Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-08-24

2007年夏の甲子園決勝戦/広陵vs佐賀北


 広陵の監督が審判のジャッジを批判したとのこと。後味の悪さが残った。押し出しとなった一球だが、動画を見る限りでは微妙だ。


 そもそも、疑問にじることは、どうしてベンチにいる監督が正確なストライクゾーンを知ることができるのか? 無理だろう。とすると、ピッチャーの驚く顔や、キャッチャーがミットで地面を叩いて悔しがった動作から「ストライクと確信するに至った」ということなのだろうか。


 ミスジャッジ(誤審)について――。審判というのは、キリスト教のから生まれている。つまり、「神の審判」ということ。だから、“神様が間違えるはずがない”という強迫観に支えられている。でも、実際の審判は人の子だから、間違えることもある。


 広陵の監督に対しては、田部和裕参事が口頭で注をし、脇村春夫会長が「野球において審判の判定は最終のものなので、それに異議を挟むことはできない。指導者として十分注してほしい」と話した。まあ、この連中は官僚だから、予通りの展開といえる。審判の判断を絶対視する姿勢からは、「フェア(公正)なゲーム」よりも、審判の立場を重んじる封建的な体質が窺える。


「平等なルール」が損なわれる現実があるのだから、何らかの対策が必要だろう。こんなところにも、キリストの限界があるようにじる。


 でも、特待生制度という不平等が元々存在するんだけどね(笑)。公立の進学校である佐賀北の勝利は、普通の高校生でも全国制覇できることを証明したものであり、万人にありとした十界論に通じる。