人の厳しき瞳には、四条金吾の姿が頼もしく映っていた。竜の口の法難に同行し、追い腹を切ろうとしたその姿は、師と共に生き、師と共に死んでゆかんとする師弟不二の魂だ。この御聖訓は、四条金吾に対して人材育成を促されているようにも読める。

四条金吾殿御返事


 此の法門につきし人あまた候いしかども・をほやけ(公)わたくし(私)の大・度度重なり候いしかば一年・二年こそつき候いしが後後には皆或はをち或はかへり矢をいる、或は身はをちねどもをち或はは・をちねども身はをちぬ。(1180頁)


【弘安元年915日 57歳御作】


 最近、口癖になっている御文。大が起こると、「皆或はをち或はかへり矢をいる」と。人間の弱さ、デタラメさ、だらしのなさが恐ろしい。辛うじて残った弟子といえば、動いてはいるものの歓喜を失い、あるいは信があっても行動が伴わなくなる。役職があるにも関わらず、その責任を果たさない人は、「身はをちねどもをち」に該当する。毎日が、堕落・惰との戦いである。2010年のその後をう。

土籠御書


 法華経を余人のよみ候は口ばかり・ことばばかりは・よめどもはよまず・はよめども身によまず、色二法共にあそばされたるこそ貴く候へ(1213頁)



【文永8年10 50歳御作 与日朗


 佐渡流罪と時を同じくして、囚(とら)われの身となった弟子もいた。受を称賛された日朗だが、大聖人滅後に日興上人を裏切った。大聖人門下として生涯を全うすることのしさを知ることができる。若き日の誓いを見失えば、その瞬間から退転という奈落に堕ちてゆく。

Connection: close