Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2006-03-16

指導主義


 創価学会指導主義である。つまり、“御本尊を拝もうではないか”と御本尊を指し示していくことが指導である。御本尊とは何かと説明することは第二義でよい。それよりも、具体的な実践活動を教え、題目をしっかりあげさせることが指導なのである。



 質問を受けた場合も、わからないから指導できないということはない。“わかる人のところへ一緒に行こう”、これが立派な指導である。指導は一から十まで自分が教えるという教授主義ではいけない。指導主義の方がずっと価値があり、どこまでいっても行き詰まりはない。



 教授主義は、必ず行き詰まりがあり、知ったかぶりの偽善になることが多い。したがって、指導を根本に、もちろん教授もしなければならない場合もあり、訓練が必要とされる場合もあり、擁護する場合もある。指導主義には、これらの全部の要素が包含されているのである。



 指導主義の精神を忘れると、情になったり、権威主義になったりする。指導主義の根底には、あくまで慈愛がなければならない。指導主義だからといって、要領よく自分が責任を回避し、一緒に問題解決に努力するということをせず、人まかせにするのは、指導主義ではなく、要領主義といわねばならぬ。



 指導には変な遠慮はいらない。率直に広宣流布へ向かっての、熱烈な確信を訴えるべきである。また、自らの体験を通して、人間にあふれた信の激励をすることである。更に、若々しい、新しい覚をもった指導、斬新味を加えた指導が大切である。

形式にとらわれず、時代に相応しながら、妙法を根幹とした指導でいくべきである。



 指導に行った先では、最高度に将来を考えて手を打たなければならない。その場限りの話や指導だけで終わっては、自己満足に過ぎず、聡明な指導者ではない。また、現地でつくったスケジュールに引きずり回されるような指導であってはならない。現地の人の考えつかない、もう一歩、大局的見地から、行く先々で将来のための楔(くさび)を打たなければならない。



 指導には、優しくいたわってゆくが大切である。けれども、言うべきことを言わないのはいけない。厳しく言ってあげることが、相手の大いなる飛躍の源泉になる場合がある。また、幹部が元気で指導に臨めば、相手も元気になる。境地の二法であり、依正不二である。

この指導によって、信の自覚を生じさせよう、生涯の道修行の活力にしよう、という確信が一切の指導の根本になる。


【『指導メモ』 1966-06-01発行】


 これを知らずして学会幹部を乗ることは許されない。激励の奥底に指導主義を欠いてしまえば、口先だけの愛となろう。


 進むべき方向を指し示すためには、自分がリードしている必要がある。同じ位置では駄目だ。境涯において、何歩も何十歩も何百歩も先んじていればこそ、的確な指導が可能となる。


 10代、20代で既に何かから逃げたことのある人は、それが生涯の壁となる。「ちょっと、よくなっては逆戻り」という繰り返しになりがちだ。全部、自分がわかっているはずだ。


 ありとあらゆる課題に挑戦し、乗り越え、境涯を革命した人のみが、信の醍醐味を知る人だ。そして、その楽が人間を深めるのである。


 善知識とは、指導する関係のことだと私はう。指導する場合もあれば、指導される場合もある。一方通行では駄目だ。「指導しているだけ」、「指導を受けてるだけ」の人は偏っている。自ら指導を求め、それを後輩に伝えてゆく。ここに和合僧の生命線がある。善知識が多い人は幸せだ。善知識が多い人ほど動がある。


 法華経において地涌の菩薩が陸続と出現する様は、正しい信指導によって、次々と民衆が立ち上がる姿を表現したものと信ずる。


 今日、3.16の儀式から48周年を迎える。

グローバル・スタンダードを目指せ


 さて、現代はまさに、目まぐるしい「変化、変化」の時代である。であれ、技術であれ、流行であれ、数年前の「新」は、たちまち「旧」となり、精彩を失う。この傾向は21世紀に向かって、ますます強くなっていこう。

 ものの見方や価値観も多様化し、旧来の世界観で現実を理解することはしくなった。例えば、10年前には像もつかなかった「人間」「物」「情報」の世界的な交流である。これにより、地球の一体化と相互依存は飛躍的に高まり、従来の国家中の考え方は大きく揺らいだ。柔軟にしてグローバル(地球的)な視点なくして、何も語り得ぬ時代である。

 とともに、こうした時代の波浪と変転に流されぬ「個人」「人格」の確立が一段と重要になっている。確かな人生の哲学、そして、人間としての強靭な個。これがなければ、人はいつしか、絶え間ない変化の波に押し流され、社会の激流に翻弄されてしまうであろう。


第20回本部幹部会 1989-08-17 長野研修道場


 御書と同じく、先生の指導も背景と大を押さえることが大事だ。


 1985年のプラザ合意によって、不動産価格が一気に上昇。日本はバブル経済へ突入した。


 あの頃を振り返ると隔世のがある。幹部の必需品も、FAX→ポケットベル携帯電話→パソコンと激しく変化した(笑)。


 好景気で日本中が浮かれていた。誰もが、バラ色のまま、21世紀を迎えると信じていた。一番、いい気になってたのは、日顕宗の坊主どもだろう(笑)。


 ここで先生は先手を打たれた。まず、小冊子『今日より明日へ』を発行(1987年1125日)。1988年前後からは、電話回線を利用した音の同時中継が始まり、第20回本部幹部会の翌週に行われた「第1回東京総会」(1989年824日)で、遂に待望の衛星中継が実現した。


 何にも増して最大の変化は坊主と手を切ったこと。これによって、学会は“自立した民衆”となったのだ。日顕による宗門問題の直後に、大蔵省銀行局長通達「土地関連融資の抑制について」が発出され、これがバブル崩壊の引き金となった(1990年327日)。


 学会も変わった。威張る幹部が減った(笑)。しかし、その一方で個的な幹部もいなくなってしまった。


 時代や社会の変化を乗り切るためには、常にグローバル・スタンダード(世界標準)であろうとする努力が求められる。だが、学会の組織は、いまだに“日本でしか通用しない”やり方が殆どだ。


 昔、こんなことがあった。私は創価班の任務で、会館の正門に立っていた。創価班大学校の指導会が行われていた。と、突然、玄関から数人の足音が鳴り響いた。「オイ、待て!」。気合いを入れられた大学校生が、帰ろうとしていた。分区幹部と総区幹部の2がこれに対応。よく見られる光景だった。私は、「会合では厳しく気合いを入れられても、ここでは温かい励ましがあるんだろうな」とった。


「僕は、イギリスで入会したんです。学会の本当に温かい雰囲気に惹かれて、信したんです。こんな厳しい訓練は嫌です」と大学校生は語った。総区幹部は険しい顔をして言った。「何を言うか! アメリカの最高幹部の○○(実)は問題を起こして、先生を裏切ったんだぞ!(これ以降は、問題があり過ぎるので省略)」「あ、あのう、僕はアメリカじゃなくて、イギリスで入会したんです」「アメリカもイギリスも一緒なんだよ!」。


 激励どころか、気合いの二重奏だった。撃沈された大学校生は、海底にのめり込むほどの追撃を受けて、帰路についた。私はの中で叫んだ。「アメリカとイギリスは違うでしょう」と。


 SGI研修を担当した幹部は、おしなべて「しい」と語る。日本では、まず出ないような質問が数多く出るからだ。また、その国の情勢によって多様な悩みがあるためだ。更に、外国人特有の積極が拍車をかける。


 以下、「座談会にて御書講義」より引用――


 アメリカよりゲストが参加。昔、横浜で女子部長をしていたとのこと。「海外では、『こうあらねばならない』という指導は通用しない。そこに、どれだけの自由があるのか? そして、自分で選択できる範囲が広いのかどうか? この一点が求められている」、「世界で通用するのは、“自分の”だけである。どこの大学を出たとか、本部職員だとか、女子部長だとかは通用しない。そんなもので勝負しようとすれば、必ず、『So what?』(「だから、何?」または「それがどうした?」)と言われてしまう。今の自分がどこまで相手のことを配してあげられるか、同できるか、それでしか納得させられない」と話されていた。


 全くこの通りだ。法に普遍があるなら、組織も普遍を追求すべきだろう。自由と平等の精神に貫かれた組織でなければ、そこに法は存在しない。個人においても、また然り。どんな国であろうと、どんな組織であろうと通用する人格と力を持つべきだ。引っ越した途端に元気がなくなるようじゃ、話にならない。