Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-08-17

手厳しく声を上げよ


 今日も戸田先生の指導を通して、少々お話をしたい。

 皆さんのおかげで、創価学会は未曽有の大発展を遂げている。

 だからこそ油断できない。油断すると悪い人間が必ず出てくる。これだけは絶対に許してはならない。

 民衆の尊き労で築かれた偉大なる希望と幸福を、断じて荒させてなるものか。

 人の善につけこむ悪人──そこにひそむのは「権力の」である。


 戸田先生は、権力を持つ者にはそれはそれは厳しかった。

「極悪を世に知らしめて、責めて責めて責め抜け! 最後まで!

 これが正法を行ずる者の使命であり役目である」

 忘れ得ぬ指導である。急所は全部、先生から教わった。

「大作が聞いていれば、全部実現されるだろう」。そう先生はわかっておられた。絶対の弟子として信頼してくださった。

 これまでも同志の真を踏みにじる、卑劣な反逆の人間が出た。

 とんでもないことだ。

 民衆が主人なのだ。権力者は“僕(しもべ)”だ。なのに威張って、ふんぞり返っている。今、民衆が覚醒しなかったら大変だ。

 極悪に対して黙っていたら、こちらまで悪になってしまう。手厳しくを上げるのだ。

 気地なしであってはならない。

 ずるい人間であってはならない。

 今こそ、新しい学会をつくる時である。


東京・関東・東海道合同研修会 2006-08-18 長野研修道場


 ちょうど一年前の指導である。しかしながら、実践する人を見たことがないよ(笑)。私以外は。


 私が会館に入ると、ロビーに居合わせた幹部が2〜3人は逃げる(笑)。本当の話だよ。まるで、ゴキブリみたいな連中だ。


 わかりやすいリーダー論を書いておこう。喧嘩の弱い人間は、後輩を守れない。これが原則である。私の先輩は、上の言いなりになる幹部を「商人」と呼んでいた。「『聖人事』の聖人じゃないぞ」とも(笑)。「あの野郎は、ただの御用聞きだ」と手厳しかった。真面目で人柄がいいだけの幹部は、いざという時、全く役に立たない。


「役職が高いほど偉い」とうのは幻である。だらしのない副会長は山ほどいるよ。創価班書記長も見えなくなるのが多い。


 孤高の人物でなければ、我が道を歩み通すことはできない。池田門下生を乗るのであれば、独立不羈(ふき)の人であれ。「ずるい人間」にだけはなるな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20070817/p3