Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2005-09-29

小さな行為に大いなる功徳が


 一日の仕事を終え、遠路、駆けつけてくださった諸君である。中には、疲れている方もあろう。本来なら、もっとゆっくりと、食事をしたり、少々休憩をとってからともうが、会場や時間の都合でそうもいかず、気の毒ないでもある。

しかし、そのような中、広布の集いに参加することが、いかに素晴らしいことであるか。

法華経随喜功徳品第十八」には、次のような一節がある。

「若し復人有つて講法(こうぼう)の処に於いて坐せん。更に人の来ること有らんに、勧めて坐して聴かしめ、若しは座を分かつて坐せしめん。是の人の功徳は、身を転じて帝釈の坐処、若しは梵天王の坐処、若しは転輪聖王の所坐の処を得ん」(『妙法蓮華経並開結』535頁)

 ――もし、ある人が妙法の説かれる場に座し、更に後から来る人があれば、席を勧めて法を聞かせてあげ、また、自分の席を譲り分かって一緒に座らせてあげれるならば、その功徳によって、この人(席を勧めるなどした人)は、未来世におい帝釈天の座る場所、あるいは梵天王の座る場所、転輪聖王の座る場所を得ることができる――と。

 妙法を信じ、広宣流布のために行動しゆくならば、福徳を重ね、まさに王者の境涯と使命を得ることができるとの経文である。折伏に励み、大御本尊まします総本山に、ともに参詣することはもちろん、友と広布の集いに一緒に出席する。また、そうした人々を、創価班、牙会、白蓮グループ等の方々が、「ようこそ」と真の笑顔で迎えることなども、この経文に説かれた義に通じていこう。

 このように、日々の地道な活動の中で、実は計り知れない功徳が我が身に積まれているのである。そして、生々世々、今世の姿からは像もつかないほどの大福徳の境涯で生まれ、数多くの同志を悠々と守れるような立場となって、正法のために働いていくことができる。その限りない連動の中で、広宣流布は全地球上に壮大に展開していく。


【第14回全国青年部幹部会 1989-04-25 創価文化会館


 人間関係を疎(うと)ましくじる人々が多くなった頃に、ジュリーこと沢田研二が吐いた言葉が、「小さな親切、大きなお世話」。


 縁起を説く法で、この考え方は通用しない。「小さな親切、大きな功徳」だよ(笑)。


 幸福とは“価値の追求”であり、価値とは関係の中に生じるものである。これが牧口価値論の骨子。


 依正不二とは、自分と環境が密接不可分な関係であり、環境に振り回されることもあれば、環境を動かしてゆくこともできるという生命論。法では、環境や相手は、自分を映し出す“鏡”と捉えている。それも、“個人”という概ではなく、“生命の我(が)”という観点からである。


 一代の肝法華経法華経の修行の肝は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ教主釈尊出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ(1174頁)


「振舞」とは、社会や人に関わる行動のこと。他者へのが深ければ深いほど、自分の振る舞いが価値を生み、幸福な関係となる。愛し合う二人の如し(笑)。


 牙会メンバーは、聞くところによると来世は門のついた家に生まれるそうだ。我々創価班は、「ケッ、俺達は守衛つきの家に生まれようぜ」と軽口を叩いたものだ。


 小さな善行が生命を清らかで逞しくしてゆく。会館で小さなゴミを見つければ直ぐに拾い、トイレを出る時は全てのスリッパを揃えることを、私は常としている。

高齢者を大切にして、周の文王は栄えた


 大聖人は、「日女御前御返事」で次のように仰せである。

「周の文王は老たる者をやしなひていくさ(戦)に勝ち、其の末・三十七代・八百年の間すゑずゑ(末々)は・ひが事ありしかども根本の功によりてさか(栄)へさせ給ふ」(1250頁)

 ――周の文王は、老いた者を大切に養って戦いに勝ち、その子孫は37代800年の間、末裔(まつえい)に至って、得違いの悪政の時代もあったが、根本である文王の功によって長く栄えることができたのである――。

 国であれ、団体であれ、長きにわたる繁栄を決定づけるものは、草創期における基盤づくりである。

 文王は、国と民の行く末をい、“800年”の土台を築いた。いわんや広宣流布末法万年への法戦である。私も今日まで、未来への完璧な広布の土台づくりを期し、死力を尽くしてきたつもりである。


 先の御書に、「老たる者をやしなひて」と仰せのように、文王は高齢の先駆者を大切に養った。王の徳政は、こうした陰の人をはじめ、目立たぬ立場の人々にも及び、民は喜び、国は栄えた。どこまでも陰の人を大切にし、を砕いた文王の姿に、指導者の重大な要件が示されている。

 とともに指導者は、民衆に“敗北”のしみと惨めさを味わわせてはならない。民衆と共に、民衆のために、堂々と試練に挑み、一切に勝利しゆく「勝利王」こそ、優れたリーダーたる証である。

 そのためには、勝ちゆくための知恵と力が不可欠である。聡明さと強さがなければ、戦いには勝てない。

 どうか、朗々たる唱題で、こんこんと豊かな知恵と生命力を湧かせながら、賢明なリーダーとして、見事なる勝利の歴史を重ねていただきたい。


【第16回本部幹部会 1989-04-19 岐阜池田講堂】


 昨今は、親や教師を平気でぶん殴るようなのが、随分といるようだから、日本が栄えてゆくのはしいだろうねえ。「高齢化社会」から「超高齢社会」に向かう中で、「少子化」に拍車がかかっている。2007年度からは、受験者数が大学の定員数を割ることが既に予されている。また、長寿社会とはなったものの、介護等の負担は今後ますます増えることだろう。


 お年寄りを大切にしない社会は、知らずの社会だ。先人への謝を失った時、エゴイズムが台頭し、人間関係は急速に稀薄となる。長幼の序を軽視することは、人間の尊厳を踏みにじることに等しい。固有の生き方を認め合うところから、互いに学び合い、啓発し合う関係が生まれる。


 今、日本の経済がやっと上向きになってきた。これを支えてきたのは、“リストラ”というの企努力だ。バブル期に広げ過ぎた風呂敷を畳むために、長年にわたって勤務し続けてきた社員の首を次々と斬り捨てた。これが社会の実相であろう。企は、ポイ捨てした社員の賃金分を利益に加え、外国人投資家が、とてつもない大きな網を仕掛けて、日本株を買い漁(あさ)っている。


 まあ、とてもじゃないが、日本が“栄える”ことは無理。その無理を承知で、革命に取り組んでいるのが我々だ。


 アフリカには、「老人が一人死ぬと、図書館を一つ失ったのと同じだ」という価値観がある。冷たい見方をすれば、そこには、文字文化が発達してない現実もあるだろう。だが、メディアやテキストによる洪水のような情報に、人の温(ぬく)もりはない。経験に裏打ちされた老人の言葉には、人間の智が秘められている。


 坊主という“癌”を切除してから、完全に“世界の創価学会”となった。先生は、世界から180の学術称号を授与され、190ヶ国にまで同志が存在する時代となった。かくも偉大な勢力となった源流は、代々の会長の指揮のもと、道なき道を切り拓いてきた草創の先輩方の大闘争にあった。


 個人折伏の数で役職を決めれば、大幹部の多くは末端に追いやられることだろう(笑)。折伏労は、折伏した人にしかわからない。広宣流布の労は、広宣流布を進めた人にしかわからないものだ。


「老いたる母の 築きたる」学会を、青年部は全存在を懸けて守り抜け。