Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-08-26

「拝啓○○さん」やなわらばー

 傑作PV(プロモーションビデオ)。テロップに注目。初めて見つけた時は、1時間以上も聞き入った(笑)。レゲエっぽい味付けもグッド(ケツメイシのRYOJIがプロデュース)。私は、やなわらばーの熱狂的なファンである(笑)。


 まあ、見てごらんよ。座談会の見本がここにあるから。特に、オカマの指導が圧巻である。人生の辛酸を嘗(な)めてきた彼等であればこそ、味わい深い言葉がスッと出てくるのだろう。


歌ぐすい

『ものぐさ社会論 岸田秀対談集』


日蓮、現実を真に見据えた人


岸田●我々が「見ていない現実」というのは常に、都合の悪い、見たくもない現実ですけれども、その折々の「見たくない現実」というのは、時代によってそれぞれ内容は変わっているとはいます。日本だけではありませんが、とくに日本という国はいろいろな現実を隠蔽して成り立ってきた国ではないかといます。都合の悪い現実を見ようとする動きもむろんあるわけですけれども、隠そうとする動きもあって、見ようとする動きと隠そうとする動きが対立抗争してきて、むしろ隠そうとする動きが優位に立っているのが日本の歴史だ言えるといます。また、隠そうとするいう動きも別にまとまっているわけではなくて、いろいろな隠し方があり、あっちの人が見ていることをこっちの人は見ていない、こっちの人が見ていることをあっちの人は見ていないというようなこともあるわけですね。現代という時代を、日本人がいちばん見たがっていない現実とは何かという観点から見るならば、この時代の歪みというか閉塞状況といいますか、この時代には何かよく分からないようなことがいっぱいありますが、そういうことがいささか見えてくるんじゃないかと考えます。(中略)


石川●いまの岸田さんのおっしゃった発言の内容からいくと、やっぱり危機をどういうふうに受け止めるのか、あるいは持つのかという問題だろうといます。日蓮の時代は、いまも言われたように末法への識が非常に強いものがあったし、現実に飢饉だとか、疫病だとか、地震とかが起こり、「生と死」というものが非常に現実的に、絶え間なく起こっているというところがあるわけですね。そういう味ではしみというのが抽象的なものではなくて、まさに死体が町中にゴロゴロ転がっている。そういう現実が絶えずあるわけです。そういう味では、いつ死ぬか分からない。そして、もちろんそれによって家庭が崩壊する、親子、夫婦が途端に離れ離れになるといったような厳しい現実が眼前にあるということですね。そういうなかからの末法識というものが、非常に強くあったのではないかとうわけです。

 そのなかで、いったい人間というのはどういう点にの置き所をおくべきなのか。そういう問題が絶えず問われていたんじゃないかといます。いわば現代的に言うと、これは岸田さんのご専門ですけれども、まさに行動基準、あるいは人生の指針というものをどこに置くべきなのかということが絶えず問われていたということですね。

 そのなかで、日蓮の目というのは絶えず現実に注がれている。


岸田●北条の鎌倉幕府というのはおかしな政権で、正統がどこにあるのかよく分からない。鎌倉幕府というのは12世紀の終わり頃ですか、源頼が開いたということになっていますが、奥さんの北条政子の里の人たちが、いつの間にか取って代わって……(笑)、源頼がつくった鎌倉幕府は廷との関係がすっきりせず、果たして日本全国の支配者だったのかどうか、あるいは日本の支配権を京都の廷と二分していたのか、それとも廷に任命された征夷大将軍だったのか、その辺が曖昧だったんですが、その曖昧さはそのままで、そうこうするうちにいつの間にか源氏が北条氏になって、北条氏は執権と称したんですが、執権というのが将軍とどういう関係にあるのか、またよく分からない。そういう政権の正統の曖昧さを、日蓮がはっきり指摘したかどうか知りませんけれども、その曖昧さを直的にじ取っていたのではないか。


岸田●私はよく言うんですが、日本のテレビ番組の時代劇は水戸黄門とか、遠山金四郎とか、権力側の代表者が最後に出てきて事件を解決するという筋書きになっているのが多い。悪代官がいて悪いことをしている、そこに水戸黄門が出てきて解決する。村の人たちが怒って団結し、悪代官をやっつけたという時代劇がないんですね(笑)。だから国民の側に、全知全能の立派な為政者にすべてを任せれば、うまくやってくれるという期待があるんじゃないか。そういう虫のいい幼児的な期待を国民がもっていると、為政者の側としては非常に騙しやすいということになるんじゃないかとうんですけれど。国民を騙す為政者が出現するというのは、そういう期待を捨てない国民の責任ですよ。


ひろ●1232年(貞永元年)に「貞永式目」(正しくは「御成敗式目」)が制定されると養老律令が停止されてしまう。ですから、法然上人、親鸞聖人が島流しになったときは、まず僧籍を剥奪して、そして一般人に戻して流罪という刑を科しています。これは、僧にはいきなり国家権力は介入できない。教団は治外法権ですから。だから、一遍、僧を俗人に戻さないといけない。そうじゃないと処分できないわけですね。ところが「御成敗式目」以後はそうではない。日蓮はいきなり「首切り」の処分を受ける。これは単に悪口を言った、治安を乱したというだけでの処刑ですね。ですから、養老律令に照らしての処分じゃない。ただ軍事政権が、戒厳令政府が勝手にやったものですね。


【※岸田秀、石川教張、ひろさちやの3氏による対談】

ものぐさ社会論―岸田秀対談集 (岸田秀対談集)

民主、独自法案提出で攻勢…「政治とカネ」に重点


 自民党も、経常経費については「1円以上」の支出に領収書添付を義務づける方針だ。しかし、政治活動費については現行法を変えず、領収書添付は「5万円以上」の支出に限る方向で調整している。

 一方、参院選敗北のショックが大きい公明党は、民主党と同様、政治活動費と経常経費ともに「1円以上」の支出に領収書添付を義務づける方針だ。東順治政治改革本部長は「与党案として提出するのが本筋だが、どうしても自民党がまとまらなければ、公明党単独でも法案を出す」と強調する。

 民主党の鳩山幹事長24日の記者会見で、同法改正案について「公明党は民主党に近い部分もある。協力も得て、衆院で成立させられるのではないか」と公明党の賛成に期待を示した。

 民主党はさらに、塩崎官房長官の事務所で政治資金の二重計上問題が発覚したことなどから、領収書の写しではなく、原本の添付を義務づける法改正を検討する方針だ。


【読売新聞 2007-08-25】

参院選敗因「執行部の対応不十分」 公明党代表が陳謝


 公明党は22日、東京都新宿区の党本部で全国県代表協議会を開き、7の参院選結果について総括を行った。太田昭宏代表は敗因として、年金記録問題や政治とカネ、閣僚の失言など危機への対処が悪さから批判を招いたことを挙げ、「党執行部の対応が十分でなかったことも率直に認めざるを得ない」と陳謝した。

 太田氏は、政策面でも生活不安の解消を求める有権者と政権との間にズレが生じたと指摘、「(政策の転換などで)与党内で存在を示しきれなかったことも集票力の低下を招いた」と述べた。自公間の選挙協力についても「必ずしも効果が十分だったとはいえない」と振り返り、「両党間で建設的な協議をしていく」とした。

 これに先立って開かれた懇談会では、北側一雄幹事長は「次の選挙も自公の枠組みで戦う」と表明。このため、協議会の参加者からは「自公路線が揺るがないというのはわかるが、それはそれで大変なことだ。(次の選挙は)党存亡の危機となる」と懸するもあがった。

 このほか、「(自民党や政権に)言うべきことを言う、というのでは弱い。やるべきことをやらせるべきだ」「もっと独自の主張を出すべきだ」など存在をアピールする必要があるとの見が目立った。


【産経新聞 2007-08-22】