Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-08-20

磐石な組織をつくれ


 創価学会組織を隅々(すみずみ)にいたるまで堅塁に──これが戸田先生の決であられた。

「隅々まで」である。どこか一部ではない。

 さらに戸田先生は、こう綴っておられる。

「人の休んだり、遊んだりする時間を、自分は様の為に使ったら、これこそ末法適時の修行じゃないか。ここに功徳あり」と。

 広宣流布のため、皆の幸せのために尽くして、功徳が出ないわけがない。


東京・関東・東海道合同研修会 2006-08-18 長野研修道場


 幹部は成果を求め、会員は功徳を求める。境地冥合なきところに不幸がある。成果も出なけりゃ、功徳も出ない有り様だ(笑)。この傾向は、「体験談」を「活動報告」と称するようになった頃から顕著になり始めた。


 私がいる地域では、「本当の功徳が出ても、絶対に言わない。だって、妬まれるだけだもの」というが婦人部の間で囁かれている。いやあ、たまげたね。町内会と同じレベルの組織だよ。


 功徳も出さないで折伏するからしくなるのだ(笑)。さしたる体験もなく、先輩から煽られて友人のところへ足を運んだところで、「ヒイヒイ」言ってるようにしか聞こえないよ(笑)。


 功徳ある信は愉快だ。身もも軽い。そして、常に謝がある。「楽しい信」を貫けば、必ず功徳は出る。御書に云く「一随喜」と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20070820/p2