Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-04-13

アグネス・チャンの新曲


“奇跡の回復”アグネス・チャン「平和の唄」で“復活”


 歌手、アグネス・チャン(51)が19日、東京・千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑を参拝し、戦争犠牲者に「来日35周年平和プロジェクト」のスタートを報告した=写真。昨年末に受けた唾液腺腫瘍の摘出手術の後遺症で、右顔面がマヒしたため引退を決したが、新曲「そこには幸せがもう生まれているから」の発売日である今7日に「急に治った」という。同曲を皮切りに安倍晋三首相(52)ら豪華作詞陣による「平和の唄」シリーズを順次発表する。


【ZAKZAK 2007-03-20】


安倍総理がアグネスに歌詞提供


 デビュー35周年記の平和をテーマにしたアルバムを企画している歌手、アグネス・チャン(51)に安倍晋三首相(52)が歌詞を提供していることが19日、分かった。


 アグネスと安倍首相は20年来の付き合いで、互いの結婚式にも出席した仲で、作詞は昨年秋に依頼した。“Abe Shinzo”義の曲のタイトルは「美しいのは」。「美しいのは母の背中、ふるさとの海、冬に咲く花」などとつづられている。諸問題がクリアされれば、現役首相の作詞家デビューが実現する。


 アグネスはこの日、東京・千代田区の千鳥ヶ渕戦没者墓苑で平和を祈願。実は、昨年末に受けた手術の後遺症で顔面にまひが出ていたが、新曲「そこには幸せがもう生まれているから」の発売日(37日)に回復したことも明かした。「頂いた幸運、命を大事に使ってメッセージを伝えたい」と話していた。


【デイリースポーツ 2007-03-19

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20070413/p2