Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2006-10-06

朝の会合は10時以降に


 それで今度は夜が早いと、頭のいい人は反対に「、早く集まろうではないか」(笑い)。そういうヘーゲルの弁証法が出る(笑い)。したがって、私はの会合がもしかあるような場合があったとしても、絶対に午前10時以前の会合はしてはならない。10時以降にしていただきたい。日曜日だけは、これは9時から会合をしてもよろしいのではないかと。早勤行等は一切、禁止する。全部、自分の家でしっかり勤行をすれば一切が含まれる。ただし、選挙戦が始まった場合には、また考え直して頑張りたいと、こういう考えですけれども、よろしいでしょうか。


【第46回本部幹部会 1964-02-27 日大講堂】


 そろそろ、「師匠から言われないと気づかない」という弟子の傾向を何とかしたいとうが、どうだろう?


 社会とは、生活の中で培われるセンスのことである。「常識」というのは、その最低ラインだ。信仰者である我々は、「良識の人」と輝いてゆきたいものだ。


 私が男子部の分区書記長となってからは、21:00を超える開始時間の部活動者会はやらせなかった。さまざまな理由があって「21:30からやりたい」というがあっても認めなかった。「いいか。お前らがよくったって、隣近所が迷惑するんだぞ」と。更に、「お前は集まらないと指揮を取れないのか」とも言っておいた。大体ね、集まらないなら、集めるのが戦いなんだよ。それをだ、集まらないと何もできないと中者がい込んでる時点で既に負けてるんだよ。暴走族じゃあるまいし……。


 21:00からの会合であっても、「泥棒のように、抜き足、差し足、忍び足で集え」と厳命した。いまだに私は、会館を出て直ぐに携帯で話している若造を見ると殺を覚える。


 23:00過ぎに広布が進むことは、断じてない。男子部はこれを肝に銘じてもらいたい。

防音癖防音癖 2006/12/01 02:44 私は男子部で本部の拠点(マンション)を提供していますが、連日連夜23時から唱題会をされてしまってます。時間も時間なのにドアを”ガシャーン”と閉め、”燃えてくる”とでかい声の唱題を上げる部幹部も・・・。正直、いつ隣の人が乗り込んでくるか、いつ警察に通報されるかヒヤヒヤもので、折伏決着のための唱題会でしたが、その時間は折伏のことは祈れませんでした。執念の戦いと本部の団結は大事ですが、このような場合はどうしたらいいでしょうか?偉いさん(分区幹部以上)は「すごい戦いをやってる」と褒め称えますが、私にも隣近所にも迷惑千万です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20061006/p2