Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2006-11-10

もう一歩の執念、粘り、努力、配慮


 さて、小堀遠州(えんしゅう)は、万事において磨きに磨き上げた完成品をつくり上げるまで、絶対に妥協しない人であったようだ。真実の信の人、また何事でも本物をつくろうとする人は、決して安易な妥協はしない。ここに世間でいう、いわゆる「一流」と「超一流」の違いがある。

 本当の本物をつくり上げるためには、もう一歩の「執」、もう一歩の「粘り」、もう一歩の「努力」、もう一歩の「配慮」が鍵となる。それはすべての分野においていえる。どうか、中部の皆さま方も、自身の人生の建設に、また地域広布の発展に、この「もう一歩」の努力を、最後まで忘れないでいただきたい。


【中部記幹部会 1988-03-28 中部池田記講堂】


 会合の前半で、「朝の敗北は一生の敗北に」と指導されている。


 古屋天守閣をつくり上げたのは加藤清正。そして、作事奉行が小堀遠州だった。遠州は後に、桂離宮などを設計。書や画、また建築や庭園なども含めた「総合芸術としての茶道」を確立した。遠州流茶道宗家第十二世の小堀宗慶(そうけい)氏は、何と先生のご自宅のお隣に住んでいるとのこと。


 人間革命とは端的にいえば、「できなかったことが、できるようになること」だ。スポーツに例えるとわかりやすい。捕(と)れなかった球が取れるようになった、打てなかったコースにスマッシュを決めれるようになった、などなど。


 芸術家やプロスポーツ選手は、縁覚界の衆生である。彼等の言葉が味わい深いのは、自分自身の限界を打ち破って、孤高ともえる境涯を獲得しているためであろう。これを法用語で“独覚”という。一流の職人にも共通する世界だ。


 彼等は、“ほんの少しの前進”を勝ち取るために、熾烈な格闘を続けている。才能+努力では足りない。それまでの自分を捨て去り、破壊するほどの覚悟がある。“積み重ねられた力”は、土を盛って少しずつ大きくなるボタ山のようなものではなく、破壊と噴火を繰り返すマグマをわせる。


 野球の場合、「あと一歩」の守備範囲が試合の勝負を決することも珍しくない。たった10cm、20cmの距離が、それまで積み重ねてきた皆の努力を木っ端微塵にするのだ。打撃に至ってはミリ単位である。


仏法は勝負」とは、法は戦いであるということだ。「頑張ったけど、負けました」――これは法に非ず。勝負を決する要素には、天の時、地の利、人の和がある。しかし、すべて我が一に収まっている。戦いが進んでゆくと、どうしても戦っていること自体に満足し、油断が生じる。勝利を見失う瞬間である。そこから、もう一歩戦い抜く。これが、人間革命だ。1時間の唱題をする。そこから、もう5分やり切る。これが戦いなのだ。


 是は御ために申すぞ古への御ざし申す計りなし其よりも今一重強盛に御志あるべし、其の時は弥弥十羅刹女の御まほりもつよかるべしとおぼすべし、例には他を引くべからず(1220頁)


 見えるところだけで戦っている内は、30点(笑)。