Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-04-24

会長勇退から28星霜――


 今日は会長勇退の日――。私は投票日直前になって初めて気づいた。1979年(昭和54年)と今年が同じ曜日であることを。


 当時も、422日の統一地方選を大勝利して迎えた424日だったのだ。


 日曜日に投票をし、翌日に大勝利が報じられ、そして全国から代表幹部が集った会合の席で、会長勇退が発表された。


 その瞬間の戸惑い、落胆、悲憤、やりばのない怒りをわずにいられない。「勝ったのに、負けた」のだから。


時の流れは逆らえません」――この痛恨の一言が、学会首脳に共通する認識だったに違いない。先生の書かれたエピソードを読む限り、諌めた人物は見当たらない。


 年を経て、師匠を裏切った弟子達が、自分の犯した罪を自覚することもなく学会首脳となっている。日顕宗よりも邪悪だ、と私はう。

5.3より再開


 仕事も一段落したので、5.3より書き込みを再開する予定です。


 統一地方選の大勝利を記して、テンプレートを変えたところ、行頭の空マスが入らなかったり、改行の幅が変わってしまった。また、引用文にすると改行が反映されないなど点が目立つ。


はてな」スタッフに、文章がそのまま表示されるシステムを望みたい旨の連絡をしておいた。

統一地方選後半戦の結果


 統一地方選後半戦の309市議選は23日未明、即日開票分の開票作の大半が終了した。「平成大合併」で全体の改選定数が8025議席と前回2003年の統一選より約2割強減少するなか、党派別では民主が3割弱増やす370議席と過去最高を更新した。立候補者数に占める当選者の割合も90%超と過去最高となる。残る東京都八王子市(定数40)は23日に開票が始まった。


 自民は前回より3割弱減の589議席。改選定数に占める当選者の割合も前回の7.9%を下回ることが確実で、ともに1955年の保守合同以来最低となる。


 民主は8日投開票の統一選前半戦の44道府県議選でも、前回を8割強上回る375議席を獲得した。地方議会の議席の大幅増は7の参院選に向けた足場固めに大きく寄与しそうだ。一方、自民は道府県議選で前回より7.4%減らしたのに続く痛手となった。公明は前回より議席を減らす見通しだが、964議席を獲得し党派別の議席数で首位を維持。共産は767議席で同2割弱減、社民は142議席で同4割強減となっている。05年の結成以来、初の統一選となった国民新は1議席を確保した。


【日本経済新聞 2007-04-23】