Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2006-03-04

検証:日蓮仏法の理論


【「絶望の淵で掴(つか)んだもの」の続き】


 私は、大変良質な研究材料として、我が身での病の実験を行ったも同然です。何と、まりんは、気がつかない間にモルモットとなっていた! ということです。


 皆さん、この体験を読まれて、おわかりになるかといますが、最終解決に至るまで、母そのものが変化することはずっとありませんでしたね。


 どんどん、変化を遂げたのは私のほうです。結局、環境をどうこうしよう、相手を変えようとったところで自分の力ではどーにもなりません。


 日蓮法の根幹は、「相手ではなく、自分が変われ」です。自分が変わることで、自分の環境が見事に変わっていく。それが法の理論であり、結果として出てくるものであります。


 自分のが変わったとき、それに連動するかのように母も自然に変わりました。


検証:物事の考え方にはAとBが存在する


 母に対する見方は大きな変化を遂げましたが、どちらもそれなりに理由をもった見方です。


 A――母は、むごい仕打ちを繰り返す。私は傷つくばかり。とんでもない存在である。

 B――母は、むごい仕打ちを繰り返す。が、それは私にの病がどれほど辛いものかを経験させる為の手段であった。

 そうです。物事には必ず両側面の考え方が存在するのです。それに気がつかないで、片方ばかりを見ると、とんでもなくしかったりで、自分の置かれた環境の劣悪さを呪うばかり。


 見方を変えれば、以前と全く別の大変幸福な道を歩んでいくことが可能になります。その、「ものの捉え方の大転換」の方法が、日蓮法の凄さであります。


 他に、具体的な検証例を挙げておきましょう。仕事に対する取り組み方にも、AとBの考え方が存在します。


 A――仕事を「やらされている」と捉え、務に携わる。

 B――仕事を「させてもらえる」と捉え、務に携わる。


 やる気になって気分よく仕事ができて、績が上がり、給料もアップするのはBの考えだという事がわかりますね。


検証:学会組織の必要/一人で信はできない


 一人で題目をあげ、新聞その他を読み、法知識を得ることは可能です。しかし、人は人との関わりの中でしか、自身の成長という本当の信の目的は達成できません。


 組織から離れると自己中に傾き、周りが見えなくなるからです。私の場合も同格で、自己の情から何度も本質を見失いかけました。自殺の方向へ考が傾いたり、母を恨む情に取り付かれたりと、環境にめまぐるしく右往左往し、真実を見失うところでした。

 客観的な眼差し・法の法則の眼で、指導激励くださる信の先輩がいて、初めて宿命転換が可能となり、自己の悟りへつながるということを痛しました。


 池田先生がご指導の中で何度も「一人を大切に」とおっしゃっていました。人は、人の真に突き動かされて進んでゆけるものといます。私も、私を大切にして下さるたくさんの先輩方に支えられ、こうして幸福へと大転換することが出来ました。


 組織の大切さ、温かさを身をもってじます。


検証:御書は学び、身で読み、また学ぶ


 私は理論から入るタイプですので、どうしても御書だけが得と化します。理論も納得するためには大切ですが、実際に自分で本当かどうか実験する(体験する)という過程が必要です。


 私のようなタイプは、理論を納得するまで、のめり込みますが、納得し得た理論を自分で実験し展開していく過程が大変に手ですね。頭でっかち型とでも申しましょうか。


 こういった人は大変に危険です。一つ間違えば、法を自分の都合のいいように改ざんしてしまいます。また、自分に合うもの合わないもの(実行しやすいもの、手をつけたくないもの)を勝手に選びとり、大変、自己中にのめり込みやすくなります。


 釈尊が残した膨大な法経典の中で二乗が許されたのが法華経だけ、というのはこういったことからだと私はいます。


 学会組織内部アンチの人間に、結構このタイプが多いのではないでしょうか。


「各各我が弟子となのらん人人は一人もをくしをもはるべからず、をやををもひ・めこををもひ所領をかへりみること・なかれ無量劫より・このかた・をやこのため所領のために命すてたる事は大地微塵よりも・をほし、法華経のゆへには・いまだ一度もすてず、法華経をばそこばく行ぜしかども・かかる事出来せしかば退転してやみにき、誓えばゆをわかして水に入れ火を切るにとげざるがごとし、各各い切り給へ此の身を法華経にかうるは石に金をかへ糞に米をかうるなり」(「種種御振舞御書」910頁)


【通解】各々日蓮の弟子と乗る人々は一人も臆するを起こしてはならない。大のときには親のことを配したり妻子のことを配したり所領を顧みてはならない。無量劫の昔から今日まで親や子のため、また所領のために命を捨てた事は大地の土の数ほど多い。だが法華経のためのゆえにはいまだ一度も命をすてたことはない。過去世にずいぶん法華経を修行したけれども、このような大が出てきた場合には退転してしまった。それはたとえばせっかく湯を沸かしておきながら水にいれてしまい、火をおこすのに途中でやめておこしきれないようなものである。それではなにもならないではないか、今度こそ各々覚悟を決めきって修行をやりなおしなさい。命を捨ててもこの身を法華経と交換するのは、石を金と取替え、糞を米と交換するようなものである。


 私が、身を粉にするいで自分のに「法華経の実験」をした結果。特にこの御書の最後の味を、こう納得することができました。


「命を捨ててもこの身を法華経と交換するのは、石を金と取替え、糞を米と交換するようなものである」


 私の法華経実験の結果はこうです。

「宿命を悟りに、功徳に、絶望を希望に交換した」。


 大聖人のおっしゃる言葉が、まさに真実であるとの証明と確信を得ました。

黙々と我が使命を果たせ


 仕事でも、活動でも、大事なことは、「今いる場所」で何かを残していくことだ。

「あの部署なら頑張れるのに」「あの地域ならば戦えるのに」とうこともあるかも知れない。

 しかし、現実はそれほど甘くない。自分自身が確立されていなければ、どんなところにいっても、結局、同じ問題で悩むものだ。すべては「自分」で決まるのである。

 戸田先生は、「牢獄が一番、自分を鍛えられる場所だ」ともおっしゃっていた。身勝手な生き方では、人間としての“芯”をつくることはできないのである。

「どこでもいいです」「どんなところでも頑張ります」──こういう人が一番、強い。

 今いる場所で黙々と、我が使命を果たす人が一番、偉大なのである。

「重大な使命をもつ学会のなかで、自分の使命というものが何かということを、忘れてはならない」──これが戸田先生の厳命であった。


【代表幹部協議会 2005-11-25 創価文化会館


 不自由な環境に打ち勝ってこそ力がつく。


 強敵を伏して始て力士をしる(957頁)


 私が一番しかったのは、部長の時だ。27歳で隣の部へ派遣となった。全く結果の出ない、言わば“お荷物的存在”の部だった。クセのある人が多く、当然ではあるが、殆どが年長者。後で聞いて初めて知ったのだが、その上、「小野は本部内で派閥を持っている。気をつけろ」などという噂が流されていた。


 ここの組織はさすがの私も辟易(へきえき)した。新部結成式に集ったのは、私を入れて4。二人の地区幹部は、洗いざらしの髪で、一人は短パンだった。軽く注をすると、「あ、そう。じゃ、俺、帰るわ」「あ、嘘、嘘。待って、待って」とこっちが下手に出る始末(笑)。4地区の内、機能しているのは1地区だけという現状だった。


 唯一の救いは、支部長と婦人部長が大歓迎してくれたことだった。このお二方は個的なことで有な幹部だった。どちらも気が短く、喧嘩っ早いところが、私と瓜二つ(笑)。しかも、がでかいと来ている。この二人から、「とにかく、男子部を何とかして欲しい」と切望された。


 副部長は6歳年長の方で、最初の内は、やたらぎこちなかった。噂話を真に受けていたためだった。私は、まず一人の味方をつくろうと、この副部長と毎日、会うことを掛けた。


 最初の内は、何をやっても結果が出なかった。部長になって間もない頃、総区を代表して、先生から激励の品を頂戴する機会があった。総区男子部長は授与する際、「結果が出ているわけではないが、本当に大変な中で戦っている」と紹介して下さった。顔を合わせる度に、「どうだ?」「大丈夫です!」というやり取りが続いていた。


 私は、とにかく信の楔を打ち込もうと、御書とスピーチの研鑚を中とするリズムをつくった。少しずつ、活動家が増えだした。転入してくる男子部も出てきた。この間、私は3地区を駆け巡り、地区部長・地区婦人部長と連係を欠かさなかった。


 私は部長になるまでというもの、元気と勢いだけで進んできた。また、それが評価され、大切にされてきた。ところが、この部に来た途端、それが全く通用しなくなったのである。そして私は、“自分が変わらざるを得ない現実”に気づいた。


 ポツリポツリと自分の悩みを打ち明けるメンバーも現れた。御書とスピーチが少しずつではあるが、確実に皆の信の姿勢を正した。高校を卒して、新たな男子部員が登場したことも、大きな影響を与えた。


 9ヶ後、3地区の地区リーダーを変えた。ここから、やっと私のペースにできた。面白いように結果が出だした。仕事で多忙だった地区リーダーの教学試験も勝ち取った。共に研鑚する中で、着実に絆を深めることができた。


 2年3ヶを経て、私は本部長となった。それ以降は、飛ぶ鳥を落とす勢いだった。今、振り返っても最強の本部だったと自負している。大いなる世代交代の局面を迎えて、私は鬼とならざるを得なかった。江東男子部の伝統は、それほど重いものだった。


 一番、大変な組織だったが、一番、勉強になった組織でもあった。


【※指導は、NON氏の投稿によるもの】

婦人部殿御返事


 先生は最近、一貫して「下から上を動かせ」と指導されている。早速、それを実践して参りたい(笑)。


 先日、ある婦人部の最高幹部が語った話を聞いて、私はを疑った。


 先生は今、「婦人部を大切に」とおっしゃっている。折伏も、新聞啓蒙も、財務も、一番、頑張っているのは婦人部です。威張っている壮年はいませんか? 婦人部を大切にするのが当たり前なんです。


 師の言葉を利用して、殊更(ことさら)、差異を強調する指導に、どんな味があるというのだろう? しかも、根っこに隠されているのは、成果主義に他ならない。婦人部は一番、人数が多いのだから、分母を部員数にして算出するなら、まだ理解できる。


 師の激励を、自分達の権威付けに用いる魂胆が浅ましい。


 全国婦人部幹部会が開始された当初も、先生は婦人部を讃嘆されていた。時の婦人部長であった坂口幾代さんは語った。


 先生は今、婦人部を最高に大切にして下さっている。だからこそ、私達婦人部は“いい気”になってはいけない。どこまでも謙虚に進もう。(趣


 指導の受け止め方に天地雲泥の差がある好例である。信弱き人は、必ず何かで自分を飾ろうと企てる。信強き人は、毀誉褒貶一喜一憂せず、淡々と己(おの)が道を歩む。


 女子部・婦人部を大事にするのは当たり前だ。私も人後に落ちないつもりだ。だが、それをもって、増長する人間がいるとすれば、勘違いも甚だしい。