Hatena::ブログ(Diary)

斧節【onobusi】 このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 創価王道を検索

2007-12-08

「苦労してきた人ほど報われ、顕彰される」世界を築け


 ドローゴの場合は、長年務めた挙げ句、いざ“栄光の時”を向かえた途端、労知らずの連中に放り出されてしまった。

 我が創価の世界には、そうした不当な無慈悲の振る舞いは、片鱗だにもあってはならない。私も絶対に許さない。

 陰の労もなく、若くして、トントン拍子で幹部になりながら、そうした真の子を下に見るような言動は、学会の精神に反する。道理にも反する。人間としても卑しい。

 むしろ、「労してきた人ほど報われ、顕彰される」――我が学会は、そうした麗しい世界でなくてはならない。


【11.18記合同幹部会 1989-11-12 創価文化会館


 ドローゴとは、『タタール人の砂漠』(ディーノ・ブッツァーティ著)の主人公。


 どんな組織でも人数が増えれば増えるほど、一人ひとりの自覚と責任が弱まる。これは避けられない。川の上流は清冽な水がほとばしっているが、海に近くなればなるほど、ゆったりと濁った流れとなる。


 学会が75万世帯となったのは昭和32年(1957年)1225日のことである。そして、750万世帯を達成したのが昭和45年(1970年)128日。わずか12年で10倍の勢力となった。この当時の学会員が最も折伏をしたことは疑う余地がない。所謂、「広布第一章世代」である。


 昭和47年(1972年)、正本堂の建立をもって広布第二章に入るわけだが、750万世帯を達成した直後に「言論問題」(月刊ペン事件)が起こり、昭和54年(1979年)には、先生が会長を勇退されるという前代未聞の事態となった。社会との融合を図りながら前進した隙(すき)を突いて、味方に背中から斬りつけられたも同然だった。


 先生の指導が再び聖教新聞に掲載されるようになったのは、創立55周年(昭和60年/1985年)の少し前ぐらいからだったと記憶している。その後、創立60周年(平成2年、1990年)・第二次宗門問題を経て、現在の前進につながっている。


 会長勇退以前の学会員を「広布第二章世代」としよう。会長勇退から第二次宗門問題までを「文化祭世代」、それ以降2001年までを「創価ルネサンス世代」と付けておこう。中々上手いネーミングだ(笑)。


 当たり前だが、新しい世代になればなるほど、広宣流布労をしてない。例えば、若くして本部長・区長・総区長・副会長に登用されている面々は、さほど折伏をしてないはずだ。「広布第一章世代」は、自分が折伏をして組織を築いた(タテ線組織)。あらゆる活動(当時は「闘争」と言っていた)が、人材育成に結びついていた。それがいつしか、運営型・調整型・事務型の便利な幹部が重用されて、現在に至っている。


 役職と広布推進度は全く関係がない。それを知る幹部が殆どいない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sokaodo/20071208/p1